Create issue ticket

考えれる14県の原因 熱性症状がある筋肉痛

  • インフルエンザ

    普通のかぜの多くは、のどの痛み、鼻水、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまりみられませんが、インフルエンザはそれらの症状のほかに突然の38度以上の発熱や頭痛、関節筋肉などの全身の症状が現れます。[pref.aichi.jp] 普通のかぜの多くは鼻水、鼻づまり、のどの痛みや咳などの症状が中心で、全身症状はあまりみられませんが、インフルエンザはそれらの症状のほかに突然の38度以上の発熱や頭痛、関節筋肉などの全身の症状が現れます。[city.ichinomiya.aichi.jp] また、気管支炎や肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんや脳症などを併発して、重症化することもあるため、高齢者や小児では特に注意が必要です。 なお、愛知県では平成30年/31年シーズンは、 A 型(AH1pdm09、AH3) 及び B型 (ビクトリア系統) インフルエンザウイルス が確認されています。[pref.aichi.jp]

  • ダニ麻痺症

    7 14日の潜伏期の後、発熱、頭痛、筋肉などの症状が出現し、昏睡、痙攣及び麻痺などの脳炎症状が出現することもあります。 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、ウイルスを保有するマダニに刺咬されることにより感染する疾患で、2011年に初めて特定されました。[city.hachinohe.aomori.jp]

  • 生理周期依存周期熱

    哺乳類のオスメス有性生殖の場合、排卵の周期が重要になってくる。なぜなら、メスが排卵した後の卵子にオスの精子が受精して子が生まれるからだ。中にはネコ科の動物のように交尾という刺激が排卵を引き起こすタイプの種もいるが、排卵の周期がわからなければ交尾のタイミングもわからず、受精する確率は低くなるだろう。 ヒトは発情期を隠す 我々ヒトもそうだが、排卵に交尾刺激が必要ではないタイプの動物を自然排卵動物と呼ぶ。この種の動物は、メスがオスに対して発情というメッセージを送り、受精して妊娠する確率の高い時期を知らせる。[…][news.yahoo.co.jp]

  • レジオネラ症

    ポンティアック熱 潜伏期間 ・・・・・・・ 12時間 3日程度 主症状 ・・・・・・・ 発熱、悪寒、頭痛、筋肉などインフルエンザに似たような熱性疾患 ※一般的には軽症であり、数日で治ることが多い。 予防方法は?[city.kitakyushu.lg.jp] レジオネラ肺炎は高熱、悪寒、筋肉、吐き気、意識障害等を主症状とする肺炎で、時として重症になる場合があります。一方、ポンティアック熱はインフルエンザに似た非肺炎型熱性疾患で、悪寒、筋肉、発熱などが見られますが、一般に軽症で数日で快復します。[www4.city.kanazawa.lg.jp] ・レジオネラ肺炎は、高熱、寒気、筋肉、吐き気、意識障害等を主症状とする肺炎で、重症になり、死亡する場合もあります。 ・ポンティアック熱は、インフルエンザに似た非肺炎型熱性疾患です。発熱、筋肉などが見られますが、一般に軽症のことが多く、数日で軽快します。[city.onomichi.hiroshima.jp]

  • 腎症候群がある出血熱

    重症熱性血小板減少症候群(SFTS) SFTSウイルス 感染 マダニ に咬まれる 中国、日本 6 14日 発熱、消化器症状が主症状で、頭痛、筋肉、神経症状、出血傾向等を起こすこともある。 抗ウイルス薬はなく、対症療法を行う。ワクチンはない。 2013年に初めて発生が報告され、以降西日本を中心に報告が続いている。[city.osaka.lg.jp]

