Create issue ticket

考えれる13県の原因 特発性器質化肺炎

  • 間質性肺疾患

    【疫学】 IIPsのなかでは特発肺線維症(IPF)が80 90%と最も多く、次いで特発非特異間質肺炎が5 10%、特発器質肺炎が1 2%程度です。わが国におけるIPFの調査では、発症率が10万人対2.23人、有病率が10万人対10.0人とされています。[jrs.or.jp] 通常型間質肺炎(UIP: usual interstitial pneumonia) ※特発肺線維症(IPF: Idiopathic Pulmonary Fibrosis) 非特異間質肺炎(NSIP: Non-Specific Interstitial Pneumonia) 特発器質肺炎(COP: Cryptogenic Organizing[ja.wikipedia.org] 特発非特異間質肺炎特発器質肺炎は一般に治療がよく効きますが、中には徐々に悪化していく場合もあります。 参考文献 日本呼吸器学会編集.新呼吸器専門医テキスト.各論 I. 気道・肺疾患.5. 特発性間質性肺炎.南江堂,361-380, 2015. 貫和敏博,杉山幸比古,門田淳一編集.呼吸器疾患最新の治療.VIII.[jrs.or.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 非吸収性肺炎
  • 特発性肺線維症

    通常型間質肺炎(UIP: usual interstitial pneumonia) ※特発肺線維症(IPF: Idiopathic Pulmonary Fibrosis) 非特異間質肺炎(NSIP: Non-Specific Interstitial Pneumonia) 特発器質肺炎(COP: Cryptogenic Organizing[ja.wikipedia.org] 非特異間質肺炎(NSIP)、急性間質肺炎(AIP)、特発器質肺炎(COP)、剥離間質性肺炎(DIP)、呼吸細気管支炎関連間質性肺炎(RB-ILD)、リンパ球性間質性肺炎(LIP) 2.参考事項 特発性間質性肺炎(IIPs)は、びまん性肺疾患のうち特発性肺線維症(IPF)を始めとする原因不明の間質性肺炎の総称であり、本来その分類及[nanbyou.or.jp] 特発間質肺炎は日本の特定疾患で、その予後は臨床診断によって様々で、例えば器質肺炎(Organizing pneumonia)は予後良好であるが、特発肺線維症(idiopathic pulmonary fibrosis: IPF)及び急性間質性肺炎(acute interstitial pneumonia: AIP)については難治性である[ja.wikipedia.org]

  • クローン病

    クローン病(クローンびょう、英: Crohn's disease、略: CD)は、主として口腔から肛門までの全消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患で、厚生労働省より特定疾患に指定されている。 潰瘍性大腸炎とともに炎症性腸疾患(IBD:Inflammatory bowel disease)に分類される。 1932年にニューヨーク大学のマウントサイナイ病院の内科医ブリル・バーナード・クローンらによって限局性回腸炎として報告される。後に病名は改められたが回腸、特に回腸末端から盲腸にかけての回盲部に好発する点は確かである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 潰瘍性大腸炎

    抄録 症例は28歳,男性.16歳時に潰瘍性大腸炎と診断され,近医にて経過観察されていた.右季肋部痛を自覚し精査したところ,最終的に虫垂癌 多発肝転移との確定診断を得た.潰瘍性大腸炎では大腸癌の合併が高率に見られるためサーベイランスが行われている.しかし虫垂の変化は内視鏡での観察が困難であり盲点になりやすい.早期に虫垂癌を発見するためには本疾患も念頭に置いたサーベイランスが必要と思われた.[doi.org]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    多発血管炎性肉芽腫症 ( 英語 : Granulomatosis with polyangiitis; GPA )は全身性の 血管炎 で、中〜小型 動脈 を傷害する疾患。 1939年 ドイツ の病理学者 Wegenerにより報告された。 鼻 やのどの傷害からはじまるので最初は風邪のようでもあるが、急速に 間質性肺炎 、 急速進行性糸球体腎炎 をきたす。したがって症状は、咳、呼吸困難、浮腫などである。軽度の発熱もおこる。鼻に関しても内部構造が破壊され、つぶれて 鞍鼻 を呈することがある。 眼球突出 、 ぶどう膜炎[…][ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性肺炎
  • 外因性アレルギー性肺胞炎

    Last Update:2017年2月3日 呼吸器の病気一覧へ戻る C-02 アレルギー性肺疾患 かびんせいはいえん 過敏性肺炎 【概要】 肺にある小さな空気の袋(肺胞)や最も細い気道(細気管支)の内部や周囲に発生する炎症で、細菌やウィルスなどの病原体が原因でなく、有機物の粉塵や化学物質(これらを抗原と呼びます)を繰り返し吸い込んだことによるアレルギー反応が原因となります。息切れ、せき、発熱といった症状が見られ、抗原を避けることにより、改善しますが、長期間抗原に曝露されていると炎症が慢性化し、肺がどんどん固くなります。 【疫学】 30[…][jrs.or.jp]

  • 肺移植

さらなる症状