Create issue ticket

考えれる136県の原因 炭疽症

  • 細菌性髄膜炎

    細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん、英: Bacterial meningitis)は、細菌感染によって起こる中枢神経系の感染症。別名として、化膿性髄膜炎(かのうせいずいまくえん、英: Septic meningitis)とも呼ばれる。通常結核性髄膜炎はこの細菌性髄膜炎に含めない。 発熱の原因が中枢神経と疑われるとき、髄液検査を行い細胞数の増加があれば神経感染症と考える。神経感染症では感染部位によって名称、症状が異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 人獣共通感染症

    肝蛭 、 ダニ麻痺 など 主な人獣共通感染 [ 編集 ] 細菌 性人獣共通感染 炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ ― サルモネラ症 ― リステリア症 ― カンピロバクター症 ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 腸管出血性大腸菌 感染症 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症[ja.wikipedia.org] Anthropozoonoses - 動物からヒトへと伝播する人獣共通感染 Zooanthroponoses - ヒトから動物へと伝播する人獣共通感染 Amphixenoses - ヒトと動物の双方に伝播する人獣共通感染 狂犬病 、 炭疽 、 ペスト 、 オウム病 、 腎症候性出血熱 、 結核 、 腸管出血性大腸菌 感染、細菌性 赤痢[ja.wikipedia.org] 家畜商 - 屠畜場 / 化製場 - 保健所 - 農業共済組合 / 農業災害補償制度 協定・法律等 SPS協定( 世界貿易機関 ) - OIEコード( 国際獣疫事務局 ) - 家畜伝染病予防法 ( 農水省 ) - 狂犬病予防法 ( 厚労省 ) - 口蹄疫対策特別措置法 - Category:畜産関連法規 国際獣疫事務局 リスト疾病 複数種 炭疽[ja.wikipedia.org]

  • 炭疽症

    皮膚炭疽による黒いかさぶた 目次 1 炭疽の種類 2 予防と治療 2.1 予防 2.2 治療 3 病原診断 4 炭疽菌の特徴 5 生物兵器 6 ヒト以外の動物における炭疽 7 関連項目 8 外部リンク 炭疽の種類 [ 編集 ] 肺炭疽 皮膚炭疽 炭疽菌が 顔 、 首 、 手 などの 皮膚 の小さな傷から侵入すると、1 - 7日後[ja.wikipedia.org] 生物兵器 炭疽( ) 大量同時殺人を行う生物兵器として使用される可能性の高いのは炭疽、天然痘、ペスト、ボツリヌスなどがあります。前の2種は空気中での拡散に適しており、広範囲に犠牲者を出す可能性があります。現在、世界を恐怖に陥れている炭疽について述べます。 炭疽の潜伏期間は1 7日ですが60日間に及ぶこともあります。[niihama-med.or.jp] 未治療での致死率は90%以上 腸炭疽 炭疽菌が食物とともに 口 から入ると、頸部の リンパ節 炎、 腹水貯留 、 高熱 、 吐血 、 腹痛 、激しい 下痢 ( 膿や血が混じる )がおこる。[ja.wikipedia.org]

  • 抗リン脂質抗体症候群

    抗リン脂質抗体症候群 (こうりんししつこうたいしょうこうぐん、 Anti-phospholipid antibody syndrome ; APS )は 自己免疫疾患 のひとつ。 自己抗体 ができることによって、全身の血液が固まりやすくなり、 動脈 塞栓 ・ 静脈 塞栓を繰り返す疾患である。特に習慣性流産や若年者に発症する 脳梗塞 の原因として重要である。 特定疾患 のひとつであるが、これだけでは公費対象ではない。 歴史 [ 編集 ] 抗リン脂質抗体症候群は、1983年、Harrisらによって報告された疾患概念である。第一例目は 全身性エリテマトーデス (SLE)に合併する疾患として報告された。[…][ja.wikipedia.org]

  • 鼻疽菌による鼻疽

    重症熱性血小板減少症候群 (病原体がフレボウイルス属SFTSウイルスであるものに限る) 腎症候性出血熱 西部ウマ脳炎 ダニ媒介脳炎 炭疽 チクングニア熱 つつが虫病 デング熱 東部ウマ脳炎 鳥インフルエンザ (鳥インフルエンザ(H5N1及びH7N9)を除く) ニパウイルス感染 日本紅斑熱 日本脳炎 ハンタウイルス Bウイルス病 鼻疽 ブルセラ[ja.wikipedia.org] 家畜商 - 屠畜場 / 化製場 - 保健所 - 農業共済組合 / 農業災害補償制度 協定・法律等 SPS協定( 世界貿易機関 ) - OIEコード( 国際獣疫事務局 ) - 家畜伝染病予防法 ( 農水省 ) - 狂犬病予防法 ( 厚労省 ) - 口蹄疫対策特別措置法 - Category:畜産関連法規 国際獣疫事務局 リスト疾病 複数種 炭疽[ja.wikipedia.org] - イエローヘッド病 - バキュロウイルス・ペナエイによる感染症 - モノドン型バキュロウイルスによる感染症 - 伝染性皮下造血器壊死症 - ザリガニ病 その他 ラクダ痘 - リーシュマニア症 家畜伝染病予防法 上の 監視伝染病 法定伝染病 牛疫 - 牛肺疫 - 口蹄疫 - 日本脳炎 - 狂犬病 - 水胞性口炎 - リフトバレー熱 - 炭疽[ja.wikipedia.org]

