Create issue ticket

考えれる93県の原因 溶血性貧血, 肝炎

つまり: 溶血性貧, 肝炎

  • ウィルソン病

    肝臓障害 急性肝炎、慢性活動性肝炎、劇症肝炎 中枢神経障害 認知異常、精神異常、不随意のリズミカル運動(振戦、ジストニア)、発音が正しく出来ない症状(構音障害)、嚥下困難、舞踏病、よだれ、協調運動障害 ウィルソン病診療 ガイドライン2015による診断基準は、 症状カイザー・フライシャー(Kayser-Fleisher)角膜輪 2点 精神神経症状[ja.wikipedia.org] ウィルソン病と,薬剤に反応しない劇症肝炎または重度の肝不全がある患者には,肝移植が救命につながる可能性がある。 要点 ウィルソン病は,様々な臓器に銅が蓄積するまれな常染色体劣性遺伝疾患である。 本症は小児期または成人期(通常5 35歳)の間に発現する。[msdmanuals.com] 溶血貧血を引き起こす。 角膜の辺縁および虹彩の縁に一部の銅が沈着し,カイザー・フライシャー輪を生じる。 1912年に英国ロンドンの「国立神経内科・脳神経外科病院(クイーンズ・スクエア)」神経内科医のSamuel Alexander Kinnier Wilsonによって報告された。[ja.wikipedia.org]

  • ジルベール症候群

    慢性肝炎やその他の肝疾患と誤診される可能性がある。 ジルベール症候群の罹患率は5%にも及ぶ可能性がある。家族に罹患者がいることもあるが,明確な遺伝パターンを確認するのは困難である。 発生機序は,肝臓へのビリルビンの取込みにおける複雑な欠陥が関与すると考えられる。[msdmanuals.com] 溶血は、総血算、ハプトグロビン、乳酸脱水素酵素の値、そして網赤血球症(網赤血球の増多は通例溶血貧血で観測できる)がないことで除外できる。 ウイルス性肝炎は、各肝炎ウイルスに特有の抗原が血液試料中に確認されないことで除外できる。[ja.wikipedia.org] ジルベール症候群は,ビリルビン分画で非抱合型が優位となり,その他の肝機能検査値は正常,かつ尿中にビリルビンがみられないことから,肝炎と鑑別される。貧血および網状赤血球増多がみられないことで溶血と鑑別される。 治療は不要である。肝疾患があるわけではないと伝えて,患者を安心させるべきである。[msdmanuals.com]

  • リバビリン

    現在日本ではC型肝炎に対して認可されており、経口剤としてインターフェロン(注射)とともに用いる方法が標準的治療法とされています。インフルエンザウイルスやRSウイルスにも効果がありますが、副作用などのため使用されていません。[kaneninfo.nomaki.jp] 重大な副作用として添付文書に記載されているものは、 貧血(ヘモグロビン減少、赤血球減少)、汎血球減少、無顆粒球症、白血球減少、血小板減少、血栓血小板減少紫斑病(TTP)、溶血尿毒症症候群(HUS)、再生不良貧血、赤芽球癆、 間質肺炎、肺浸潤、呼吸困難、 うつ病、自殺念慮、自殺企図、躁状態、攻撃的行動、 肝炎増悪、肝機能障害、 自己免疫現象[ja.wikipedia.org] 当初は抗インフルエンザ薬として開発が進められたが、これは実用化されず、結果的には1990年代になりC型肝炎用に実用化された経緯があります。 リバビリンがどのように作用しているのかは不明な点が多いです。以下にこれまで言われている作用機序をあげておきますが、ちょっと一般の方には難しいと思います。[kaneninfo.nomaki.jp]

  • ジアフェニルスルホン

    DDS症候群:発熱、皮疹、リンパ節腫脹、単核細胞症、肝炎 血液障害:無顆粒球症、溶血性貧血、白血球減少症、血小板減少、まれに再生不良性貧血、汎血球減少症、メトヘモグロビン血症、巨赤芽球性貧血 薬剤誘発性エリテマトーデス 皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症 好酸球性肺炎 ネフローゼ症候群,腎乳頭壊死などの腎臓疾患 ジアフェニルスルホンはフランス[ja.wikipedia.org] 血液障害、溶血貧血..発熱、喉の痛み、だるい、出血傾向(血豆・青あざ、歯肉出血、鼻血、血尿)、息切れ、動悸、黄疸(皮膚や白目が黄色)、むくみ、尿量減少。 SLE様症状..筋肉や関節が痛む、体や顔が赤くなる、赤い斑点ができる、発熱、手足や首の付け根のリンパ節が腫れる。[interq.or.jp] DDS症候群:発熱、皮疹、リンパ節腫脹、単核細胞症、肝炎 血液障害:無顆粒球症、溶血貧血、白血球減少症、血小板減少、まれに再生不良性貧血、汎血球減少症、メトヘモグロビン血症、巨赤芽球性貧血 薬剤誘発性エリテマトーデス 皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症 好酸球性肺炎 ネフローゼ症候群,腎乳頭壊死などの腎臓疾患 ジアフェニルスルホンはフランス[ja.wikipedia.org]

