Create issue ticket

考えれる23県の原因 熱不対耐性

  • 更年期障害

    更年期と更年期障害[…][jspog.com]

  • 肥満

    肥満指数(BMI)と死亡リスク 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本人のBMIと死亡リスク[…][epi.ncc.go.jp]

  • 妊娠後期

    妊娠28週(妊娠8か月)以降は妊娠後期といわれ、お腹が大きくなってきたのが目立つ時期です。お腹の赤ちゃんも活発に動き、赤ちゃんが動いただけで、痛いと感じる妊婦さんもいます。 妊娠後期、気になる主な疾患は『切迫早産』と『妊娠高血圧症候群』です。今回は『切迫早産』について話しましょう。 早い時期からのお腹の張りは要注意 『切迫早産』の主な症状は 「お腹の張り」 です。お腹が張るとは、腹部に手を当てた時に、いつもより硬くなっている状態をいいます。 お腹の張り[…][kosodate-support-satsumasendai.jp]

  • 末梢神経障害

    しびれや痛みは神経障害の警告 [どんな病気か] 末梢神経とは、脳や脊髄(せきずい)から分かれた後の、からだ中に分布する神経をいいます( 図「末梢神経の分布」 )。 末梢神経には、筋肉を動かす運動神経のほか、感覚神経(かんかくしんけい)、自律神経(じりつしんけい)の3種類があります。 感覚神経は、熱さ、冷たさ、痛さといった温痛覚(おんつうかく)や触覚(しょっかく)を伝え、また、手足の位置、運動変化、振動などを認識する深部感覚も伝えます。 自律神経は、からだのさまざまな組織や器官のはたらきを調節します。 この末梢神経に故障がおこった状態を、末梢神経障害または ニューロパチー と呼びます。[…][kotobank.jp]

  • 病的肥満

    UMIN試験ID UMIN000034601 最終情報更新日: 2018年12月2日 公開日:2018年12月1日 登録・組み入れ開始日:2018年12月11日 糖尿病を伴う病的肥満症に対する 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術 十二指腸空腸 バイパス術の安全性と有効性の検証 基本情報 試験簡略名 スリーブ状胃切除術 十二指腸空腸バイパスの有用性 試験進捗状況 募集前 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 糖尿病を伴う病的肥満患者 評価 主要アウトカム評価 術後30日間における、JCOG 術後合併症規準(Clavien-Dindo 分類)GradeⅢ以上の合併症発生割合 副次アウトカム評価 試験デザイン[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    ホーム 新着文献 ソラフェニブによる急性うっ血性心不全 薬剤 ソラフェニブ 腫瘍用薬 副作用 急性うっ血性心不全 概要[…][imic.or.jp]

  • 心不全

    ホーム 循環器病あれこれ [7] 心不全 「知っておきたい循環器病あれこれ」は、「公益財団法人 循環器病研究振興財団」が循環器病に関する最新情報を分かりやすく解説した発行物を、国立循環器病研究センターが許可を得てHTML化したものです。 文章・図表・イラスト等の転載・引用のご相談は 循環器病研究振興財団 までご連絡ください。 -その症状と治し方- 元国立循環器病研究センター 心臓血管内科 副院長 宮武 邦夫 医長 安村 良男 心不全とは、心臓の能力低下で起こる体の不健全な状態をいう 坂道で息切れしたり、セキをしたりする もくじ 大切な心臓の二つの役目 心臓に備わったバックアップ機構[…][ncvc.go.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    執筆者: Phillip Low , MD, Professor of Neurology, College of Medicine, Mayo Clinic; Consultant, Department of Neurology, Mayo Clinic 自律神経性ニューロパチーは,自律神経線維が不均衡に侵される末梢神経疾患である。[…][msdmanuals.com]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。甲状腺ホルモンは細胞レベルで非常に大切なホルモンであり、体の殆どの組織に影響を及ぼす。代謝内分泌疾患の一つ。 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 主に心臓の活動が上がって頻脈になり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感の症状がある。 心拍数の増加、高血圧 発汗量の増加、体温の上昇 皮膚のかゆみ、口が乾く 手足の震え 躁状態、勇敢、やる気の増大[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状