Create issue ticket

考えれる23県の原因 炎症性細胞侵入がほとんどない

  • 旅行者下痢

    EIECは、重症な大腸炎を起こすことで知られる赤痢菌によく似た性質をもち、赤痢菌と同じように大腸の上皮細胞の中に侵入し、増殖しながら周囲の細胞にも広がり、大腸や直腸に潰瘍(かいよう)炎症を起こします。 EIECは、乳幼児に感染することはまれです。また、その発生は散発的なことがほとんどですが、過去には大きな集団例も発生しています。[pref.aichi.jp]

  • 幼児の下痢

    EIECは、重症な大腸炎を起こすことで知られる赤痢菌によく似た性質をもち、赤痢菌と同じように大腸の上皮細胞の中に侵入し、増殖しながら周囲の細胞にも広がり、大腸や直腸に潰瘍(かいよう)炎症を起こします。 EIECは、乳幼児に感染することはまれです。また、その発生は散発的なことがほとんどですが、過去には大きな集団例も発生しています。[pref.aichi.jp]

  • 大葉性肺炎

    […] memo1 炎症 病原微生物の侵入などによって細胞や組織が傷害されたときに、生体を守ろうとして起こる生体防御反応。 炎症サイトカイン が産生される。発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能障害が炎症反応のおもな症状である。 図1 呼吸器感染症の分類 肺炎はどのように分類されるの? 肺炎には、いくつもの分類があります。[kango-roo.com]

  • 糖尿病性白内障

    原因は様々ですが、網膜や脈絡膜に炎症が起こり血管から炎症細胞やたんぱく質が硝子体に侵入してしまいます。これによって硝子体が混濁し、飛蚊症や目のかすみや視力低下が起こります。最初は目薬や飲み薬により混濁を抑える治療が行われますが、軽減しなかったり網膜剥離などを併発したときには硝子体手術が必要になります。[urawachuo-ganka.com]

  • 白内障

    原因は様々ですが、網膜や脈絡膜に炎症が起こり血管から炎症細胞やたんぱく質が硝子体に侵入してしまいます。これによって硝子体が混濁し、飛蚊症や目のかすみや視力低下が起こります。最初は目薬や飲み薬により混濁を抑える治療が行われますが、軽減しなかったり網膜剥離などを併発したときには硝子体手術が必要になります。[kumagayachuo-ganka.com]

  • 細菌性肺炎

    肺炎では肺胞にまで微生物が侵入し、それに対して体の防御機構がはたらき、炎症細胞や滲出液(しんしゅつえき)が肺胞内に満たされた状態になります。 【原因は何か】 肺胞にまで細菌が到達する経路は気道を通って侵入する(経気道感染)場合がほとんどです。まれに血液の循環を介して肺胞に到達し、肺炎を起こす場合があります(血行性感染)。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • ラフォラ病

    マクロファージによる髄鞘破壊 ギラン・バレー症候群 と 慢性炎症脱髄性ニューロパチー で特徴的に認められる。マクロファージがシュワン細胞の基底膜内に侵入し、髄鞘のintraperiod line(シュワン細胞の細胞膜外側どうしが癒合して生じた膜)を分離し分解していく。前段階として特異な抗体や補体の髄鞘への接着が想定される。[ja.wikipedia.org]

  • サルモネラ感染症

    サルモネラは、経口感染して腸管に達した後、小腸粘膜上皮細胞やM細胞を使って組織に侵入する。腸管上皮細胞内に取り込まれた菌は炎症サイトカインの産生を誘発して炎症を惹起する。その後、直下のマクロファージに貪食されるが、各種の殺菌機構に抵抗して食細胞内で一次増殖する。[pf.chiba-u.jp]

  • 大円形細胞性星細胞腫

    マクロファージによる髄鞘破壊 ギラン・バレー症候群 と 慢性炎症脱髄性ニューロパチー で特徴的に認められる。マクロファージがシュワン細胞の基底膜内に侵入し、髄鞘のintraperiod line(シュワン細胞の細胞膜外側どうしが癒合して生じた膜)を分離し分解していく。前段階として特異な抗体や補体の髄鞘への接着が想定される。[ja.wikipedia.org]

  • 急性眼内炎

    原因は様々ですが、網膜や脈絡膜に炎症が起こり血管から炎症細胞やたんぱく質が硝子体に侵入してしまいます。これによって硝子体が混濁し、飛蚊症や目のかすみや視力低下が起こります。最初は目薬や飲み薬により混濁を抑える治療が行われますが、軽減しなかったり網膜剥離などを併発したときには硝子体手術が必要になります。[yoriichuo-ganka.com]

さらなる症状