Create issue ticket

考えれる15県の原因 無石胆嚢炎

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 胆管炎

    胆嚢炎には結石や腫瘍が胆嚢管を閉塞し、発熱、右季肋部痛をきたす急性胆嚢、急性胆嚢と同様の症状をきたすものの、全身状態の悪い患者に発症し、かつ胆嚢結石が発症に関与しない胆嚢、繰り返す急性胆嚢炎や 胆石発作 などにより慢性炎症が胆嚢におこる慢性胆嚢炎に分かれる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性胆嚢炎

    胆嚢(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢、慢性胆嚢胆嚢、気腫性胆嚢炎と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。[ja.wikipedia.org] 最終更新日:2010.11.18 Cholecystitis 概要 急性胆嚢とは胆嚢壁の急性炎症を主体とした病態であり、臨床的に遭遇する機会が多い疾患である。胆嚢のように胆石の無い症例にも急性胆嚢炎は発症しうるが、日常取り扱う急性胆嚢炎は胆石に起因することが多い。[web.archive.org] 胆嚢の場合は細菌感染が主な原因であるが、長年の静脈の栄養補給によって発症することもある。 タバコとの関連性も指摘されている。[ja.wikipedia.org]

  • 急性胆嚢炎

    胆嚢(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢、慢性胆嚢胆嚢、気腫性胆嚢炎と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。[ja.wikipedia.org] 最終更新日:2010.11.18 Cholecystitis 概要 急性胆嚢とは胆嚢壁の急性炎症を主体とした病態であり、臨床的に遭遇する機会が多い疾患である。胆嚢のように胆石の無い症例にも急性胆嚢炎は発症しうるが、日常取り扱う急性胆嚢炎は胆石に起因することが多い。[web.archive.org] 胆嚢の場合は細菌感染が主な原因であるが、長年の静脈の栄養補給によって発症することもある。 タバコとの関連性も指摘されている。[ja.wikipedia.org]

  • 胆嚢炎

    胆嚢(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢、慢性胆嚢胆嚢、気腫性胆嚢炎と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。[ja.wikipedia.org] 最終更新日:2010.11.18 Cholecystitis 概要 急性胆嚢とは胆嚢壁の急性炎症を主体とした病態であり、臨床的に遭遇する機会が多い疾患である。胆嚢のように胆石の無い症例にも急性胆嚢炎は発症しうるが、日常取り扱う急性胆嚢炎は胆石に起因することが多い。[web.archive.org] 胆嚢の場合は細菌感染が主な原因であるが、長年の静脈の栄養補給によって発症することもある。 タバコとの関連性も指摘されている。[ja.wikipedia.org]

  • 胆道感染症

    胆嚢炎には結石や腫瘍が胆嚢管を閉塞し、発熱、右季肋部痛をきたす急性胆嚢、急性胆嚢と同様の症状をきたすものの、全身状態の悪い患者に発症し、かつ胆嚢結石が発症に関与しない胆嚢、繰り返す急性胆嚢炎や 胆石発作 などにより慢性炎症が胆嚢におこる慢性胆嚢炎に分かれる。[ja.wikipedia.org]

  • サルモネラ感染症

    ひな白痢(ひなはくり、英: pullorum disease)とは、ひな白痢菌(Salmonella Pullorum)感染を原因とする鳥類の感染症。 日本では家畜伝染病予防法において家きんサルモネラ感染症の名称で法定伝染病に指定されており、家鴨(アヒル)、七面鳥(シチメンチョウ)、鶉(ウズラ)が対象動物である。家きんサルモネラのほかに法定伝染病に指定されている家きんの疾病はニューカッスル病、高病原性鳥インフルエンザ、家きんコレラである。介卵感染を起こし、発症動物では孵化後2[…][ja.wikipedia.org]

  • カンピロバクター腸炎

    ホーム 政策について 分野別の政策一覧 健康・医療 食品 食中毒 細菌による食中毒 カンピロバクター食中毒予防について(Q&A) わが国で発生している食中毒の中で、発生件数が多いカンピロバクター食中毒について、正しい知識、現状及び予防方法等について理解を深めていただきたく、Q&Aを作成しました。 今後も本件に関する知見の進展等に対応して、逐次、本Q&Aを更新することとしています。 Q1 カンピロバクター食中毒はどのくらい発生しているのですか? A1[…][mhlw.go.jp]

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 結節性多発動脈炎

    結節性多発動脈炎 (けっせつせいたはつどうみゃくえん、 Polyarteritis nodosa ; PN または PAN )は全身性の炎症性疾患である。 血管炎 の一つであるが、中でも最も古くから知られており代表的な疾患である。 概念 [ 編集 ] 原因は不明だが、血管に炎症がおこる慢性疾患である。血管は人体の全身に分布しているので、必然的に全身疾患となる。 血管炎 というものはいずれも特定のサイズの血管のみを傷害することが知られているが、本症は中小動脈を特異的におかす疾患である。 歴史 [ 編集 ] 本症の発見の歴史は有名である。19世紀、西洋医学界は死亡例の 剖検[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状