Create issue ticket

考えれる35県の原因 滑液嚢胞

  • 若年性関節リウマチ

    リウマチは大人だけの病気ではありません。こどもにもリウマチがあります。 私たちの長女は22歳ですが、若年性関節リウマチです。最近は若年性特発性関節炎と呼ばれています。 車いす生活です。 発症したのは生後11ケ月の時で、珍しい病気のため、当時住んでいた青森県の整形外科では診断できず、半年後に若年性関節リウマチを専門とする東京の小児科でやっと診断できました。 メトトレキセートを内服し始めて一時、関節炎は小康状態になりましたが、一歩も歩けなくなり、2ヶ月リハビリ入院し、やっと歩けるようになりましたが、結局、歩けなくなりました。[…][www2s.biglobe.ne.jp]

  • 多関節若年性特発性関節炎

    【はじめに】 若年性特発性関節炎(Juvenile idiopathic arthritis : JIA)は、小児期リウマチ性疾患の 中では最も頻度が高い慢性炎症性疾患の代表で ある。さらに、成長期にある小児期において確 実に身体的機能を障害し、「こころの発達」に も大きな影響を及ぼす難治性疾患である。その 頻度は、我が国では小児人口10 万人当たり10 15 人であり、欧米の頻度と変わりない 1) 。沖 縄県では、小児慢性特定疾患申請者数から推定 すると2005 年の調査では、約30 人の患者が存 在すると考えられた。近年、リウマチ学の発展 による治療の進歩が目覚ましく、成人の関節リ[…][okinawa.med.or.jp]

  • 全身型若年性特発性関節炎

    若年性特発性関節炎 10月21日(金) 13:10 14:20 第1会場 全身型若年性特発性関節炎におけるトシリズマブ投与下での病勢評価と予後予測指標としての血清IL-18値の臨床的有用性 10014 EX-03 若手優秀演題奨励賞候補演題 研究 10月21日(金) 14:20 15:10 第1会場 全身型若年性特発性関節炎に合併した上腕二頭筋嚢胞[praj26.umin.jp]

  • 破裂性ベーカー嚢胞

    その貯留物は内側腓腹筋滑液包と半腱様半膜様筋滑液包の炎症による滲出)です。 小児では稀で、年齢とともに頻度が増すと言われ、 全身の中で最も頻度の高い嚢胞 です。 関連記事) 【まとめ】関節の種類を図で解説!仕組みや機能も Baker嚢胞はどうしてなる?原因は?[medical-symptoms.net] ベーカー嚢腫(Baker’s cyst、膝窩嚢腫) とは、膝窩部の内側よりの嚢胞性病変で、腓腹筋内側頭腱下包と半膜様筋滑液包との間(gastrocnemio-semimembranous bursa)に交通が認められ、それらに浸出液が貯留して腫大したものをいいます。[sports-doctor93.com] 嚢胞(膝窩嚢胞[しっかのうほう])は、膝の裏側の関節包の延長部分に形成された関節)で満たされた小さな袋です。[ninchi-shou.com]

  • ガングリオン

    骨肉腫、軟骨肉腫、ユーイング肉腫と言われる骨腫瘍や、ガングリオン、類表皮嚢胞(粉瘤)や包炎、脂肪腫や血管腫などの軟部腫瘍があります。 骨腫瘍である骨肉腫は、特に10代 20代の若い人に発症しやすいです。にぶい痛みやはれが続くので、気になる場合はすぐに受診してください。[matsushita-seikei.com]

  • 腱炎

    筋肉、包、腱の病気 線維筋痛症 包炎 腱炎と腱鞘炎(腱鞘膜炎) ベーカー嚢胞 腱炎 とは、腱の炎症です。 腱鞘炎 (腱鞘滑膜炎)は、腱の周りを保護している被膜(腱鞘)の炎症を伴う腱炎です。 腱が痛み、特に動かすと痛みを伴い、ときには腫れることがあります。 通常、診断は症状と身体診察の結果に基づいて下されます。[msdmanuals.com]

