Create issue ticket

考えれる958県の原因 潰瘍性大腸炎

  • 急性胃腸炎

    発熱は一過で、1-2日で解熱することが多いようです。血便も比較的多くみられますが、この場合潰瘍大腸などの非感染性腸炎との鑑別が必要です。 通常は特別な治療は必要なく2-3日で軽快することが多いのですが、乳幼児、高齢者および体力の弱っている場合では抗菌薬投与が必要なこともあります。[ogata-ichouka.com] 肺炎:咳、呼吸が早い、脈が早い 尿路感染症:排尿痛、排尿障害 髄膜:持続の嘔吐、意識レベルの変化、大泉門の膨隆、項部硬直 急性中耳:耳痛、鼓膜発赤 薬物中毒:病歴、発疹など 潰瘍大腸・クローン病:2週間以上持続する下痢・血便、成長障害、体重減少 腸閉塞・腸重積・虫垂炎:胆汁様嘔吐(黄緑 黄色)、ひどい腹痛、局在化した腹痛、血便、腹部膨満[ohisama.cute.coocan.jp] 2.虚血大腸(きょけつせいだいちょうえん) 虚血大腸は、「大腸への血流が阻害されることで、炎症・潰瘍(かいよう)が生じた状態」です。酸素・栄養が十分に届かなくなり、大腸の粘膜が弱ることが原因です。動脈硬化で血管が狭くなった場合のほか、便秘で腸内圧力が上昇した場合も虚血性大腸炎を発症することがあります。[fdoc.jp]

  • イレウス

    抄録 症例は56歳の男性.潰瘍大腸(UC)に対して5-アミノサリチル酸製剤,プレドニゾロン,白血球除去療法,アザチオプリンにて治療するも寛解導入できず,当院を紹介され入院となった.Rachmilewits Clinical Activety Indexは9点であり,重症度は中等症であった.タクロリムス(Tac)を導入するも,数日後に心窩部痛[doi.org]

  • 糖尿病性腸疾患

    出典 [ 編集 ] 潰瘍大腸 難病情報センター 脚注 [ 編集 ] 松永藤雄、瘍大腸 日本内科学会雑誌 Vol.47 (1958-1959) No.4 P295-322, doi : 10.2169/naika.47.295 a b 潰瘍大腸 難病情報センター まれではない潰瘍大腸、増える中高年での初発例 日経メディカルオンライン[ja.wikipedia.org] 潰瘍大腸は10代後半から20台によく発症する疾患です。 診察でよく聞かれるこの「潰瘍大腸と妊娠」に関する質問については、医学的な結論が既に出ておりますが、実際に患者さんを目の前にしたとき、自信が揺らぐ現実もあるのではないでしょうか?患者さんが自分の判断で薬を中止してしまうケースもあり、問題視されています。[mizuki-naika.com] とは、原因が特定されていない慢性非特異であり、潰瘍大腸とクローン病の総称です。 潰瘍 大腸 ( u lcerative c olitis 頭文字をとって「 UC (ユーシー)」という略称も使われます。) 潰瘍大腸は、大腸の粘膜に炎症が起こり、潰瘍ができる炎症腸疾患(IBD)です。[takano-hospital.jp]

  • 大腸炎

    大腸ポリープ、大腸癌、大腸、直腸、過敏腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍大腸(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫症、腸炎、大腸憩室症、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org] 胃炎、慢性胃炎、胃腸炎、胃下垂、胃アトニ―、消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)、胃静脈瘤、胃癌、悪性リンパ腫、消化管間質腫瘍(GIST)、胃前庭部血管拡張症(GAVE)、アニサキス症、機能胃腸症(Functional dyspepsia)。 カルチノイド、腸結核、上腸間膜動脈閉塞症。[ja.wikipedia.org]

  • 感染性大腸炎

    遺伝的な要因といっても実際に両親が潰瘍大腸であっても、多くの場合お子さんは潰瘍大腸にはなりません。 日本における潰瘍大腸の患者数は年々増加していると報告されており、現在約15万人以上の患者さんがいると推定されています。慶應義塾大学病院では2015年現在約1,700名の患者さんが定期的に通院しています。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 【参考文献】 ※1 潰瘍大腸外科治療指針 難病情報センター-潰瘍大腸 ※2 潰瘍大腸外科治療指針 難病情報センター-潰瘍大腸 あなたのスマホが、お薬手帳に![epark.jp] 潰瘍大腸」について、「潰瘍大腸の薬物療法」について 【「潰瘍大腸」について】 潰瘍大腸大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる病気です。クローン病とともに、炎症腸疾患と呼ばれています。下痢、粘血便、腹痛で発症することが多く、重症になると発熱、体重減少を伴うこともあります。[nho-kumamoto.jp]

