Create issue ticket

考えれる577県の原因 激しい下痢

  • 急性アンフェタミン中毒

    離脱症状は、筋肉や関節に激痛が走り、悪寒や下痢に見舞われるなど激しいもので、短期間の使用でも現われる。 LSD LSD(リゼルギン酸)は強い幻覚作用があり、急性精神毒性は非常に高い。「アシッド」「マイクロドット」の名で呼ばれることもあり、ミシン目を入れた切り取り式の紙に吸い取らせたものから、錠剤、カプセルなど形態はさまざま。[ask.or.jp] (おそらく数日にわたる)狂騒(binge)の末に消耗症候群に至るが,興奮期の後で激しく疲労し睡眠を必要とするようになる。 中毒または過剰摂取 頻脈,不整脈,胸痛,高血圧,めまい,悪心,嘔吐,および下痢が起こることがある。中枢神経系への影響には急性せん妄と中毒性精神病がある。[msdmanuals.com] その痛みは、骨がばらばらになって飛び散るかと思うほどで、激しい悪寒が襲ってきます。皮膚には鳥肌がたち、震えが起こり、そのうえ下痢を繰り返す、というのも特徴です。この症状が続くと、意識も定まらず朦朧とした状態になってきます。 さらに耐性によって量が増えると、末期的な禁断症状が起こり始めます。[city.minami-alps.yamanashi.jp]

  • 乳糖不耐症

    特に、激しい下痢を起こす症状を「乳糖不耐症」といいます。 ・乳幼児期は乳糖分解酵素の働きが活発なのですが、大人になるにつれて弱くなる人がいます。 ・乳糖は乳糖分解酵素により、小腸でぶどう糖(グルコース)とガラクトースに分解され、そこで吸収されてエネルギー源として役立ちます。[ryudoshoku.org]

  • 急性胃腸炎

    便はクリーム色,豆腐かすのような白色,うすい緑色(草色)になります.下痢は水様で,1日10回以上になることがあり,7-10日間続きます.嘔吐が激しく下痢は頻回で,容易に脱水になってしまいます.飲食ができずにアセトン血性嘔吐症(いわゆる自家中毒)になることがあります.多くは点滴または入院が必要になります.まれに痙攣を起こすことがあります.ロタウイルス[zousantsushin.jp] 急性胃腸炎にかかると、激しい下痢やおう吐などで急速に体力が奪われます。ご病気をお持ちの方は、感染予防の徹底と、罹った祭には重症化を防ぐため、早めの対処が必要です。[himawari-cl.net] 家庭で治療できることが多いのですが、嘔吐のために水分摂取(せっしゅ)ができなかったり、激しい下痢で脱水(だっすい)(水分の喪失)が激しいときは入院治療の必要があります。 口から飲める場合は、お茶や湯冷ましなどを、少量ずつ十分に与えます。スポーツドリンクなどは塩分が含まれており、塩分摂取量が過剰になる可能性があります。[kotobank.jp]

  • クロストリジウム・ディフィシル

    毒素の作用によって腸管粘膜に障害を起こし、軽症では軟便、重症では激しい下痢、腹痛、高熱を伴います。 健康な成人の5 10%や小児の半数が無症候性保菌者といわれ、高齢者や長期入院患者、抗癌剤投与中の患者などでの院内感染の原因菌として大きな問題となっています。 C.difficile の検査法には、細菌培養検査と抗原検査があります。[crc-group.co.jp] さらに、感染の拡大を防ぐためには、既に感染して激しい下痢症状を示す患者の一時的な隔離を行います。医療スタッフの手指を介する伝播防止には、流水での洗浄と、使い捨て手袋の適切な使用が望まれます。[bdj.co.jp] クロストリジウム・ディフィシルは、院内感染原因菌の一つで、健康な人に対しての病原性は低い菌ですが、他の感染症の治療のために使用した抗菌薬により正常な腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)が乱れた時などに激しい下痢等を引き起こすため、病院内での感染管理が重要となる細菌です。[pref.aichi.jp]

  • 偽膜性大腸炎

    毒素の作用によって腸管粘膜に障害を起こし、軽症では軟便、重症では激しい下痢、腹痛、高熱を伴います。 健康な成人の5 10%や小児の半数が無症候性保菌者といわれ、高齢者や長期入院患者、抗癌剤投与中の患者などでの院内感染の原因菌として大きな問題となっています。 C.difficile の検査法には、細菌培養検査と抗原検査があります。[crc-group.co.jp] 大腸憩室:腸 壁の筋の弱い 所が凹んでい ます 4.薬剤性腸炎 A.偽膜(ぎまく)性腸炎 抗生物質の治療を長く受けた人で、腸内にクロストリジウム・ディフィシルという菌が繁殖し毒素を産生し、激しい下痢が持続します。主に高齢の人や元々病気がちの人に発症します。治療はそれまで続けていた抗生物質を中止し、この菌に有効な抗生剤を投与します。[michinoku.ne.jp] 臨床でよく経験することに, Clostridium difficile 感染症による偽膜性腸炎があります.抗菌薬治療により正常な腸管内細菌叢が破壊され,本来弱毒であるはずの C.difficile が粘膜表面に芽胞(偽膜)を形成し毒素を産生,激しい下痢症状を引き起こします.[yodosha.co.jp]

