Create issue ticket

考えれる10県の原因 演技性パーソナリティ障害

  • パニック発作
  • パーソナリティ障害

    301.50 演技パーソナリティ障害 Histrionic personality disorder 自己顕示性が強く、その時に演じている役柄に影響され、大胆に振る舞う。[ja.wikipedia.org] 障害 (反社会的で衝動的、向こうみずの行動が特徴) 演技パーソナリティ障害 (他者の注目を集める派手な外見や演技的行動が特徴) C群 (不安で内向的であることが特徴) 依存パーソナリティ障害 (他者への過度の依存、孤独に耐えられないことが特徴) 強迫性パーソナリティ障害 (融通性がなく、一定の秩序を保つことへの固執(こだわり)が特徴)[mhlw.go.jp] 神経症のパーソナリティ障害患者の12年間の変化を調査したSeivewright, H.らの研究 [24] では、その期間の中で同じタイプにとどまっている率が低いことが報告されている(境界パーソナリティ障害患者が、それが含まれる演技的・感情的で移り気なB群クラスターにとどまっている率でさえわずか30%であった)。[bsd.neuroinf.jp]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • ミュンヒハウゼン症候群

    マーク・D・フェルドマン チャールズ・V・フォード『病気志願者:「死ぬほど」病気になりたがる人たち』沢木昇訳、原書房、1998年 ミュンヒハウゼン男爵 代理ミュンヒハウゼン症候群 秋田児童連続殺害事件 精神障害 パーソナリティ障害 虚偽障害 演技パーソナリティ障害 境界例 詐病 共依存 ヒステリー Factitious disorder[ja.wikipedia.org]

  • 混合性不安抑うつ状態
  • 急性不安
  • 境界性人格障害

    元々同一の概念から誕生した経緯もあり、境界パーソナリティ障害と他のパーソナリティ障害は重複する部分も多い。特にパーソナリティ障害クラスターB群(自己愛、反社会性、演技)や、スキゾイドパーソナリティ障害などとは重なりあう部分も多く、今後の研究によって、診断基準自体が大幅に変化することもあるだろう。[ja.wikipedia.org] スキゾイドパーソナリティ障害 BPDの感情の平坦さは抑うつとともに現れる状態様であるが、スキゾイドパーソナリティ障害の感情の平坦さは性格的なもので恒常がある。薬物の乱用率も低い。 演技パーソナリティ障害 演技パーソナリティ障害の方が、全体的な機能水準が高く、対人関係や自己像の安定性が高い。自己破壊的な行為はあまりない。[ja.wikipedia.org] 境界性パーソナリティ障害と自己愛性パーソナリティ障害の連続性については多くの指摘がなされている。精神病と神経症の境界領域にある疾患群の総称が境界例であり、神経症側に近いものが自己愛性パーソナリティ障害、他方の極に近いものが境界性パーソナリティ障害であるとマスターソン、リンズレーは指摘している。[ja.wikipedia.org]

  • 強迫性障害

    その他、cluster Aパーソナリティー障害では、統合失調型 (schizotypal PD; SPD)が5-19%と比較的高率で、cluster Bパーソナリティー障害では、演技(5-20%)、境界性( 0-19%)などを高率に認める [4] [12] [13] 。[bsd.neuroinf.jp] しかしOCD患者でパーソナリティー障害を評価する場合、OCD自体や併存する抑うつ、不安状態などによる日常生活上の機能的問題が、人格的病理と混同される場合がしばしばあり、発症や治療前後の人格的変化を注意深く評価する必要がある。 病因、病態仮説 病因 OCDでは、その原因や発症に関わる特異的な要因は、未だ特定されていない。[bsd.neuroinf.jp]

  • 双極性障害

    士気低下 (Demoralization) による行動化によりBPDと診断されている可能もある。また双極障害の患者の約30%がBPDを合併しているとされ、パーソナリティ障害の合併率としては最も多く、次いで演技、反社会性、自己愛性パーソナリティ障害と続く。[ja.wikipedia.org]

  • 演技性パーソナリティ障害

    演技パーソナリティ障害(えんぎせいパーソナリティしょうがい、英語: histrionic personality disorder、HPD)または演技人格障害は、演劇的あるいは性的誘惑による行動によって、自己に過剰に注目を引こうとする行動様式のために、対人関係が不安定になるといった機能的な障害を伴った状態である。[ja.wikipedia.org] 演技パーソナリティ障害と関連する精神疾患にプソイドロギア・ファンタスティカ、いわゆる虚言症がある。 虚言症では、自分を実際以上に見せるという願望にもとづき、虚言を話すことがある。願望による妄想を事実であるかのように語る。外見を良くするために化粧をするが、それと同じ感覚で外見を良くするために虚言を話す。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状