Create issue ticket

考えれる278県の原因 熱性けいれん

  • 上気道感染症

    UMIN試験ID UMIN000002234 最終情報更新日: 2016年4月5日 登録日:2009年7月22日 成人急性上気道感染症診療の基本的考え方の検証 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 急性気管支炎を含む急性上気道感染症 試験開始日(予定日) 2008-10-01 目標症例数 3000 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 観察 試験の内容 主要アウトカム評価項目 有効性、安全性 副次アウトカム評価項目 細菌学的効果 対象疾患 年齢(下限) 20歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 ・急性気管支炎を含む急性上気道感染症患者(急性気管支炎・急性扁桃炎・急性気管支炎)[…][rctportal.niph.go.jp]

  • インフルエンザ

    また、気管支炎や肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんや脳症などを併発して、重症化することもあるため、高齢者や小児では特に注意が必要です。 なお、愛知県では平成30年/31年シーズンは、 A 型(AH1pdm09、AH3) 及び B型 (ビクトリア系統) インフルエンザウイルス が確認されています。[pref.aichi.jp] また、気管支炎や肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんや脳症などを併発して、重症化することもあるため、高齢者や小児では特に注意が必要です。 地域の流行の状況に注意し、早めの対策を心がけてください。 インフルエンザの予防について 流行前にインフルエンザワクチンの接種を受けましょう。 帰宅時にはうがいと手洗いをしましょう。[city.ichinomiya.aichi.jp]

  • ウイルス性発疹

    子どもが熱性けいれんを起こした時、慌てないためには? 「熱性けいれん」について知っているお母さんは多いようですが、実際にわが子が起こしたら怖いと不安がる人も。予防法、対処法を詳しく知っておきましょう。 熱性けいれんは、発熱に伴ってけいれんを起こす状態をいいます。[hugkum.sho.jp] 熱性けいれん、急性脳症など 突発性発疹症の合併症としては下記のようなものが挙げられます。 ・ 熱性けいれん (こども) ・ 急性脳症 など 特に熱性けいれんは全体の10%ほどに発症するとされています。[medicalnote.jp] 発熱初期には熱性けいれんを起こすことがありますが、一般に予後は良好とされています。 まれに脳炎、脳症などの重い合併症が起きることがあるため注意が必要です。[pref.nara.jp]

  • 急性中耳炎

    急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん、Acute otitis media)とは、真正細菌が中耳に感染して急性の炎症を起こす疾患である。一般に中耳炎という場合、この疾患を指すことが多い。 細菌が中耳に感染する経路として大きく分けて以下の3つがある。 経耳管性 中耳は耳管によって咽頭と連絡しているが、鼻腔や上咽頭に感染が起こることで、起炎菌が中耳へと侵入する。乳幼児では耳管が成人と比べて短く、内腔が太い上に水平に近いので中耳に細菌が侵入しやすい。乳幼児に急性中耳炎が起こりやすいのもこのためである。起炎菌は5歳以下ではインフルエンザ菌が、それ以後は溶血性連鎖球菌や肺炎球菌が多い。 経外耳道性[…][ja.wikipedia.org]

  • てんかん

    確実な診断には発作時脳波が必要 急性代謝障害(低血糖・テタニー):低Na血症、高Na血症で強直間代けいれん、高アンモニア血症では意識消失、強直間代けいれん 全般強直発作、強直間代発作を示すもの 熱性けいれん、良性乳児けいれん、軽症胃腸炎関連けいれん、心因性発作の一部、急性代謝障害、持続したチアノーゼ性憤怒けいれん 意識消失 脱力発作を示すもの[tokushukai.or.jp] 特に小児では、てんかんではない発作として、熱性けいれんや胃腸炎に伴うけいれんなどがあるので、それらをしっかりと否定できる場合にてんかんの診断がつけられます。 てんかんの分類 てんかんは、その原因や発症年齢、発作の症状などはさまざまで、その予後(将来的な治りにくさ、障害の程度など)もタイプによって違ってきます。[epilepsy-support.net] 憤怒けいれん、神経調節性失神、心因性発作の一部、急性代謝障害の一部、熱性けいれんの一部 ぴくぴくするもの 睡眠時ミオクローヌス、心因性発作の一部 恐怖・徘徊などの奇妙な動作を示すもの 夜驚症/夢遊病、心因性発作 病歴・症候・発症年齢・脳波により鑑別される場合が多いです。[tokushukai.or.jp]

