Create issue ticket

考えれる162県の原因 片側不全麻痺

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 脳血栓症

    抄録 Endothelin-1 (ET-1) は血管収縮機構1を介して, 脳血管障害の病態生理に密接に関与している.また, Thrombornodulin (TM) は, 内皮より逸脱した血中微量蛋白質である.慢性期脳血栓症25名を対象として, 選択的cAMP phosphodiesterase阻害剤であるCilostazol 200mgの2週間投与前後における血中ET-1, TM値の変動について検討した.血中ET-1値は, 投与前2.16 0.68ng/m l を示し, 投与後1.75 0.80pg/m l へと有意に減少した (p 糖尿病合併群における血中TM値の基礎値 (3.18 0.70FU/m l )[…][jstage.jst.go.jp]

  • 脳溢血

    脳溢血と脳卒中 脳卒中になって寝たきりになるのが心配だとか、親が脳卒中でなくなっているので自分も罹患するのではないかと不安だ、などと訴える方がたくさんいます。 この場合、脳卒中と脳溢血は混同して使われています。以前は、脳欠陥の病気は、すなわち脳溢血であると一般的に認識され、「脳溢血」という言葉を聞くだけで大変な病気だと恐れられてきました。実際、最近までわれわれ日本人の死亡原因の第一位をしめていました。[…][jomo-news.co.jp]

  • 硬膜下血腫

    何やら難しい名前の病気ですが、簡単にいうと脳を包む硬膜という膜と脳の間に血液の塊(血腫)ができてしまう状態を指します。高齢者やお酒をよく飲む方に多いとされており、こけた拍子に頭を軽くぶつけたり、尻もちをついたりした後にジワジワと出血が進行してできた血腫が脳を圧迫してしまい、頭痛、嘔吐、歩行障害、麻痺、記憶力低下などの症状が出てきます。この病気はその血腫を手術で除去すれば速やかに症状が回復するのですが、注意しなければならないのは、きっかけとなる転倒などが起こってから1 3ヶ月程度をかけて血腫が大きくなってから症状が出現することです。[…][aramaki-clinic.jp]

  • 片頭痛性脳卒中

    この記事の内容の信頼性について 検証が求められています 。 確認のための文献や 情報源 をご存じの方はご提示ください。 出典を明記し 、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。議論は ノート を参照してください。 ( 2009年5月 ) 片頭痛 (へんずつう、migraine)とは、 頭痛 の一種で、 偏頭痛 とも表記する。発作的脈打つような痛みや 嘔吐 などの症状を伴うのが特徴である。字面から誤解されるが頭の片側にのみ現れる頭痛を指す症状ではない。軽度から激しい頭痛、体の 知覚 の変化、 吐き気 といった症状によって特徴付けられる 神経学 的 症候群 である。 生理学[…][ja.wikipedia.org]

  • クモ膜下出血

    クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、英: Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。脳血管障害の8%を占め、突然死の6.6%がこれに該当するといわれる。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる。 多くは脳動脈瘤の破裂(約80%)によるもので、その他に脳動静脈奇形、もやもや病、頭部外傷、脳腫瘍や脳動脈解離の破裂によるものなどがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 髄膜転移

    執筆者: John E. Greenlee , MD, Professor and Executive Vice Chair, Department of Neurology, University of Utah School of Medicine 急性細菌性髄膜炎とは、急速に進行する髄膜(脳と脊髄を覆う組織層)とくも膜下腔(髄膜と髄膜の間の空間)の炎症のうち、細菌が原因であるものをいいます。 年長の小児や成人では、あごを胸につけるのが難しくなる症状(項部硬直といいます)が現れ、また通常は発熱や頭痛もみられます。[…][msdmanuals.com]

  • 脳血管性認知症

    認知症の中でも患者が多く、「三大認知症」の1つである脳血管性認知症について解説します。 原因と進行 脳の血管障害が原因となり、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など、脳の血管の病気によって引き起こされます。 この脳梗塞や脳出血、くも膜下出血は重大な病気です。しかし、それらによって脳の血管が詰まったり、出血したりすると、脳の細胞に酸素が行き渡らなくなります。すると脳の神経細胞が死んでしまい、認知症を発症するのです。 脳血管性認知症は、女性より男性の方が多く見られます。徐々に進行する認知症とは異なり、よくなったり悪くなったりといった状態を繰り返しながら進行するものです。[…][ansinkaigo.jp]

  • 感染性心内膜炎

    感染性心内膜炎(Infective endocarditis)は、心臓の内側に細菌が感染し、これによる心臓弁の穿孔等の炎症性破壊と菌血症を起こす疾患。「亜急性細菌性心内膜炎:Subacute Bacterial Endocarditis:SBE」などとも呼ばれていたが、細菌以外(真菌などの微生物)も原因となるので、この名となった。 多くの場合、大動脈弁閉鎖不全症(AR)や僧帽弁閉鎖不全症(MR)、あるいは心室中隔欠損症(VSD)や動脈管開存症(PDA)のように、「血流ジェット」([…][ja.wikipedia.org]

  • 脳塞栓症

    脳塞栓症における心房細動 脳塞栓症における心房細動を容易に発見する ―非侵襲的 前胸部貼付型 テレメトリー式心電送信機 Duranta ―[…][marianna-neurology.jp]

さらなる症状