Create issue ticket

考えれる64県の原因 無尿

  • 高血圧症

    抄録 本態性高血圧症における食塩負荷時の血圧上昇に対するカリウム投与の影響を検討する目的で, 23名の本症患者に低塩食(NaCl25mEq/日)を3日間施行したのち, 6日間食塩(250mEq/日)のみを負荷した群(NaCl単独群)12名と,同量の食塩に加えてカリウム96mEq/日を投与した群(NaCl KCl群)11名に分け,比較した.その結果, NaCl KCl群ではNaCl単独群においてみられた食塩負荷時の血圧上昇は認められず,平均血圧の変化率はNaCl単独群に比し有意の低値を示した.尿中ナトリウム排泄はNaCl KCl群で食塩負荷早期(第1および第2日目)に有意の増加を認め, NaCl[…][doi.org]

  • 急性腎不全

    通常、尿の出が悪くなったり( 乏尿 )、あるいは全く出なくなったり( 尿 )します。一般には余りなじみの無い病気のように思われがちですが、高齢者や糖尿病、高血圧など動脈硬化の強い人が増加しつつあるわが国では、ちょっとしたことでも急に腎臓の働きが低下することも多いのです。死亡率の高い病気です。[plaza.umin.ac.jp] 急性腎不全では通常、尿の出が悪くなったり(乏尿)、あるいは全く出なくなったり(尿)します。 慢性腎不全では腎機能の低下の程度が軽い間はほとんど症状がありませんが、腎機能がかなり低下してくると尿の量が増える(特に夜間)、目のまわりや足のむくみ、疲れやすい、食欲がない、息切れがする、皮膚がかゆいなどの症状が出てきます。[zjk.or.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    【監修】 名古屋大学大学院医学系研究科泌尿器科学 教授 後藤百万先生 前立腺肥大症の頻度は、年齢とともに高くなり、50歳からより増加します。組織学的な前立腺肥大は、30歳代から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%にみられますが、そのすべての方が治療を必要とする症状を伴うわけではありません。前立腺の肥大と排尿症状を伴い、治療を必要とする、いわゆる前立腺肥大症の頻度は、その1/4程度と言われています。[…][asahikasei-pharma.co.jp]

  • 高カリウム血症

    つまり症例2のごとく, 高カリウム血症は非乏尿状態の患者に限られてきた。しかし症例1のように, 尿状態で高カリウム血症が生じていることより, 腎外性のカリウム調節系の関与が考えられた。[doi.org] カリウム排泄の抑制とされる.本症例は尿の慢性腎不全のためこの機序による高カリウム血症ではない.NMが腎以外に作用して高カリウム血症を生じたと考えられた.[doi.org] 症例1は尿状態ではあるが, 他の血液生化学検査に異常を認めず高カリウム血症を生じ, 症例2は非乏尿状態で高カリウム血症を生じた。メシル酸ナファモスタットによる高カリウム血症の発症機序は明確とはなっていないが, メシル酸ナファモスタットおよびその代謝物が腎に直接作用し, カリウムの排泄を抑制するとの説が有力である。[doi.org]

  • 慢性腎不全
  • 高尿酸血症

    症候性高尿酸血症に対する治療 [ 編集 ] 症候性高尿酸血症の段階で、高尿酸血症を基盤とする痛風関節炎、痛風結節、腎障害、尿路結石の発症を防ぐために血清尿酸値を低下させることが望ましいと考えられている。[ja.wikipedia.org] 生活習慣病の改善にも関わらず血清尿酸値が9.0 mg/dl以上の症候性高尿酸血症では薬物療法を考慮する。また尿路結石、腎疾患、高血圧などの合併がある場合は血清尿酸値が8.0 mg/dk以上で薬物療法を考慮する。[ja.wikipedia.org] 痛風関節炎を繰り返す症例や痛風結節を認める症例では薬物治療の適応となり、血清尿酸値を6.0 mg/dl以下に維持するのが望ましい。観察研究の結果から症候性高尿酸血症への薬物療法の導入は血清尿酸値8.0 mg/dl以上を一応の目安とするが、介入研究によるリスク軽減のエビデンスは乏しいため適応は慎重にするべきである。[ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    敗血症性ショックの患者が対象 研究班は、この報告より前の研究で、重症の感染により 敗血症性ショック という致命的な状態に陥った患者200人をランダムに分け、体温36.5 から37 の範囲にまで冷やしながら治療するか、冷やさないで治療するかを比較し、冷やしたグループのほうが14日目までの死亡率が低いという結果を得ていました。 ここで得られた治療データを解析し、体温の変化と死亡率の関係をさらに詳しく調べました。 38.4 が境界 体温で区切ったとき、体温が高い場合と低い場合で死亡率に最も大きな違いが出るように境界の値を計算したところ、「 体温が38.4[…][medley.life]

  • 子癇前症

    子癇前症 (しかんぜんしょう)は妊娠中に 高血圧 や タンパク尿 を特徴とする疾患である [1] 。通常、 妊娠後期 に発症し時間が経つにつれ悪化する [2] [3] 。重い疾患には 赤血球の破壊、 血小板減少症 、肝機能障害、腎機能障害、 浮腫 、 肺水腫 による息切れ、視覚障害がある [2] [3] 。子癇前症は母親と赤ちゃんの両方の転帰不良のリスクを増加する [3] 。もし治療せず放置した場合、結果として妊娠中に起こる てんかん発作 、 子癇 になる [2] 。 子癇前症のリスク要因は: 肥満 、 高血圧 、高齢年齢、 糖尿病 などである [2] [4][…][ja.wikipedia.org]

  • 前立腺癌
  • 前立腺腺癌

さらなる症状