  • 上気道感染症

    炭疽;悪心、嘔吐、腹痛、血便などの腸感染症状(出血性腸炎)を起こす。咽頭部感染では咽頭炎、嚥下性障害、発熱、頸部リンパ節腫脹がみられる。 肺炭疽;インフルエンザ様症状からリンパ節腫脹、縦隔炎から急激な呼吸困難、チアノーゼ、意識障害、昏睡をきたし、死に至る。髄膜炎もみられる場合がある。[biseibutu.co.jp]

  • 急性膀胱炎

    、ブルセラ、ペスト、野兎病、肺結核及びその他の結核症、Q熱 用法・用量 通常、成人にはレボフロキサシンとして1回500 を1日1回経口投与する。[gohongi-clinic.com] む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、炭疽[gohongi-clinic.com]

  • 鼻疽

    重症熱性血小板減少症候群 (病原体がフレボウイルス属SFTSウイルスであるものに限る) 腎症候性出血熱 西部ウマ脳炎 ダニ媒介脳炎 炭疽 チクングニア熱 つつが虫病 デング熱 東部ウマ脳炎 鳥インフルエンザ (鳥インフルエンザ(H5N1及びH7N9)を除く) ニパウイルス感染 日本紅斑熱 日本脳炎 ハンタウイルス Bウイルス病 鼻疽 ブルセラ[ja.wikipedia.org] 家畜商 - 屠畜場 / 化製場 - 保健所 - 農業共済組合 / 農業災害補償制度 協定・法律等 SPS協定( 世界貿易機関 ) - OIEコード( 国際獣疫事務局 ) - 家畜伝染病予防法 ( 農水省 ) - 狂犬病予防法 ( 厚労省 ) - 口蹄疫対策特別措置法 - Category:畜産関連法規 国際獣疫事務局 リスト疾病 複数種 炭疽[ja.wikipedia.org] - イエローヘッド病 - バキュロウイルス・ペナエイによる感染症 - モノドン型バキュロウイルスによる感染症 - 伝染性皮下造血器壊死症 - ザリガニ病 その他 ラクダ痘 - リーシュマニア症 家畜伝染病予防法 上の 監視伝染病 法定伝染病 牛疫 - 牛肺疫 - 口蹄疫 - 日本脳炎 - 狂犬病 - 水胞性口炎 - リフトバレー熱 - 炭疽[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚感染症

    鑑別診断 皮膚炭疽は火傷の初期病変、類丹毒、潰瘍、梅毒性下疳などと、腸炭疽は腸管感染と、口咽頭部の病変はレサ球菌性咽頭炎や咽頭の腫瘍などと、肺炭疽の初期症状はインフルエンザ様。 治療 ペニシリンなどの抗生剤を感染初期に大量投与。その他、クロラムフェニコール、エリスロマイシン、テトラサイクリン、 ゲンタマイシンなど。[kobe-med.or.jp] 炭疽(anthrax)ってどんな病気? 炭疽炭疽菌 によっておこる疾病であり、全世界に存在する人獣共通感染です。国内の動物の発生は、ほとんどがウシで、感染の機会は農業従事者、獣医師、動物産品処理従事者などにみられます。[kenkou.pref.mie.jp] およそ80%の患者では痂皮の形成後7 10日で治癒するが、20%では感染はリンパ節および血液へと進展し(菌血)、その後、敗血症となり致死的である。 2)肺炭疽 上部気道の感染で始まる初期段階はインフルエンザ等のウイルス性呼吸器感染や軽度の気管支肺炎に酷似しており、軽度の発熱、倦怠感、筋肉痛等を訴える。[kenkou.pref.mie.jp]

  • 歯齦炎

    アメーバ赤痢、細菌性赤痢、疫痢、トラコーマ、歯肉炎、歯齦炎、リンパ節炎、炭疽、脾脱疽、発疹熱、歯髄炎、トリコモナス膣炎、乳幼児下痢、眼瞼炎、角膜潰瘍[fpmaj-saihyoka.com] アメーバ赤痢、細菌性赤痢、疫痢、トラコーマ、歯肉炎、歯齦炎、リンパ節炎、炭疽、脾脱疽、発疹熱、歯髄炎、トリコモナス膣炎、乳幼児下痢、眼瞼炎、角膜潰瘍 (筋注) (1)有効であることが実証されているもの 原発性非定型肺炎、鼠径リンパ肉芽腫、発疹チフス、つつが虫病 (2)有効であることが推定できるもの 丹毒、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、[fpmaj-saihyoka.com] のう胆管炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、乳様突起炎、淋疾、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎、子宮内感染、軟性下疳、ガス壊疽、ワイル病、野兎病、百日咳、歯槽膿瘍、歯槽骨炎、脳膿瘍、急性涙のう炎 (3)有効と判定する根拠がないもの 口内膿瘍、結膜炎、大腸炎、潰瘍性大腸炎、創傷及び火傷感染症、髄膜炎、腹膜炎、細菌性心内膜炎、敗血症、耳下腺炎、梅毒、放線菌[fpmaj-saihyoka.com]

さらなる症状