Create issue ticket

考えれる173県の原因 熱によって誘発

  • 尿路疾患

    悪化するとが出て食欲不振に陥ることもあります。尿道が詰まって排尿できなくなると、腎不全を誘発します。偏食が原因であれば、食事療法によって予防または治療できる場合があります。[npf.co.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    刺激の強い物はせきを誘発します。水分を意識してできるだけ多く摂らせましょう。 高い: 熱がでて、機嫌が悪い時は、熱さましを使ってもかまいません。泣くとひどくなるので、できるだけこどもを泣かせないようにしましょう。[kin-ikyo-chuo.jp]

  • 関節炎

    移動性関節炎の場合は反応性関節炎、結晶誘発性関節炎、淋菌性関節炎、リウマチ、感染性心内膜炎などが想起される。左右非対称性の関節炎の場合は脊椎関節炎(乾癬性関節炎、強直性脊椎炎、反応性脊椎炎、炎症性腸疾患に関連する関節炎など血清反応陰性関節炎)を想起する。付着部炎(腱や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節炎が想起される。[ja.wikipedia.org]

  • レンサ球菌感染

    一般的にGASは,ヒトに炎症性疾患を引き起こすことが知られており,咽頭炎や扁桃炎などの局所性炎症を惹起するほか,猩紅熱や産褥熱などの全身性炎症の起因菌ともなる.時として,感染後にヒト組織成分と交叉反応を示す抗GAS抗体が産生され,急性糸球体腎炎やリウマチなどを誘発し,重篤化することがある.しかしながら,ペニシリン系の抗生物質が奏効することから[web.dent.osaka-u.ac.jp]

  • 化膿レンサ球菌

    一般的にGASは,ヒトに炎症性疾患を引き起こすことが知られており,咽頭炎や扁桃炎などの局所性炎症を惹起するほか,猩紅熱や産褥熱などの全身性炎症の起因菌ともなる.時として,感染後にヒト組織成分と交叉反応を示す抗GAS抗体が産生され,急性糸球体腎炎やリウマチなどを誘発し,重篤化することがある.しかしながら,ペニシリン系の抗生物質が奏効することから[web.dent.osaka-u.ac.jp]

  • アレルギー性鼻炎

    1873年イギリスの医師ブラックリーCharles H.Blackleyは,アレルギー性鼻炎(当時は枯草と呼んでいた)を起こす季節以外でも,患者に花粉を吸入させると症状を誘発しうることや,花粉をこのような患者の皮膚に擦り込むと発赤と膨疹を起こすことを発見した。… 【鼻アレルギー】より …アレルギー性鼻炎ともいう。遺伝子病の一種。[kotobank.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    誘発性温熱療法(WIT): この技術は、温水が過剰0な前立腺の組織に由来の凝固 と壊死を引き起こすものです。 4. 前立腺ステント: この技術により、ステントは前立腺尿道の狭くなる領域に 配置されます。ステントは尿道を開放し、排尿を容易にし ます。[kidneyeducation.com] 前立腺ステントは内服治療の効果が乏しい時や、外科的 治療が適応外である場合に安全で有効な治療法である 低侵襲治療(MITs) 低侵襲治療は、最も(TUNA)、水誘発性温熱療法(WIT)、 前立腺ステントや経尿道的レーザー治療などです。 1.[kidneyeducation.com] 経尿道的マイクロ波高温熱治療術(TUMT): この手法では、マイクロ波を使用して、尿流を妨げてい る過剰な前立腺の組織を焼却します。 2. 経尿道的針焼灼術 (TUNA): この手法は、高周波エネルギーを使用して、尿流を妨げて いる過剰な前立腺組織を凝固し壊死させます。 3.[kidneyeducation.com]

  • ニューロパチー

    蛋白β-1 臨床 CMT2G 不明 12q12-q13 不明 研究のみ CMT2H/2K 5% GDAP1 ガングリオシド誘発性分化関連蛋白1 臨床 CMT2I 不明 MPZ ミエリンp0蛋白 臨床 CMT2J 不明 MPZ ミエリンp0蛋白 臨床 CMT2L 不明 HSPB8 熱ショック蛋白β-8 臨床 CMT2N 不明 AARS アラニル[grj.umin.jp] 不明 MED25 RNAポリメラーゼII転写メディエーターサブユニット25 臨床 CMT2C 不明 TRPV4 一過性受容体電位カオチンチャネルサブファミリー5メンバー4 臨床 CMT2D 3% GARS グリシルtRNA合成酵素 臨床 CMT2E/1F 4% NEFL 神経フィラメント軽鎖ポリペプチド 臨床 CMT2F 不明 HSPB1 ショック[grj.umin.jp]

  • 心律動異常

    このページの一番上へ戻る 熱性けいれんに関連する非てんかん性発作 「熱性けいれんについて《で述べましたように、熱性けいれんはによっててんかん発作が誘発される病態の総称です。その意味では、てんかんと親戚関係にあります。しかし、熱性けいれん、あるいは、に関連する発作において、非てんかん発作とてんかん発作の鑑別が問題となることがあります。[aoitori-center.com] 【まばたき、閉眼(強い明暗差を作るから)】 【運動(体温上昇による)】 【感情の変化(ストレス、興奮、緊張状態からの解放:外出からの帰宅でほっとする、など)】 【音】 【ストレス】 患児によって誘発因子が各々違いますが、体温変化(過敏性)は共通して発作を誘発します。[dravetsyndromejp.org] このページの一番上へ戻る 熱性失神febrile syncope 熱性けいれんとみえる発作の中には、てんかん発作ではなく非てんかん性発作がによって誘発されていることがあります。その多くは、によって引き起こされる脳虚血性失神です。発熱によって自律神経が上安定性になって、脳の血管機能に変調をきたし、脳への血流供給が低下して起こる発作です。[aoitori-center.com]

  • 伝染性単核球症

    発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。有期間は一般的なウイルス感染症よりも長く、5 - 7日程度続くことが多い。 ときに、悪性リンパ腫や亜急性壊死性リンパ節炎などとの鑑別を要する場合があり、以下に述べる血清診断や、リンパ節生検を行うこともある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状