Create issue ticket

考えれる121県の原因 無言症

  • 緊張病

    周囲と活動的なつながりがない (2)カタレプシー:すなわち、受動的にとらされた姿勢を重力に抗したまま保持する (3)蝋屈:すなわち、検査者に姿勢をとらされることを無視し、抵抗さえする (4)無言:すなわち、言語反応がない。[h-navi.jp] 蝋屈:すなわち、検査者に姿勢をとらされることを無視し、抵抗さえする。 無言:すなわち、言語反応がない。またはごくわずかしかない(既知の失語症があれば除外)。 拒絶症:すなわち、指示や外的刺激に対して反対する、または反応がない。 姿勢保持:すなわち、重力に抗して姿勢を自発的・能動的に維持する。[e-heartclinic.com] ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 緊張病 きんちょうびょう catatonia 突然,激しい運動や 衝動行為 を起こして 興奮 状態を示す緊張病性興奮と,反対にしかめっ面,動きの乏しい表情, 緘黙 (かんもく) ( 無言 ) ,無感動,さらには無反応に陥る緊張病性 昏迷 の二つの症候群を繰り返すのが特徴。[kotobank.jp]

  • 脳幹梗塞

    脳梗塞と深い関係のある さまざまな病気 脳幹梗塞 人間の脳の最も中心部にある脳幹は、脳に12種類あるという脳神経のうちの10種類が集まっている、最重要部分と言えます。脳幹に梗塞が起きた場合の症状の特徴や治療法、後遺症について、まとめて解説します。 脳幹梗塞とは 脳幹梗塞は、人間の脳の中でも脳幹と呼ばれる部分へ続く血管で血栓や狭窄ができてしまって起こる脳梗塞です。 脳幹は脳のちょうど真ん中に位置していて、脳を支えている小さなキノコのような形の部分です。下から順に延髄、橋(きょう)、中脳の3つからできていて、それぞれの部分に人間の思考や活動の原点となる脳神経の中枢があります。[…][braininfarct-nav.com]

  • 昏睡

    例えば 閉じ込め症候群 、 無動無言 、 緊張病性昏迷 など。 昏睡と 昏迷 は異なる。昏睡の患者は不快刺激や言語刺激に適切な反応を示さないが、昏迷の患者は不快な刺激に対して何らかの反応(叫ぶなど)を示す。 精神病にも昏睡に似るものがある。ある種の 統合失調症 、 緊張病 、極端に重篤な うつ病 などは昏睡に似た状態を示す。[ja.wikipedia.org]

  • 自閉性障害

    家庭医学館 の解説 じへいしょうじへいせいしょうがい【自閉症(自閉性障害) Autistic Disorder】 [どんな病気か] 3歳以前に、明らかになる発達の障害です。①対人関係の障害、②言語発達の障害、③常同行動(じょうどうこうどう)(同じ行動をくり返す)ないし特定のものを同じままにしておこうとする執着的な行動の3つの特徴をもっています。 具体的には、1歳を過ぎるころから抱き上げてもしがみつこうとしない、親への愛着が乏(とぼ)しいようすがみられ、2歳ころには呼びかけに反応しない、視線が合わない、けがをしたりしたときに助けを求めに母親のところへ行かないなど、人への関心が希薄です。[…][kotobank.jp]

  • 抗第VIII因子抗体NMDA受容体脳炎

    数日から2週間以内に、不安や不眠症から幻覚、妄想、狂躁、記憶欠損、せん妄、言語障害、明白な無言のすべてを含む、精神的および認知性の症状へと発展する。それに続き、自律神経不安定(心拍、血圧および体温不安定、失禁)、興奮と緊張が交互に発生、音声/顔面チック、四肢筋反射、不自然な姿勢が起こる。[blog.goo.ne.jp]

  • 橋中心髄鞘崩壊症

    歴史に学ぶこと 6 .固有疾患名と概念的疾患名を知る 7 .いかに学び,修得するか——体験の重さ 8 .余 滴 Section II 病歴のとり方 1.問診の重要性 2.システムレビューの重要性 Section III 神経症候の診かた 1 意識障害の診かた 2 脳死と遷延性植物状態の診かた 1.脳 死 2.植物状態,最小意識状態,無動性無言[m-book.co.jp]

  • 緊張性尿失禁

    3.緊張病 緊張病は、興奮・昏迷を基本として、①カタレプシー(同じ姿勢を固持する)、②反響言語(相手の言葉をオウム返しする),反響動作(相手の動作を反復する)、常同(同じ動作をつづける)、拒絶(態度や行動で拒否を示す)、無言など、特徴的な症状を示す症候群です。[comhbo.net] 統合失調のみならず、うつ病、双極性障害、脳炎などによる器質性精神病などが原因のこともあるため、慎重な診察が必要となります。[comhbo.net]

  • 慢性アルコール依存症

    低ナトリウム血による意識障害と痙攣が生じ,補正後に構音障害,嚥下障害,四肢麻痺,外眼筋麻痺,行動異常,無言,閉じ込め症候群などがみられる.橋外髄鞘崩壊症ではパーキンソニズム,舞踏アテトーゼ,ジストニアなどの不随意運動や小脳症状などを認める.[kotobank.jp] 電解質異常,特に低ナトリウム血症やその急激な補正中に発症する例や火傷,肝移植例に多い.低ナトリウム血症の補正速度を8 mmol/L/日以下に抑えると発症が減少する.成因は不明だが,血管性浮腫による浸透圧性脱髄が一因と考えられる.左右対称性の脱髄病変は橋底部のほか,半数に小脳,外側膝状体,内包,海馬,大脳白質,視床,基底核にもみられる(橋外髄鞘崩壊[kotobank.jp]

  • 上衣腫

    また、手術で小脳をさわった場合、小脳性の無言が発生することがある。無発語、無関心、情動不安定、体を動かすことの拒否などの症状である。これらは、手術の数時間後に明らかになって、数週間続くが、通常は自然に治ることが多い。 術後評価 [ 編集 ] 術後の画像評価で、腫瘍をどれだけとりきれたか「摘出度」を3つに分類することがある。[ja.wikipedia.org] 手術による副作用で特徴的なのは、小脳性無言です。これは、手術の後から数十日間、言葉を話さなくなるという副作用です。原因は明らかではありません。 放射線の副作用は、治療後に発達が遅れることと、体の成長や維持に必要な脳からのホルモンの分泌が低くなってしまうことです。[f.kpu-m.ac.jp] 神経機能や認知機能の障害が起こったり、言語の発達が芳しくなく、言葉を発さない無言に至ったりすることが特徴で、患者さんの年齢に応じた感情表現ができるようにサポートする必要があります。 6)二次がん 頭蓋への放射線治療を行った場合、膠芽腫(こうがしゅ)や髄膜腫(ずいまくしゅ)が生じる可能性があります。[ganjoho.jp]

  • 昏睡

    例えば閉じ込め症候群、無動無言、緊張病性昏迷など。 昏睡と昏迷は異なる。昏睡の患者は不快刺激や言語刺激に適切な反応を示さないが、昏迷の患者は不快な刺激に対して何らかの反応(叫ぶなど)を示す。 精神病にも昏睡に似るものがある。ある種の統合失調症、緊張病、極端に重篤なうつ病などは昏睡に似た状態を示す。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状