  • サルモネラ食中毒

    たとえば、小児では比較的少ない菌量でも発症し、場合によっては激しい下痢、強い腹痛、血便などの重い症状を示すこともあります。また、小児に限らず敗血症(はいけつしょう)などを起こして死亡することもあります。 【治療の方法】 感染初期や軽症の場合は、整腸剤や補液による対症療法を行います。しかし、重症化した場合は抗菌薬投与による治療を行います。[yomidr.yomiuri.co.jp] 主な症状 悪心及び嘔吐、発熱、その後激しい腹痛及び下痢激しい下痢になった場合は脱水症状を引き起こし重症となることがあります。老人や乳幼児、免疫が弱まっている人は要注意です。 潜伏期間[lionhygiene.co.jp] 潜伏期間 4 48時間 主な症状 悪心及び嘔吐ではじまり、その後38 前後まで発熱し、数時間後に激しい腹痛及び下痢がおこります。軽い症状の場合は特別な治療なしに回復することがありますが、激しい下痢等になった場合は脱水症状などを引き起こし重症となることがあります。老人や乳幼児、免疫が弱まった人などは要注意です。[city.kawasaki.jp]

  • サルモネラ感染症

    しかし、激しい下痢によるひどい脱水のため、入院治療が必要となる場合もあります。敗血症となり、抗生物質で強力に治療しないと死亡の可能性がでてしまうような場合もあります。老人、乳幼児、免疫が弱まった人は、重症となりやすいです。[city.yokohama.lg.jp] たいていの人が何の治療もしなくても回復しますが、なかには激しい下痢のために入院が必要となるケースもあります。このような場合、腸から血液やその他の部位に感染が広がることがあるので、抗生物質による迅速な治療がおこなわれないと死の転帰をとることがあります。[ny.us.emb-japan.go.jp] 高熱、腹痛、血便を伴う下痢が続くと、小児の場合は消耗も激しく、しばしば入院での観察・治療が必要になります。下痢止め薬は排菌を遅延させる可能性があるため、使用しません。 予防法 :病原性大腸菌の項と同様です。調理者の手洗い、調理器具の洗浄、食品の加熱が重要です。(中心部が 75 、 1 分以上など、食中毒予防の各種ガイドラインに従う)。[genki-kitakyu-ped.com]

  • ヨウ素中毒

    中毒症状 経口の場合 中毒症状は主として胃腸症状である 口中金属性味覚、口腔・咽頭・食道の灼熱感(粘膜の褐色化) 反射性嘔吐と激しい胃腸炎、口渇、血性下痢、腹痛、下血 発熱、頭痛、めまい、精神錯乱、せん妄、昏迷 声門浮腫、吸引性肺炎、肺浮腫、喉頭浮腫による呼吸困難、窒息 血圧低下、頻脈、チアノーゼ、ショック、虚脱、麻痺 腎障害(蛋白尿、乏尿[kenei-pharm.com] 次亜塩素酸ナトリウム 幼小児経口致死量 15 30mL(5%液) マウス(経口) LD 50 5mL/ (4 6%液) 消化器系: 口腔 消化管粘膜の腐食・激しい痛み・灼熱感,食道狭窄,悪心・嘔吐,下痢,腹痛 呼吸器系: 気道内への吸引による喘音を伴う咽頭・声門・喉頭の浮腫 吸入では鼻や気管支などの粘膜刺激,息苦しさ,咳,呼吸困難 強アルカリ[fpa.or.jp]

  • 下痢

    ノロウイルスに感染すると、激しい下痢や嘔吐が1〜2日程度続くため、仕事や家庭生活に大きな支障をきたします。また症状がなくても感染が分かれば、食品工場で働く方や保育園、介護施設の調理師、学校給食の調理員の方は、何週間も仕事に就けなくなるため、働く方やその家族にとっても深刻な事態となります。[kankyomirai.co.jp] 激しい下痢、高熱、おう吐がある便に血や粘液が混じる  食中毒 細菌がついた食品でおこる胃腸炎。細菌の種類によって、症状や程度が違います。おう吐を繰り返し、激しい下痢があるときはすぐに病院へ。[mcfh.or.jp] プチメモ 下痢で怖いのは、脱水症状 下痢は体の防御反応ですが、下痢による脱水には気をつけなくてはいけません。 激しい下痢が続き、体重が5%以上の減少をともなう脱水は重症です。 尿の色が濃くなって、量が減ってくるようなら腎不全にも至ります。 さらにこの状態が進むようなら、脈拍も速くなり血圧が低下し、ショック状態も起こしかねません。[takeda-kenko.jp]

  • 寄生虫病

    イヌでは稀に激しい下痢を起こす。 検便で赤痢アメーバを検出する(ルゴール染色、エオジン染色)。腸外型は血清アメーバ抗体で検査。 メトロニダゾールなどを投与する。放置すると慢性化し再発しやすくなる。 飲食物の加熱や手洗いの励行、適切な糞便処理が予防に有効である。また、シスト排泄者との接触に注意する必要もある。ワクチンは存在しない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状