  • 脂肪腫

    「軟部腫瘍 (四肢や躯幹に発生した“はれもの”“できもの”) 」 頻度 よくみられる非腫瘍性の腫瘤としては、 ガングリオン 、類表皮嚢胞(粉瘤)や包炎があり、また、腫瘍性の腫瘤としては脂肪腫や血管腫などがあります。いずれも良性の疾患です。[joa.or.jp] 3) 包炎 滑液包炎は主に膝関節の内側、前方や肘関節の後方に発生する腫瘤で可動時に若干の疼痛があり、これらは超音波で液体が確認されます。原因は刺激が加わり滑液包に液体が貯留します。 4) 脂肪腫 脂肪腫は軟らかい皮下にみられる腫瘍が大部分ですが、中には比較的硬い筋肉内の脂肪腫もあります。[joa.or.jp] 2) 類表皮嚢胞 類表皮嚢胞は新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が皮膚や皮下に溜まる嚢胞性病変です。感染すると傷はなかなか閉鎖しません。 MRI: 右大腿外側の皮下腫瘤で、類表皮嚢胞です。[joa.or.jp]

  • 平滑筋肉腫

    「軟部腫瘍 (四肢や躯幹に発生した“はれもの”“できもの”) 」 頻度 よくみられる非腫瘍性の腫瘤としては、 ガングリオン 、類表皮嚢胞(粉瘤)や包炎があり、また、腫瘍性の腫瘤としては脂肪腫や血管腫などがあります。いずれも良性の疾患です。[joa.or.jp] 3) 包炎 滑液包炎は主に膝関節の内側、前方や肘関節の後方に発生する腫瘤で可動時に若干の疼痛があり、これらは超音波で液体が確認されます。原因は刺激が加わり滑液包に液体が貯留します。 4) 脂肪腫 脂肪腫は軟らかい皮下にみられる腫瘍が大部分ですが、中には比較的硬い筋肉内の脂肪腫もあります。[joa.or.jp] 2) 類表皮嚢胞 類表皮嚢胞は新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が皮膚や皮下に溜まる嚢胞性病変です。感染すると傷はなかなか閉鎖しません。 MRI: 右大腿外側の皮下腫瘤で、類表皮嚢胞です。[joa.or.jp]

  • 線維肉腫

    「軟部腫瘍 (四肢や躯幹に発生した“はれもの”“できもの”) 」 頻度 よくみられる非腫瘍性の腫瘤としては、 ガングリオン 、類表皮嚢胞(粉瘤)や包炎があり、また、腫瘍性の腫瘤としては脂肪腫や血管腫などがあります。いずれも良性の疾患です。[joa.or.jp] 3) 包炎 滑液包炎は主に膝関節の内側、前方や肘関節の後方に発生する腫瘤で可動時に若干の疼痛があり、これらは超音波で液体が確認されます。原因は刺激が加わり滑液包に液体が貯留します。 4) 脂肪腫 脂肪腫は軟らかい皮下にみられる腫瘍が大部分ですが、中には比較的硬い筋肉内の脂肪腫もあります。[joa.or.jp] 2) 類表皮嚢胞 類表皮嚢胞は新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が皮膚や皮下に溜まる嚢胞性病変です。感染すると傷はなかなか閉鎖しません。 MRI: 右大腿外側の皮下腫瘤で、類表皮嚢胞です。[joa.or.jp]

  • 肘頭滑液包炎

    「軟部腫瘍 (四肢や躯幹に発生した“はれもの”“できもの”) 」 頻度 よくみられる非腫瘍性の腫瘤としては、 ガングリオン 、類表皮嚢胞(粉瘤)や包炎があり、また、腫瘍性の腫瘤としては脂肪腫や血管腫などがあります。いずれも良性の疾患です。[joa.or.jp] 3) 包炎 滑液包炎は主に膝関節の内側、前方や肘関節の後方に発生する腫瘤で可動時に若干の疼痛があり、これらは超音波で液体が確認されます。原因は刺激が加わり滑液包に液体が貯留します。 4) 脂肪腫 脂肪腫は軟らかい皮下にみられる腫瘍が大部分ですが、中には比較的硬い筋肉内の脂肪腫もあります。[joa.or.jp] 2) 類表皮嚢胞 類表皮嚢胞は新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が皮膚や皮下に溜まる嚢胞性病変です。感染すると傷はなかなか閉鎖しません。 MRI: 右大腿外側の皮下腫瘤で、類表皮嚢胞です。[joa.or.jp]

さらなる症状