Create issue ticket

考えれる70県の原因 熱によって誘発

  • 関節炎

    移動性関節炎の場合は反応性関節炎、結晶誘発性関節炎、淋菌性関節炎、リウマチ、感染性心内膜炎などが想起される。左右非対称性の関節炎の場合は脊椎関節炎(乾癬性関節炎、強直性脊椎炎、反応性脊椎炎、炎症性腸疾患に関連する関節炎など血清反応陰性関節炎)を想起する。付着部炎(腱や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節炎が想起される。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路疾患

    悪化するとが出て食欲不振に陥ることもあります。尿道が詰まって排尿できなくなると、腎不全を誘発します。偏食が原因であれば、食事療法によって予防または治療できる場合があります。[npf.co.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    刺激の強い物はせきを誘発します。水分を意識してできるだけ多く摂らせましょう。 高い: 熱がでて、機嫌が悪い時は、熱さましを使ってもかまいません。泣くとひどくなるので、できるだけこどもを泣かせないようにしましょう。[kin-ikyo-chuo.jp]

  • アレルギー性鼻炎

    1873年イギリスの医師ブラックリーCharles H.Blackleyは,アレルギー性鼻炎(当時は枯草と呼んでいた)を起こす季節以外でも,患者に花粉を吸入させると症状を誘発しうることや,花粉をこのような患者の皮膚に擦り込むと発赤と膨疹を起こすことを発見した。… 【鼻アレルギー】より …アレルギー性鼻炎ともいう。遺伝子病の一種。[kotobank.jp]

  • 伝染性単核球症

    発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。有期間は一般的なウイルス感染症よりも長く、5 - 7日程度続くことが多い。 ときに、悪性リンパ腫や亜急性壊死性リンパ節炎などとの鑑別を要する場合があり、以下に述べる血清診断や、リンパ節生検を行うこともある。[ja.wikipedia.org]

  • 心律動異常

    【まばたき、閉眼(強い明暗差を作るから)】 【運動(体温上昇による)】 【感情の変化(ストレス、興奮、緊張状態からの解放:外出からの帰宅でほっとする、など)】 【音】 【ストレス】 患児によって誘発因子が各々違いますが、体温変化(過敏性)は共通して発作を誘発します。[dravetsyndromejp.org]

  • 癤腫症

    下着のラインが擦れる刺激で誘発されてできたもので、擦れたわずかな傷から二次感染をおこし、痛みや感を伴って来院される方もいらっしゃります。日頃より締め付けのきつい下着の着用は回避したほうがよいでしょう。 2. 毛包炎 : 陰毛部の毛穴に雑菌が侵入することにより生じます。一見ニキビ様で軽度の痛みを伴います。[ikegami-lc.com]

  • 膝の関節炎

    移動性関節炎の場合は反応性関節炎、結晶誘発性関節炎、淋菌性関節炎、 リウマチ 、 感染性心内膜炎 などが想起される。左右非対称性の関節炎の場合は脊椎関節炎(乾癬性関節炎、強直性脊椎炎、反応性脊椎炎、炎症性腸疾患に関連する関節炎など 血清反応陰性関節炎 )を想起する。[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    移動性関節炎の場合は反応性関節炎、結晶誘発性関節炎、淋菌性関節炎、リウマチ、感染性心内膜炎などが想起される。左右非対称性の関節炎の場合は脊椎関節炎(乾癬性関節炎、強直性脊椎炎、反応性脊椎炎、炎症性腸疾患に関連する関節炎など血清反応陰性関節炎)を想起する。付着部炎(腱や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節炎が想起される。[ja.wikipedia.org]

  • 熱性けいれん

    子供達が38度以上の発熱に伴って、発作を起こす疾患…誘発すると。 その発作というのは、手をガクガクしたり、足をガクガクしたりっていうけいれんするんですが、ほとんどの原因は上気道炎…風邪引きですね。風邪引きのウイルスその他尿路感染、なんでも発熱をきたす様な感染があって、発作を起こすことがほとんどです」 突然起こる熱性けいれん。[kansensho.jp] しかし、熱性けいれんと違い、てんかんの患者さんではがないときにも発作が起きます。誘発されることはあっても、通常、てんかん患者さんのてんかん発作は「何の誘因もなく」おきます。これに対し、熱性けいれんではてんかん発作にかならず発熱が付随しています。もないのにてんかん発作が一度でも起きたら、それは、もはや熱性けいれんではありません。[aoitori-center.com] がないことがてんかんの特徴ですが、発熱がてんかん発作を誘発しやすいのも事実なので、熱性けいれんを繰り返すときには、てんかんを疑って脳波などの検査をすることはよくあります。 てんかんによるけいれんが長時間続いたり繰り返したりすることで起きる障害を「けいれん重積」と呼びます。様子を見て15分以上長引くときには救急車を呼びましょう。[med.or.jp]

さらなる症状