  • 猩紅熱

    発熱けいれんを予防するには: 熱性けいれんを追跡調査したアメリカの有名なレポートによると、けいれんを2回以上起した者が約30%、3回以上は9%だったそうです。数分間でやむ程度のひきつけならば、心配することはないと述べています。 熱性けいれんを繰り返す子どもでは、けいれんを予防するために、発熱時に抗けいれん剤を使用するという方法があります。[myclinic.ne.jp] 一般には、2回以上熱性けいれんを繰り返した場合に抗けいれん剤が処方されていますが、「強いけいれんが長びいたので、とても心配だ」というのであれば、1回だけの子どもでも、ジアゼパム坐薬を用意しておくとよいでしょう。 気がかりな熱性けいれんもあります。長い時間ひきつけて、てんかん合併や脳障害が疑われる場合です。[myclinic.ne.jp] 「どうも普通の熱性けいれんと違う」と思われるものでは、脳波などの検査が必要になります。(2002.12 改定) Copyright (C) 2010 Fujiwara Shounika All Rights Reserved.[myclinic.ne.jp]

  • 特発性全般てんかん

    熱性けいれんは家族性があることが多く、家族の病歴を伝えることも重要です。私も、最近、ある種の遺伝子異常を伴う家族例を経験しました。このような家系では、次の代まで熱性けいれんの素因が引き継がれます。[saiseikai.or.jp] 当科において抗てんかん薬を投与中のてんかん患者様は、約150名であり、複合性熱性けいれん症例なども加えると200名位です。脳波検査は年間約300例以上施行しています。てんかんの有病率は約1%位と考えられます。ちなみに熱性けいれんは7 8%です。 てんかんの治療において大切なことは、発作が本当にてんかん発作であるかどうかということです。[aomorih.johas.go.jp] 確実な診断には発作時脳波が必要 急性代謝障害(低血糖・テタニー):低Na血症、高Na血症で強直間代けいれん、高アンモニア血症では意識消失、強直間代けいれん 全般強直発作、強直間代発作を示すもの 熱性けいれん、良性乳児けいれん、軽症胃腸炎関連けいれん、心因性発作の一部、急性代謝障害、持続したチアノーゼ性憤怒けいれん 意識消失 脱力発作を示すもの[tokushukai.or.jp]

  • ウイルス血症

    いずれも軽症でありほとんどは自然に消失するが、けいれんが0.4%の頻度で認められ、このうち85%は熱性けいれんであった。対策としては熱性けいれん既往者に対しては、予防としてあらかじめ抗けいれん剤(例:ジアゼパム坐剤)を処方しておき発熱性疾患罹患時に行う方法と同じ方法で予防することが可能である。[idsc.nih.go.jp]

  • 丹毒

    丹毒(たんどく、erysipelas)とは、溶連菌による皮膚の化膿性炎症である。 表皮基底層および真皮浅層が、病変の主座である。そのレベルを水平方向に急速に拡大する浮腫性紅斑と腫脹を特徴とする。浮腫性紅斑には菌体および菌産生毒素に対する免疫アレルギーが関与しているといわれている。疼痛を伴うこともあるが、比較的少ない。人畜共通の病気でもあり発熱・頭痛など全身症状を伴うこともある。また、治癒したと思っても再発再燃をおこす場合があり、それを習慣性丹毒(しゅうかんせいたんどく)という。 顔面に好発する。 蜂窩織炎が下肢に多いのに比べると下肢の丹毒は少ない。[…][ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性上気道感染症

    熱性けいれんの再発率は、2回目を起こすのが30%、3回目を起こすのが9%といわれています。 家で熱性けいれんを起こした時は 熱性けいれんは、ほとんど数分以内に止まります。命にかかわることは、まずありません。 基本的には何もする必要はありません。まずあわてない事が大切です。 口の中に指やはしを入れないで下さい。(舌をかむ事はまずありません。[kin-ikyo-chuo.jp] 発熱時に熱性けいれんを伴うことや、口腔内の疼痛のため不機嫌、拒食、哺乳障害、それによる脱水症などを呈することがあるが、ほとんどは予後良好である。 エンテロウイルス感染は多彩な病状を示す疾患であり、ヘルパンギーナの場合にもまれには無菌性髄膜炎、急性心筋炎などを合併することがある。[niid.go.jp] しかし、肺炎や中耳炎を合併することや、熱性けいれん(ひきつけ)をおこすこともあります。 頻度は低いのですが、大きな問題となるものに脳症があります。5歳以下の乳幼児に多く、死亡率や後遺症を残す率が高いため、発熱から1 2日でけいれん や意識障害、異常行動(意味不明な言動や幻視など)が現われたら、速やかに受診するようにしてください。[min-iren.gr.jp]

さらなる症状

類似した症状