  • 眼窩感染症

    患者の大多数は、デング熱と呼ばれる一過性熱性疾患の症状を示します。突然の発熱で始まり、頭痛、眼窩、関節痛、筋肉痛を伴うことも多く、発症後3 4日ころから発疹が出現し、1週間 2週間で後遺症もなく回復します。[city.hiroshima.lg.jp] デング熱はデングウイルス感染によって典型的な症状を示す患者の大多数を占める一過性の熱性疾患である。突然の発熱で発症し、頭痛、眼窩筋肉痛、関節痛を伴う。食欲不振、腹痛、便秘を伴うこともある。胸部、体幹から始まる発疹が発症3 4日後より出現し、四肢、顔面へ広がる。血液所見では軽度の血小板減少がみられる。[idsc.nih.go.jp] 発熱、頭痛、筋肉や皮膚の発疹などが主な症状で、予後は比較的良好ですが、ごくまれに一部の患者で出血症状を伴う「デング出血熱」へと重症化する場合もあります。 デング熱は日本国内では1942年 1945年にかけて流行しましたが、その後国内流行は見られていませんでした。しかし、海外のデング熱流行地域からの輸入症例は毎年報告されていました。[city.hiroshima.lg.jp]

  • ダニ媒介出血熱

    7 14日の潜伏期の後、発熱、頭痛、筋肉などの症状が出現し、髄膜脳炎に進展し、死に至ることがあります。 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、ウイルスを保有するマダニに刺咬されることによって感染する疾患で、2011年に初めて特定されました。[city.aomori.aomori.jp] 重症熱性血小板減少症候群(SFTS) SFTSウイルス 感染 マダニ に咬まれる 中国、日本 6 14日 発熱、消化器症状が主症状で、頭痛、筋肉、神経症状、出血傾向等を起こすこともある。 抗ウイルス薬はなく、対症療法を行う。ワクチンはない。 2013年に初めて発生が報告され、以降西日本を中心に報告が続いている。[city.osaka.lg.jp] 7 14日の潜伏期の後、発熱、頭痛、筋肉などの症状が出現し、昏睡、痙攣及び麻痺などの脳炎症状が出現することもあります。 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、ウイルスを保有するマダニに刺咬されることにより感染する疾患で、2011年に初めて特定されました。[city.hachinohe.aomori.jp]

  • フォルトブラッグ熱

    ヒト潜伏期間は3日から14日程度で、悪寒、発熱、頭痛、全身の倦怠感、眼球結膜の充血、筋肉、腰痛など急性熱性疾患の症状を示すとされる。ツツガムシ病や日本紅斑熱と似た症状を呈する。[ja.wikipedia.org]

  • ダニ媒介リケッチア症

    3.SFTS(重症熱性血小板減少症候群) 発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)。また、頭痛、筋肉、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状が起きることもあります。 2013年に日本でも初めて死亡例が報告された、ウイルスによる感染症。[frontlineplus.jp] 重症熱性血小板減少症候群(SFTS) SFTSウイルス 感染 マダニ に咬まれる 中国、日本 6 14日 発熱、消化器症状が主症状で、頭痛、筋肉、神経症状、出血傾向等を起こすこともある。 抗ウイルス薬はなく、対症療法を行う。ワクチンはない。 2013年に初めて発生が報告され、以降西日本を中心に報告が続いている。[city.osaka.lg.jp] (SFTS:Severe Fever with thrombocytopenia syndrome) 原因 ブニヤウイルス科フレボウイルス属SFTSウイルス 潜伏期間 6 14日 症状 発熱、消化器症状(食欲低下、腹痛、下痢など) 頭痛、筋肉、神経症状 白血球及び血小板の減少 致死率は30 60% 治療 ワクチンや有効な薬剤はないため、[city.toyohashi.lg.jp]

  • チクングニア熱

    熱と筋肉や関節痛を主な症状とする急性の発疹性熱性疾患です。 チクングニア熱は、2011年2月1日より新たに感染症法の四類感染症に追加されました。 【広島市における報告状況】 ・ 全数把握疾患報告数 感染経路 チクングニアウイルスに感染したネッタイシマカやヒトスジシマカなどの蚊に刺されることで、ウイルスが人へ感染します。[city.hiroshima.lg.jp] 熱と筋肉や関節痛を主な症状とする急性の発疹性熱性疾患です。 CHIKVは、1953年にタンザニアで発熱患者から初めて分離されて、今日までに西アフリカ、中央アフリカ、南アフリカとアジアの多くの地域で繰り返して検出され、これらの地域で繰り返される流行の原因であるとされています。 2. チクングニアウイルスはどのようにして感染しますか?[idsc.nih.go.jp]

さらなる症状