Create issue ticket

考えれる1,155県の原因 片麻痺

  • 脳卒中

    症状は麻痺や感覚障害だけでなく、失語や失認など「高次脳機能障害」をしばしば伴います。さらに、心筋梗塞や四肢の閉塞性動脈硬化症も合併しますからあなどれません。 *高次脳機能障害・・・大脳の皮質が傷害されたときにみられる症状で、失語(言葉が出てこない、他人のいうことが理解できないなどの症状で、言語中枢に傷害が生じた時に起こる。[ncvc.go.jp] 症状は出血の部位によって異なりますが、多くは麻痺、感覚障害を伴い、重症例では意識障害をきたします。意識障害を伴う脳出血の予後はあまりよくありません。 3.くも膜下出血 脳動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面(くも膜下腔)に出血するものです。大部分は先天性の動脈瘤ですが、高血圧によって大きくなるといわれています。[ncvc.go.jp]

  • 多発性神経炎

    脳血管障害による完全麻痺(筋力2以下)。 末梢神経障害による3肢以上の機能障害(筋力3),もしくは1肢以上の筋力全廃(筋力2以下)。 両眼の視力の和が0.01以下の視力障害。[vas-mhlw.org] しびれ・半身のしびれ・顔面のしびれ 脳血管障害(含、ラクナ梗塞):急性・麻痺・感覚障害顔面のしびれ (注.[ibaraisikai.or.jp] 脳血管障害による軽度の麻痺(筋力4)。 末梢神経障害による1肢の機能障害(筋力3)。 両眼の視力の和が0.09 0.2の視力障害。 ※2:以下のいずれかを認めること 下気道の障害により中濃度の呼吸不全(PaO2 50 59Torr)を認める。 血清クレアチニン値が5.0 7.9mg/dl程度の腎不全。[vas-mhlw.org]

  • 脳血栓症

    […] pure motor hemiparesis:最も多い、内包、橋が病巣 純粋感覚性卒中pure sensory stroke:視床、脳幹、内包 失調性麻痺ataxic hemiparesis:内包後脚ー放線冠、橋底部 構音障害・手不器用症候群dysarthria-clamsy hand syndrome:橋底部内側 運動性失語を伴う準純粋運動性不全麻痺[tokushukai.or.jp] 頭痛と左麻痺を訴えて受診した時のCT(図1)では脳の実質に異常は認めませんでしたが、脳血管撮影では静脈洞の閉塞が確認されました。2日後に失語症と入院時とは反対側の右麻痺が出現し左前頭葉に多発性脳出血を認め(図2)、その後脳出血と脳浮腫は更に増悪し昏睡状態となったため減圧開頭を行いました(図3)。[suiseikai.jp] 脳は、必要とする血流が来なくなると麻痺や構音障害、失語、意識障害といった神経症状を来します。さらに一定の時間が経過すると血流の低下した脳は、脳梗塞に至ります。現在の医学では、脳梗塞に至った脳細胞を再生することは出来ません。[nms.ac.jp]

  • 一過性脳虚血発作

    出現する症候は閉塞動脈によって異なり,頸動脈系では一過性黒内障,麻痺,半身感覚鈍麻,失語症などがみられ,椎骨脳底動脈系では,回転性めまい,複視,失調,嚥下障害,同名性半盲などがみられる。[jaam.jp] 失立失歩 足は麻痺していないのに立てない、歩けないという症状です。 麻痺と感覚障害 内頚動脈系と同じように身体半身に出現することもありますが、左右の手足にさまざまな組み合わせで生じる場合があります。 麻痺や失語症、あるいは一過性黒内障や半盲はTIAに特有な症状ですが、めまいや感覚障害はTIAに特有な症状とはいえません。[medicalnote.jp] 麻痺 (へんまひ) ・手足のしびれ・失語・視力障害などがみられるが、数分間から24時間以内には消える。 脳梗塞 の前兆とされる。TIA(transient ischemic attack)。[dictionary.goo.ne.jp]

  • 片頭痛

    麻痺頭痛麻痺頭痛(HM)は家族性麻痺性頭痛(FHM)と孤発性麻痺性頭痛に分類される。海外における検討では有病率は0.01〜0.03%と稀少疾患である。典型的な頭痛よりも発症は早期であり10〜20歳とされる。運動性の前兆が認められるのが最大の特徴である。前兆の出現中もしくは前兆出現後60分以内に頭痛がおこる。[ja.wikipedia.org] また、頭痛の稀な病型である家族性麻痺を説明する遺伝子や突然変異が特定され、頭痛における三叉神経血管系や脳幹の役割に関しても解明されてきた。[natureasia.com] 」および「典型的前兆に頭痛を伴うもの」では通常トリプタンが第一選択薬となるが,麻痺頭痛や脳底型片頭痛では,トリプタンは禁忌とされている.[kotobank.jp]

