Create issue ticket

考えれる47県の原因 無石胆嚢炎

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 胆嚢炎

    胆嚢(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢、慢性胆嚢胆嚢、気腫性胆嚢炎と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。[ja.wikipedia.org] 炎症が起こると、胆嚢に液体が充満し、胆嚢の壁が厚くなります。 まれに、胆石が存在しない状況で急性胆嚢が発生することがあります(胆嚢)。その場合でも、胆嚢には胆泥(胆石と同様の成分が泥のようになったもの)がたまっていることがあります。胆嚢は他の種類の胆嚢炎より重篤で、以下の状況に続いて生じることがよくあります。[msdmanuals.com] まれに、胆石が存在せずに胆嚢を起こすことがあり、胆嚢と呼ばれます。胆嚢の原因は長期の絶食、胆管閉塞、糖尿病、動脈硬化症、膠原病、肝動脈塞栓術(TAE)後の胆嚢虚血などが知られています。 炎症の程度によって、カタル性、化膿性、壊疽性に分けられます。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • サルモネラ感染症

    サルモネラ感染症とは? サルモネラ菌に汚染された水や食料を摂取することによりうつります。また、サルモネラ菌を保有している動物と接触することで感染することもあります。 症状 感染して12時間から72時間の症状のない期間があった後に、3-4日ほど下痢、腹痛、発熱などが見られます。まれにサルモネラ菌が血液中に入り、他の臓器に病気を起こし、重症化することもあります。高齢者や小児など免疫力が低いかたは特に注意が必要です。 治療方法 症状にあわせた対症療法が行われます。 予防法 料理前、食事前、トイレ後などこまめに手洗い及び消毒を行うことをおすすめします。[ryugaku-hoken.info]

  • カンピロバクター腸炎

    【疾患啓発(スポンサード)】 公開日 2017 年 10 月 17 日 更新日 2018 年 09 月 20 日 カンピロバクター腸炎 カンピロバクター食中毒 札幌医科大学医学部消化器内科学講座 教授 仲瀬 裕志 先生 カンピロバクター腸炎 とは、カンピロバクター属の細菌に感染することよって引き起こされる感染性腸炎の一つです。カンピロバクター腸炎を発症すると、下痢や腹痛に加え、嘔吐や発熱などの症状が現れます。 カンピロバクター腸炎の予防には、生肉を避けることや肉の加熱などが有効であるといいますが、体調管理も大きな意味を持つそうです。それはなぜなのでしょうか。[…][medicalnote.jp]

  • 慢性胆嚢炎

    胆嚢(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢、慢性胆嚢胆嚢、気腫性胆嚢炎と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。[ja.wikipedia.org] 炎症が起こると、胆嚢に液体が充満し、胆嚢の壁が厚くなります。 まれに、胆石が存在しない状況で急性胆嚢が発生することがあります(胆嚢)。その場合でも、胆嚢には胆泥(胆石と同様の成分が泥のようになったもの)がたまっていることがあります。胆嚢は他の種類の胆嚢炎より重篤で、以下の状況に続いて生じることがよくあります。[msdmanuals.com] 慢性胆嚢では一般に、腹腔鏡下胆嚢摘出術を行います。 胆嚢では、緊急手術で胆嚢を摘出します。 消化器系の病気[mh.rgr.jp]

  • 急性胆嚢炎

    概要 疾患のポイント: 急性胆嚢炎の原因の90 95%は胆嚢結石であり、結石の嵌頓による胆嚢管閉塞と胆嚢内胆汁うっ滞に引き続き、胆嚢粘膜障害が起こり、炎症性メディエーターの活性化が引き起こされる。一方、急性胆嚢は急性胆嚢炎の3.7 14%を占め、その危険因子は、手術、外傷、長期のICU滞在、感染症、熱傷や経静脈栄養などである。[clinicalsup.jp] 胆嚢(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢、慢性胆嚢胆嚢、気腫性胆嚢炎と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。[ja.wikipedia.org] 最終更新日:2010.11.18 Cholecystitis 概要 急性胆嚢とは胆嚢壁の急性炎症を主体とした病態であり、臨床的に遭遇する機会が多い疾患である。胆嚢のように胆石の無い症例にも急性胆嚢炎は発症しうるが、日常取り扱う急性胆嚢炎は胆石に起因することが多い。[web.archive.org]

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 上行性胆管炎

    2)胆道以外の手術後 胆道以外の手術における胆嚢の発生率は0.1〜13%と幅があるが原疾患や手術術式により異なる。 胆嚢の頻度が高く注意を要する。[minds.jcqhc.or.jp] 合併症では気腫性胆嚢胆嚢膿腫、化膿性肝膿瘍、敗血症などがある。 胆嚢:胆嚢炎患者の2-15%は、石が認められない。その他の原因で生じる事が知られており、外傷、火傷、敗血症、HIV感染症、免疫不全、糖尿病、非胆道系外科手術などがある。[blog.livedoor.jp] 胆嚢炎には結石や腫瘍が胆嚢管を閉塞し、発熱、右季肋部痛をきたす急性胆嚢、急性胆嚢と同様の症状をきたすものの、全身状態の悪い患者に発症し、かつ胆嚢結石が発症に関与しない胆嚢、繰り返す急性胆嚢炎や 胆石発作 などにより慢性炎症が胆嚢におこる慢性胆嚢炎に分かれる。[ja.wikipedia.org]

  • 結節性多発動脈炎

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 結節性多発動脈炎(指定難病42) けっせつせいたはつどうみゃくえん (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 「結節性多発動脈炎」とはどのような病気ですか 動脈は血管の太さから、大型、中型、小型、毛細血管に分類されます。 結節 性多発動脈炎は、この内の中型から小型の血管の動脈壁に 炎症 や 壊死 を生じる疾患です。動脈は全身の諸臓器に分布していますので、腎臓、腸、脳、心臓、皮膚など多彩な臓器に症状を呈します。 2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか 平成28年度にこの疾患で難病の申請をされている方は全国で3305名でした。[…][nanbyou.or.jp]

  • ジアルジア症

    ジアルジア症 (ジアルジアしょう、 giardiasis )とは 鞭毛虫 である ランブル鞭毛虫 ( Giardia lamblia ) を原因とする 寄生虫病 である。食品や水に含まれる シスト を摂取することにより感染する。 人獣共通感染症 であり、ランブル鞭毛虫はヒトを含む多くの 哺乳類 の 消化管 で増殖する [1] 。ヒトでの一般的な症状は下痢性 胃腸炎 である。日本では 感染症法 施行規則により五類感染症(全数把握疾患)に指定されており、診断した医師には届け出が義務づけられている。 本稿では、主にヒトの感染症について記述する。 特徴 [ 編集 ] ジアルジア症はひどい 下痢 と腹部の[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状