Create issue ticket

考えれる16県の原因 片腕の虚弱

  • 脳卒中

    目次 脳卒中とは 脳卒中の症状 脳卒中を疑ったら 病院での検査、治療 脳卒中の予防 1. 脳卒中とは 脳の血管が破れるか詰まるかして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される病気です。より早期(発症して4.5時間以内が目安です)に治療を開始すると後遺症が軽くなることがある、救急疾患です。 原因によって、1)脳梗塞(脳の血管が詰まる)、2)脳出血(血管が破れる)、3)くも膜下出血(動脈瘤が破れる)、4)一過性脳虚血発作(TIA)(脳梗塞の症状が短時間で消失する)の4つに分類されます。 脳梗塞[…][ncvc.go.jp]

  • 脳血栓症

    抄録 Endothelin-1 (ET-1) は血管収縮機構1を介して, 脳血管障害の病態生理に密接に関与している.また, Thrombornodulin (TM) は, 内皮より逸脱した血中微量蛋白質である.慢性期脳血栓症25名を対象として, 選択的cAMP phosphodiesterase阻害剤であるCilostazol 200mgの2週間投与前後における血中ET-1, TM値の変動について検討した.血中ET-1値は, 投与前2.16 0.68ng/m l を示し, 投与後1.75 0.80pg/m l へと有意に減少した (p 糖尿病合併群における血中TM値の基礎値 (3.18 0.70FU/m l )[…][jstage.jst.go.jp]

  • 五十肩

    五十肩(ごじゅうかた、英: frozen shoulder)は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患。四十肩とも。正式には肩関節周囲炎(英: shoulder periarthritis)という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。すなわち、肩に疼痛(痛み)と運動障害がある、患者の年齢が40歳以降である、明らかな原因がないという3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肩インピンジメント症候群

    診断 肩インピンジメント症候群とは、肩峰(けんぽう)の下と上腕骨大結節部が衝突することにより、腱板がはさまれ、滑液包に炎症を起こし痛みを誘発します。肩峰の形状には個人差があり、インピンジメントを起こしやすい患者さんもいます。 治療 安静、肩甲骨周囲筋のストレッチ、肩甲骨の運動訓練などを行いますが、症状が数ヵ月以上続き日常生活や仕事に支障をきたす場合、関節鏡による手術(除圧術)を行います。関節鏡による手術は約20分で終了するので、簡単な手術です。日常生活には翌日より復帰できます。通常、2泊の入院が必要です。 図で解く整形外科疾患(医学書院)寺山和雄先生 著より 当科における、関節鏡視下除圧術[…][k-24.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    遺伝性運動失調症は、歩行運動失調、眼球運動の不調和、発話、および手の運動を表現型として特徴付け、通常小脳の萎縮を伴う、非常に異質な疾患群です。. 脊髄小脳失調症と呼ばれることがよくあり、典型的には成人発症の35以上の常染色体優性型がある. 最も一般的なサブタイプは脊髄小脳性運動失調症1、2、3、6、および7であり、それらはすべてヌクレオチド反復拡大障害です。. 常染色体劣性運動失調症は通常小児期に発症します。最も一般的なサブタイプは、フリードライヒ、血管拡張性失調症、眼球運動失調症1型の運動失調症、および眼球運動失行症2型の運動失調症である.[…][laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 肩腱板損傷

    症状 色々な方向に動かすことのできる肩関節は腱板という腱で覆われています。腱板は加齢とともに少しずつ傷んでいくことが多く、中高年者が重いものを持ったり、転倒したりするなどして断裂することが多いと言われています。若年者のスポーツによるものも見られます。痛みの為自力で腕を上げられない、動かすと引っかかって痛みが出る、肩の力が入らない、などの症状が出ます。 治療方法 薬物療法 痛みが強い時期には消炎鎮痛剤の内服や注射などを使用し、関節周囲の炎症を抑えます。 理学療法 痛みが強い時期を過ぎたらリハビリを開始します。 外科療法(手術)[…][hachiya.or.jp]

  • 頸部脊椎症

    ヒトの神経には、脳からの命令を手足に伝える役目を担っている運動神経と、手足や体の各部からの知覚情報(熱い・痛いなどの感覚)を脳に伝える知覚神経があります。 これらの神経は人体の中心部では背骨の中の空間(脊柱管とよばれます)に保護されるような形で存在しています(図1)。 この部分の神経は脊髄と名付けられています。 頸部の脊髄からは手や肩に向かう神経が枝分かれしており、神経根と呼ばれています。 各神経根は比較的狭い骨の間隙(椎間孔と呼ばれます)を通って手や肩に向かっています(図2)。 一側の上肢の特定の部分に「しびれ」や鈍痛が出現します。[…][heiseihp.com]

  • 内頚動脈閉塞症

    松波総合病院 脳神経外科副部長 八十川 雄図 今回は診療の現場から、頸部内頸動脈狭窄症に対する頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)をご紹介させていただきます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 近年増加している頸動脈狭窄症 頸動脈狭窄症は脳梗塞を引き起こしうる病態で、同部の検査治療は脳梗塞発症の予防治療になり得ます。近年、欧米化の進む食生活や高齢化に伴い、高血圧症や糖尿病、高脂血症などのリスク要因の増加とともに、その有病者が急速に増えつつあります。また、最近では、診断機器の進歩と普及により、無症状の段階で見つかることも多くなっており、本疾患を有する症例数は増加傾向にあります。[…][matsunami-hsp.or.jp]

  • 硬膜下血腫

    薬剤 ベバシズマブ 腫瘍用薬 副作用 急性硬膜下血腫 概要 46歳、女性。卵巣癌ⅢC期に対して根治術を施行。進行卵巣癌のため術後補助化学療法として、Paclitaxel・Carboplatin Bevacizumab療法(TC Bev療法)を施行した。6サイクル施行後(Bevacizumabは初回を除く5サイクル)、Bevacizumab単剤継続投与2サイクルを施行したところ、2日目に突然の頭痛が出現し、急性硬膜下血腫と診断された。入院を要したが頭痛以外の症状はないため、経過観察のみで1ヵ月後の頭部CT検査では急性硬膜下血腫は改善傾向にあり、頭痛等の症状は消失した。[…][imic.or.jp]

  • 脳腫瘍

    脳腫瘍とは、犬や猫にも、人と同様に脳腫瘍が比較的多く認められるということが、近年、CTやMRIなどの高度医療の発達によって明らかになってきました。多くの場合は高齢で発生しますが、すべての年齢で起こりうる病気です。 脳腫瘍は原発性と転移性に分けられます。原発性脳腫瘍は脳実質や髄膜、頭蓋骨などから発生し、転移性脳腫瘍は他の臓器の悪性腫瘍が脳に転移し発生します。 症状は、脳腫瘍の発生場所によって様々な症状が起こります。けいれん発作が最も多く、性格が変わった、元気がない、目が見えない、うまく食べられない・歩けないなどの症状が認められます。[…][mori-ah.net]

さらなる症状