  • 血管炎

    ホーム 新着文献 メサラジンによる多発血管肉芽腫症 薬剤 メサラジン 消化器官用薬 副作用 多発血管肉芽腫症 概要 22歳、男性。潰瘍大腸の診断の下、メサラジンの投与を受けた。1ヵ月後より乾性咳嗽が出現した。CTにて両側の多発性結節影、空洞病変を認め、PR3‐ANCA陽性であり、多発血管炎性肉芽腫症(GPA)と診断した。[imic.or.jp] 自己免疫性疾患 [ 編集 ] また最近では、病態としてこれら疾患の発症には免疫が関与していることが判明しており「 自己免疫疾患 」(autoimmune disorders) という概念が確立され、膠原病だけでなく クローン病 や 潰瘍大腸 等といった幅広い疾患を含んだ概念が確立してきた。[ja.wikipedia.org] プレドニゾロンを漸減した際の大腸内視鏡検査で粘膜の易出血があり、潰瘍大腸の悪化を懸念し、メサラジンを再開した。その5日後に胸部異常陰影を伴い咳嗽が出現し、PR3‐ANCA値が再上昇した。メサラジンを中止し、プレドニゾロンを増量したところ咳嗽は改善した。[imic.or.jp]

  • クローン病

    潰瘍大腸・クローン病について? y-ishida 2017-07-14T17:04:12 00:00 潰瘍大腸・クローン病について 潰瘍大腸、クローン病は 完治しにくいため、一生付き合っていかなければならない病気 です。[ishidaibd.com] 炎症腸疾患(Inflammatory Bowel Disease; 略してIBD)とは、潰瘍大腸とクローン病を指します。2015年の時点で日本に潰瘍大腸の患者さんが約22万人、クローン病の患者さんが約7万人おられます。比較的まれな病気ですが年々増加しており、ゆくゆくは欧米並みに増えるだろうと言われています。[kic-clinic.jp] 潰瘍大腸、クローン病両方とも若い方に発症することが多い病気です。潰瘍大腸では20代を中心に幅広い年代で発症しているのに対し、クローン病では10代後半から20代前半に集中している点が特徴です。[mitsuihosp-recruit.com]

  • 胃疾患

    ・胃疾患・・・・・・ 胃炎・胃十二指腸潰瘍・胃がん ・肝胆膵疾患・・・・ 胆のう・胆石症・膵がん・肝炎・肝がん ・大腸疾患・・・・・・ 急性腸潰瘍大腸・クローン病・大腸ポリープ・大腸がん ・肛門疾患・・・・・・ 痔核・痔ろう ・その他・・・・・・・ 鼠径ヘルニア・乳がん・甲状腺疾患 検査 内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)、超音波検査[hakujyuji.jp] 大腸疾患を分類するとすれば、大腸癌などの腫瘍疾患と多様な炎症疾患に分けられますが、当院でも感染潰瘍大腸、クローン病、腸結核などの対象疾患も近年増えてきています。 肝疾患ではB型肝炎、C型肝炎、肝硬変、肝癌が、胆疾患では急性胆嚢炎、胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢癌が中心となります。[showa-ddc.com] 大腸 大腸の病気は多く、便秘、下痢、腹痛、お腹がはった感じ、血便その他多くの症状がみられます。 大腸がん、憩室症、潰瘍大腸、腸炎や過敏性大腸症候群など外科的処置が必要な疾患、長期におよぶ疾患、家庭での予防や食事指導が大切な疾患などさまざまです。 検診で便潜血反応が陽性であったりすると大腸の検査をした方がいいと考えます。[ichinona-clinic.or.jp]

  • 下痢

    【参考文献】 ※1 潰瘍大腸外科治療指針 難病情報センター-潰瘍大腸 ※2 潰瘍大腸外科治療指針 難病情報センター-潰瘍大腸 あなたのスマホが、お薬手帳に![epark.jp] (IBS) 腸自体の炎症や腫瘍(クローン病、潰瘍大腸等)などの器質的な疾患 どれにも該当しない このページをシェア:[seirogan.co.jp] そのような医学的状態には、甲状腺機能亢進症、ゾリンジャー-エリソン症候群(腫瘍により胃酸が過剰に分泌される病気)、胃や小腸や大腸の部分切除、腸の一部のバイパス手術、炎症腸疾患(潰瘍大腸など)、マグネシウムを含む制酸薬、下剤、プロスタグランジン、セロトニン、カフェインなどの薬の使用が含まれます。[msdmanuals.com]

  • 大腸憩室炎

    2.潰瘍大腸 潰瘍大腸とは、「主として粘膜を 侵し、しばしばビランや潰瘍を形成する原因不明の大腸 のびまん非特異性炎症」と定義されています。 はじまりは必ず直腸に発症し、病変部が上行性に広がり 大腸全体が侵される場合もあります。 しかし、大腸を越えて小腸まで病変が及ぶことはまずありません。[chikubageka.jp] 〇はじめに 救急外来を受診する下部消化管出血の原因疾患として頻度の高いのは、出血、虚血大腸憩室出血、出血直腸潰瘍、痔出血などです。今回は大腸憩室出血と虚血について述べます。[coloproctology.gr.jp] 3.診断 腹痛を伴う鮮血下痢を認め、大腸内視鏡検査で粘膜面の発赤、浮腫、出血、さらには多発のびらん、潰瘍等を認めれば本疾患が考えられます。類似の症状を呈する疾患として潰瘍大腸、感染性腸炎、薬剤性腸炎などとの鑑別診断が必要です。[coloproctology.gr.jp]

さらなる症状

類似した症状