Create issue ticket

考えれる18県の原因 片側感覚消失

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳血栓症
  • 片頭痛

    片頭痛の症状については 『頭痛の分類:片頭痛』 にあるとおりですが、診断基準を十分に満たす患者さんばかりではありません。典型的な「頭の片側でズキンズキンと痛む拍動性頭痛」であるとは限らないのです。緊張型頭痛に多いと考えられていた随伴症状の一つ、肩凝りを有する片頭痛患者は、実に75%にのぼるとの報告があり、肩凝り 緊張型頭痛と安易に決め付けることはできません。また、片側だけでなく両側性の頭痛が40%、非拍動性が50%、ストレスによる誘発(緊張型頭痛に多いとされる)が72%もあるといいます。診断の際には、丁寧な問診が必須となります。[…][eisai.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症
  • 内頸動脈塞栓
  • 内頚動脈閉塞症
  • 塞栓症

    抄録 高齢者における脊髄血管障害の病態を明らかにするため, 病理解剖で得られた604例の脊髄について, アテローム塞栓症の病理学的検討を行った. 組織学的にアテローム塞栓症を認めたのは604例中7例 (1.2%) であり, その平均年齢は76歳で, 基礎疾患として高血圧, 大動脈硬化症, 腎不全, 心筋梗塞, 糖尿病を示す患者の頻度が高かった. アテローム塞栓症は他臓器の, 特に腎, 脾, 膵, 大腸に高頻度に認められた. アテローム塞栓による閉塞した血管は, 特に腰仙髄のクモ膜下腔の小動脈に頻度が高かった. 脊髄の梗塞は2例に認められ, 1例は下位胸髄の側索に小梗塞巣を認めた.[…][doi.org]

  • 硬膜下血腫
  • 片頭痛性脳卒中
  • 脳血管性認知症

    アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)とは、脳が萎縮していく病気である。アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Major Neurocognitive Disorder Due to Alzheimer's Disease)はその症状であり、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。「認知症」の部分は訳語において変化はないが、原語がDSM-IVでは Dementia であり、DSM-5では Major[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状