Create issue ticket

考えれる20県の原因 熱性症状がある筋肉痛

  • インフルエンザ

    普通のかぜの多くは、のどの痛み、鼻水、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまりみられませんが、インフルエンザはそれらの症状のほかに突然の38度以上の発熱や頭痛、関節筋肉などの全身の症状が現れます。[pref.aichi.jp] 普通のかぜの多くは鼻水、鼻づまり、のどの痛みや咳などの症状が中心で、全身症状はあまりみられませんが、インフルエンザはそれらの症状のほかに突然の38度以上の発熱や頭痛、関節筋肉などの全身の症状が現れます。[city.ichinomiya.aichi.jp] また、気管支炎や肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんや脳症などを併発して、重症化することもあるため、高齢者や小児では特に注意が必要です。 なお、愛知県では平成30年/31年シーズンは、 A 型(AH1pdm09、AH3) 及び B型 (ビクトリア系統) インフルエンザウイルス が確認されています。[pref.aichi.jp]

  • 人獣共通感染症

    自覚症状が現れるまでに数年 数十年かかる。 重症熱性血小板減少症(SFTS) マダニ ウイルスに感染したマダニに刺されて感染。 発熱、消化器症状、頭痛、筋肉、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状。 コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 犬、猫 感染した犬や猫から感染。[pref.saitama.lg.jp]

  • ダニ麻痺症

    自覚症状が現れるまでに数年 数十年かかる。 重症熱性血小板減少症(SFTS) マダニ ウイルスに感染したマダニに刺されて感染。 発熱、消化器症状、頭痛、筋肉、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状。 コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 犬、猫 感染した犬や猫から感染。[pref.saitama.lg.jp] 7 14日の潜伏期の後、発熱、頭痛、筋肉などの症状が出現し、昏睡、痙攣及び麻痺などの脳炎症状が出現することもあります。 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、ウイルスを保有するマダニに刺咬されることにより感染する疾患で、2011年に初めて特定されました。[city.hachinohe.aomori.jp]

  • 生理周期依存周期熱

    PFAPA 症候群 (Periodic Fever with Aphtous Pharingitis and Adenitis) について 概念・頻度・遺伝性 PFAPA症候群は、周期性発熱、アフタ性口内炎、頸部リンパ節炎、咽頭炎を主症状とする疾患です。患者さんの多くは5歳以下の乳幼児期に発症し、日本での平均発症年齢は3.2才、成人発症は稀と言われてきましたが近年では成人で発症する症例や思春期を過ぎても自然寛解しない症例も見つかっています。[…][autoinflammatory-family.org]

  • レジオネラ症

    ポンティアック熱 潜伏期間 ・・・・・・・ 12時間 3日程度 主症状 ・・・・・・・ 発熱、悪寒、頭痛、筋肉などインフルエンザに似たような熱性疾患 ※一般的には軽症であり、数日で治ることが多い。 予防方法は?[city.kitakyushu.lg.jp] レジオネラ肺炎は高熱、悪寒、筋肉、吐き気、意識障害等を主症状とする肺炎で、時として重症になる場合があります。一方、ポンティアック熱はインフルエンザに似た非肺炎型熱性疾患で、悪寒、筋肉、発熱などが見られますが、一般に軽症で数日で快復します。[www4.city.kanazawa.lg.jp] ・レジオネラ肺炎は、高熱、寒気、筋肉、吐き気、意識障害等を主症状とする肺炎で、重症になり、死亡する場合もあります。 ・ポンティアック熱は、インフルエンザに似た非肺炎型熱性疾患です。発熱、筋肉などが見られますが、一般に軽症のことが多く、数日で軽快します。[city.onomichi.hiroshima.jp]

  • 回虫症

    動物の症状 不妊症、死産、流産、睾丸炎など 人の症状 通常1 3週間の潜伏期間後、発熱、筋肉など他の熱性疾患と類似する症状がでます。一部では、精巣炎を起こす場合があります。 予防方法 犬の尿や胎盤を素手で触らないように注意する。 流産した犬は獣医師の診断を受け、罹病の場合は再発しないように完全に治療することが必要です。[pref.gunma.jp]

  • 腎症候群がある出血熱

    重症熱性血小板減少症候群(SFTS) SFTSウイルス 感染 マダニ に咬まれる 中国、日本 6 14日 発熱、消化器症状が主症状で、頭痛、筋肉、神経症状、出血傾向等を起こすこともある。 抗ウイルス薬はなく、対症療法を行う。ワクチンはない。 2013年に初めて発生が報告され、以降西日本を中心に報告が続いている。[city.osaka.lg.jp]

  • 眼窩感染症

    患者の大多数は、デング熱と呼ばれる一過性熱性疾患の症状を示します。突然の発熱で始まり、頭痛、眼窩、関節痛、筋肉痛を伴うことも多く、発症後3 4日ころから発疹が出現し、1週間 2週間で後遺症もなく回復します。[city.hiroshima.lg.jp] 発熱、頭痛、筋肉や皮膚の発疹などが主な症状で、予後は比較的良好ですが、ごくまれに一部の患者で出血症状を伴う「デング出血熱」へと重症化する場合もあります。 デング熱は日本国内では1942年 1945年にかけて流行しましたが、その後国内流行は見られていませんでした。しかし、海外のデング熱流行地域からの輸入症例は毎年報告されていました。[city.hiroshima.lg.jp] 感染症情報センターTOP 感染症トピックス デング熱とは( 届出基準と届出様式 ) デング熱は、ネッタイシマカなどの蚊によって媒介されるデングウイルスが人に感染しておこる急性の熱性感染症です。[city.hiroshima.lg.jp]

  • ダニ媒介出血熱

    7 14日の潜伏期の後、発熱、頭痛、筋肉などの症状が出現し、髄膜脳炎に進展し、死に至ることがあります。 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、ウイルスを保有するマダニに刺咬されることによって感染する疾患で、2011年に初めて特定されました。[city.aomori.aomori.jp] 重症熱性血小板減少症候群(SFTS) SFTSウイルス 感染 マダニ に咬まれる 中国、日本 6 14日 発熱、消化器症状が主症状で、頭痛、筋肉、神経症状、出血傾向等を起こすこともある。 抗ウイルス薬はなく、対症療法を行う。ワクチンはない。 2013年に初めて発生が報告され、以降西日本を中心に報告が続いている。[city.osaka.lg.jp] 7 14日の潜伏期の後、発熱、頭痛、筋肉などの症状が出現し、昏睡、痙攣及び麻痺などの脳炎症状が出現することもあります。 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、ウイルスを保有するマダニに刺咬されることにより感染する疾患で、2011年に初めて特定されました。[city.hachinohe.aomori.jp]

  • パスツレラ・マルトシダ感染症

    動物の症状 不妊症、死産、流産、睾丸炎など 人の症状 通常1 3週間の潜伏期間後、発熱、筋肉など他の熱性疾患と類似する症状がでます。一部では、精巣炎を起こす場合があります。 予防方法 犬の尿や胎盤を素手で触らないように注意する。 流産した犬は獣医師の診断を受け、罹病の場合は再発しないように完全に治療することが必要です。[pref.gunma.jp]

さらなる症状