  • 硬膜下血腫

    時として重症な脳卒中と極めて似た症状として急激な意識障害や麻痺で発症し、さらには生命に危険を及ぼし脳ヘルニアの状態となることもあります。そのような状況に備え、当院では基本的には24時間対応が可能です。[plaza.umin.ac.jp] これらの症状は年代によってかなり差がみられ,若年者では主に頭痛,嘔吐を中心とした頭蓋内庄亢進症状,加えて麻痺,失語症を中心とした局所神経症状がみられます。一方,高齢者では潜在する脳萎縮により頭蓋内圧尤進症状は少なく,痴呆などの精神症状,失禁,麻痺(歩行障害)などが主な症状です。[square.umin.ac.jp] これらの症状は年代によってかなり差がみられ、若年者では主に頭痛、嘔吐を中心とした頭蓋内圧亢進症状、加えて麻痺、失語症を中心とした局所神経症状がみられます。 一方、高齢者では潜在する脳萎縮により頭蓋内圧亢進症状は少なく、認知症などの精神症状、失禁、麻痺(歩行障害)などが主な症状です。[kamikatsu.jp]

  • 脳内血腫

    高血圧性脳内出血には好発部位(被殻・視床・小脳・脳幹部など)があり、症状は出血の起こる場所により異なりますが意識障害、麻痺、知覚障害、失語症、運動失調などが代表的なものです。 さて、脳内出血の治療についてですが、単純に脳の中に出血を起したからといってすべてが手術(つまり外科的に脳内の血の塊を取り除く)の対象になるわけではありません。[hbs.o.oo7.jp] 頭痛、麻痺、半身感覚障害、顔面神経麻痺が多く見られます。 視床(ししょう)出血 脳出血の30%程度を占めます。頭痛、麻痺、半身感覚障害、顔面神経麻痺、意識障害が多く見られます。 皮質下(ひしつか)出血 脳出血の10-20%程度を占めます。頭痛、嘔吐、半盲、麻痺が見られます。 小脳(しょうのう)出血 脳出血の10%程度を占めます。[koseikan.jp] 脳出血の症状 一般的には頭痛、嘔吐、意識障害、麻痺が多くの患者様にみられます。出血部位および血腫の大きさにより症状は違います。慢性期になっても何らかの後遺症を示す患者様も多くみられます。 被殻出血 麻痺、感覚障害、同名性半盲(片側の視野障害)などが主な症状で、進行すると意識障害がみられます。[mizutani-neuro.com]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 硬膜外血腫

    同時に、 瞳孔 不同、 麻痺 、除皮質あるいは 除脳硬直 などの 脳嵌頓 徴候を生じる。中硬膜動脈の損傷がある場合には、この徴候は急速に出現することが多い。 診断 [ 編集 ] 頭部 CT により、血腫をレンズ状の高吸収域としてみとめ、圧排のため「midline shift」がみられる。[ja.wikipedia.org] 一般に意識障害,瞳孔不同,対光反射消失,麻痺などの神経症状が急速に発現し,救急手術によって血腫を除去しなければ,脳圧迫(脳ヘルニア)のため死に至る。硬膜外血腫による死亡は,頭部外傷死の3 11%を占めるが,中年,老年に多く,2歳以下の乳幼児では少ない。[kotobank.jp] 脳挫傷の局所の症状として、半身の麻痺麻痺)、半身の感覚障害、言語障害、けいれん発作などが現れることもあります。 急性硬膜下血腫の検査と診断 血腫は頭部CTで白く映ります(高吸収域)。血腫は脳の表面に広がるため、三日月型になります。 急性硬膜下血腫の治療 血腫の大きさと症状の程度によって、緊急に開頭血腫除去術が行われます。[mizutani-neuro.com]

  • 脳塞栓症

    その2ヶ月後からワーファリンを調整してきていますが、効果が安定せず、脳塞栓に起因すると思われる発作(麻痺)に時折見舞われます。 現在の主治医にも相談していますが、「気温の安定するこの時期に安定しなければ、場合によっては卵円孔の閉塞手術もありうる」ということなのですが、本当に手術しなければならないのでしょうか。[jhf.or.jp] しかし、発生する部位によっては軽い手足の麻痺や痺れ、眼の障がいなどが起こることがあります。 アテローム血栓性梗塞 右半身もしくは左半身の麻痺である「麻痺」や、声を出すことが困難な「構音障がい」などを引き起こすことがあります。[my-kaigo.com] 長年高血圧の症状がある人に起こり、症状の大部分が麻痺と半身の感覚障害です。1回だけの発作では大きな後遺症を残すことは少ないのですが、繰り返して起こったり知らず知らずのうちに病巣が増えると、認知症やパーキンソン症候群(身体の筋肉が硬くなり、動作がゆっくりになる)などを起こすことがあります。[g.kawasaki-m.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状