Create issue ticket

考えれる6県の原因 滑液包炎

  • 関節炎

    との関連がしめされている。具体的には股関節痛では転子部や恥腸、坐骨結節部が関与する。腰痛では腰椎棘突起間が関与する。後頚部痛では頚椎棘突起間が関与する。肩関節周囲痛では肩峰下や三角筋下が関与する。[ja.wikipedia.org] またESR1時間値で100mm以上の場合は巨細胞性動脈や悪性腫瘍を疑う。超音波検査ではが確認できる。 治療プレドニン換算で12.5〜25mg/dayで治療開始する。症状を基準に調整し4〜8週間以内に10mg/dayで維持するのが目標である。10mg/day以下では再燃をすることが多く1ヶ月で1mgを目標にゆっくりと減量する。[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    超音波検査およびMRIの所見からは,おそらく軽度の軸性のおよびに由来することが示唆される。[msdmanuals.com] との関連がしめされている。具体的には股関節痛では転子部や恥腸、坐骨結節部が関与する。腰痛では腰椎棘突起間が関与する。後頚部痛では頚椎棘突起間が関与する。肩関節周囲痛では肩峰下や三角筋下が関与する。[ja.wikipedia.org] またESR1時間値で100mm以上の場合は巨細胞性動脈や悪性腫瘍を疑う。超音波検査ではが確認できる。 治療プレドニン換算で12.5〜25mg/dayで治療開始する。症状を基準に調整し4〜8週間以内に10mg/dayで維持するのが目標である。10mg/day以下では再燃をすることが多く1ヶ月で1mgを目標にゆっくりと減量する。[ja.wikipedia.org]

  • 関節滲出液
  • 偽痛風

    との関連がしめされている。具体的には股関節痛では転子部や恥腸、坐骨結節部が関与する。腰痛では腰椎棘突起間が関与する。後頚部痛では頚椎棘突起間が関与する。肩関節周囲痛では肩峰下や三角筋下が関与する。[ja.wikipedia.org] またESR1時間値で100mm以上の場合は巨細胞性動脈や悪性腫瘍を疑う。超音波検査ではが確認できる。 治療プレドニン換算で12.5〜25mg/dayで治療開始する。症状を基準に調整し4〜8週間以内に10mg/dayで維持するのが目標である。10mg/day以下では再燃をすることが多く1ヶ月で1mgを目標にゆっくりと減量する。[ja.wikipedia.org]

  • 脂肪腫

    3) は主に膝関節の内側、前方や肘関節の後方に発生する腫瘤で可動時に若干の疼痛があり、これらは超音波で液体が確認されます。原因は刺激が加わり滑液包に液体が貯留します。 4) 脂肪腫 脂肪腫は軟らかい皮下にみられる腫瘍が大部分ですが、中には比較的硬い筋肉内の脂肪腫もあります。[joa.or.jp] 「軟部腫瘍 (四肢や躯幹に発生した“はれもの”“できもの”) 」 頻度 よくみられる非腫瘍性の腫瘤としては、 ガングリオン 、類表皮嚢胞(粉瘤)やがあり、また、腫瘍性の腫瘤としては脂肪腫や血管腫などがあります。いずれも良性の疾患です。[joa.or.jp]

  • 股関節部骨折

    診療科 {{ }} 症候学 臀部の痛み、脚の短縮 [1] 原因 転倒、落下事故、交通事故など [2] [3] リスクファクター 骨粗鬆症 、 多剤併用 、飲酒習慣、がんの骨転移 [1] [2] 診断法 X線撮影 、 MRI 、 CT 、骨シンチグラフィー [3] [1] 鑑別 変形性股関節症、 大腿骨頭壊死症 、大腿ヘルニア、大転子[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状