Create issue ticket

考えれる143県の原因 狭いQRS複合体, 脳卒中

  • 心房細動

    本試験において、プラザキサ 150mg 2回/日は、ワルファリンと比べて有意な脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制、110mg 2回/日は、ワルファリンと同程度の脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制が認められました。 心房細動および脳卒中について 脳卒中は日本で3大死亡原因のひとつで重大な健康問題であり、そのうちの6割が脳梗塞と言われています4。[prtimes.jp] 心房細動に起因する脳卒中(心原性脳塞栓症)は、発症すると1年以内に5割の患者が死亡するなど、脳卒中の中でも特に生命予後が悪く1、また、たとえ一命を取り留めたとしても重篤な障害を残すため、予防が重要です。[prtimes.jp] 脳卒中データバンク2009, p23 6. 脳卒中データバンク2009, p65 7. H. Inoue et al. / International Journal of Cardiology 137 (2009) 102–107[prtimes.jp]

  • 心房粗動

    心臓の病気について 心房粗動 大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 奥山 裕司 1.始めに 心房粗動は、弁膜症や心筋症といった心房に負荷がかかるような心臓病がある場合や、高血圧のため心肥大がある場合などにおこりやすい不整脈です。いろいろと検査してもこれと言って異常の無い場合もあります。心房は1分間に240以上の回数で興奮(収縮)していますが、心室に伝わる割合が様々であり症状も多様です。 心房粗動では心房の中に血栓ができて、それが剥がれて流れて行き、脳梗塞を発生することがあるため、少なくともずっと心房粗動が続いているような場合には血栓の予防薬を服用する方が良いです。 2.心房粗動とは[…][new.jhrs.or.jp]

  • 高血圧症

    カリウム摂取量が多い成人ほど収縮期および拡張期血圧が有意に低く、脳卒中リスクも低いことが、システマティックレビューとメタ解析で示された。WHO Department of Nutrition for Health and DevelopmentのNancy J Aburto氏らが、BMJ誌電子版に2013年4月5日に報告した。[medical.nikkeibp.co.jp] 脳卒中などの患者が減り、医療費も2100億円浮いたと報告されました。 減塩大作戦30年!秋田県の成果は・・・ でも、日本に減塩の取り組みがないわけではありません。[web.archive.org] 脳卒中 世界保健機構WHOは「脳卒中の62%は高血圧が原因である」と述べている。脳卒中は、脳出血と脳梗塞およびクモ膜下出血に分類されるが、高血圧と関連が深いのは前2者である。脳出血は高血圧ともっとも関連するが、最近は降圧薬治療がうまく行われるようになったため、その頻度は減少してきている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • メタボリックシンドローム

    人間ドックなどの健康診断で無自覚のまま動脈硬化の進行が検査などにより発見されたり、虚血性心疾患や脳卒中などを発症した場合は、それに基づく治療が行われる(詳細は虚血性心疾患および脳卒中を参照)。 また、メタボリックシンドロームを予防するために、肥満者の「流行」を予防する事が重要視されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 糖尿病

    米睡眠医学会の会長でワシントン大学のネタニエル・ワトソン教授は「7 9時間の睡眠が望ましい」と述べ、1晩の睡眠が6時間を切ると集中力の低下を招き、心臓病や脳卒中、糖尿病、肥満のリスクも高まると指摘した。[cnn.co.jp] -「多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果- 私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防に役立てるための研究を行っています。[epi.ncc.go.jp] 7-2.糖尿病の状況別、心臓病、脳卒中の状況 糖尿病は心臓病や脳血管障害の危険因子として知られている。[mhlw.go.jp]

    不足: 狭いQRS複合体
  • アルツハイマー病

    東京工科大学は10月10日、中東では健康食として知られる「ニゲラサチバ」の種子油に含まれる「チモキノン」が、アルツハイマー病の原因であるアミロイドβの神経細胞毒性を保護する作用があることを発見したことを発表した。 同成果は、同大応用生物学部の鈴木郁郎助教らによるもの。詳細は、「第8回ヨーロッパ神経科学会」、「第35回日本神経科学会大会」および「日本薬学会第133年会」などで紹介されたほか、科学雑誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載された。[…][news.mynavi.jp]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 片頭痛

    前兆を経験したことのある女性患者は、経験したことのない患者や一般女性に比べ、脳卒中や心臓発作のリスクが2倍も高いことも分かってきている。片頭痛患者は血栓性脳卒中と出血性脳卒中のどちらにもなるリスクや、一過性脳虚血発作(TIA)になるリスクがあると考えられる。[ja.wikipedia.org] 片頭痛患者は、脳卒中のリスクが一般の2倍から3倍も高まる可能性がある。特に若い成人患者やホルモン避妊薬を使用している女性患者は、特別なリスクにさらされている。どの関連性のメカニズムも明らかになってはいないが、脳血管緊張の慢性的な異常が関係すると考えられている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 高コレステロール血症
    不足: 狭いQRS複合体
  • 頸動脈狭窄症

    日本の脳卒中ガイドライン2009ではCEAの有効性が確実に得られるのは症候性病変で手術リスクが6%以下、無症候性病変では3%以下が条件である。10%以上のリスクを有する術者では患者の状況にかかわらず内科的治療に結果が劣る。[ja.wikipedia.org] 急性期CEAは、日本の脳卒中治療ガイドライン2009では十分な科学的根拠はないと記載されている。2004年にRothwellらはECSTとNASCETのサブグループ解析を行い男性、75歳以上、最終虚血発作から2週間以内がCEAの治療効果が高いという報告をした。[ja.wikipedia.org] その後2010年のCRESTではCASはCEAに比べて脳卒中の再発が多く、CEAは心筋梗塞が多かった。若年者(70歳未満)ではCASの転帰が若干良く高齢者(70歳以上)はCEAの転帰が若干良かった。高齢者でCASの成績が悪い原因として血管蛇行や血管の高度石灰化が原因とされている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体

さらなる症状

類似した症状