Create issue ticket

考えれる2県の原因 溶解性転移性骨障害

  • ゴーシェ病 1 型

    (2015年8月6日更新) 1882 年フランスの医師フィリップ・ゴーシェ (Philip Gaucher) によって最初に発見され、ゴーシェ病と名づけられました。当時は脾臓の異質な腫瘍という概念でしたが、その後、 1920 年代にはゴー シェ病の 2 型、 1950 年代には 3 型が位置づけられました。 ゴーシェ病はグルコセレブロシドという 糖脂質を分解する酵素であるグルコセレブロシターゼの機能が悪いため グルコセレブロシドが分解されず肝臓、脾臓、骨髄などの細胞に蓄積して 肝脾腫、骨症状を主症状とする 先天性代謝異常症のうち、ライソゾーム病に分類される病気です。[…][gaucherjapan.com]

  • リコフェロン

    このような障害は非限定的に、骨粗鬆症、グルココルチコイド誘発骨粗鬆症、ページェット病、骨交代の異常亢進、歯周病、歯の欠落、骨折、リウマトイド関節炎、骨関節炎、プロテーゼ周囲溶解形成不全症、悪性高カルシウム血症、多発骨髄腫および転移性骨疾患を含む。[ipforce.jp] これらの障害のうちで最も多く見られるものの1つは骨粗鬆症であり、閉経女性に最も頻繁に現れる。骨粗鬆症は骨質量の減少および骨組織の微細構造的崩壊を特徴とする全身骨格疾患であり、その結果として骨が脆くなり折れ易くなる。骨粗鬆症による骨折は高齢者の罹病および死亡の主要な原因である。[ipforce.jp]

さらなる症状