  • 再生不良性貧血

    ウイルス性肝炎は、二次性再生不良性貧血の原因の中で最多である。肝炎発症後1 3ヶ月で発症するが、原因となるウイルスについては、既知のウイルスではないと考えられており、未だ同定されていない。また、抗がん剤、ベンゼンおよび誘導体、無機砒素化合物などは本症を引き起こす可能性がある。[ja.wikipedia.org] 先天性 Fanconi貧血 dyskeratoshis congenita 後天性 特発性 続発性 薬剤性:抗腫瘍薬,クロラムフェニコール,サルファ剤,金製剤など 放射線 化学物質:ベンゼンなど ウィルス:肝炎ウィルス,パルボB19ウィルスなど 発作性夜間血色素尿症 その他:妊娠,膠原病 表1:再生不良性貧血の原因 診断 血液検査で汎血球減少[keio-hematology.jp] 5.診断に際しては、1、2によって再生不良性貧血を疑い、3によって他の疾患を除外し、診断する。4によって診断を更に確実なものとする。再生不良性貧血の診断は基本的に他疾患の除外によるが、一部に骨髄異形成症候群の不応性貧血と鑑別が困難な場合がある。 重症度分類 Stage2以上を対象とする。[nanbyou.or.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    Transaminase 2回以上高値例では44例中35例(79.5%)に確定診断を得た.肝障害の原因として原病によるものが12例と最も多く,ついで脂肪肝の9例であった.ウイルス性肝炎としてA型肝炎2例, B型肝炎2例, C型肝炎1例を認めた.自己免疫性肝疾患は3例で,自己免疫性肝炎2例,原発性胆汁性肝硬変1例であった.その他,胆石/胆嚢炎[jstage.jst.go.jp] 赤血球減少(貧血)は溶血貧血であり、自己免疫溶血貧血(autoimmune hemolytic anemia: AIHA)と呼ばれる。ITPとAIHAの合併する状態をエヴァンズ症候群と呼ぶが、実は本疾患の先行症状である事が多い。脳血管障害による症状視神経が傷害され急に失明することもある。[ja.wikipedia.org] 抗ミトコンドリアM2抗体陽性の胆汁うっ滞性肝硬変症 (PBC)や抗LKM-1抗体陽性の自己免疫性肝炎 (AIH)の合併もあるが、これらがない症例でも生化学データでのASTやALTといった肝逸脱酵素が上昇することがある。 ループス膀胱炎 頻度は少ないが膀胱壁の線維化がおこり膀胱容量が減少することがある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • ヒドララジン

    重大な副作用には、SLE様症状(発熱、紅斑、関節痛、胸部痛等)、劇症肝炎肝炎、肝機能障害、黄疸、うっ血性心不全、狭心症発作誘発、麻痺性イレウス、呼吸困難、急性腎不全、溶血性貧血、汎血球減少、多発性神経炎、血管炎がある。 頻繁に見られる副作用( 10%)は、頭痛、頻脈、心悸亢進である。[ja.wikipedia.org] 重大な副作用には、SLE様症状(発熱、紅斑、関節痛、胸部痛等)、劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、うっ血心不全、狭心症発作誘発、麻痺イレウス、呼吸困難、急性腎不全、溶血貧血、汎血球減少、多発性神経炎、血管炎がある。 頻繁に見られる副作用( 10%)は、頭痛、頻脈、心悸亢進である。[ja.wikipedia.org]

  • インジナビル

    高ビリルビン血症 腎結石症 高脂血症(コレステロールや中性脂肪の上昇)を含む代謝異常 嘔気 血尿 嘔吐 体脂肪の再分布(胸部、体幹部の脂肪増加、末梢部の脂肪減少、野牛肩)他に重大な副作用として、 腎結石症(16.5%)、腎不全(0.5%)、水腎症(0.3%)、間質性腎炎(0.2%)、腎盂腎炎(0.3%)、 肝炎(0.2%)、肝不全(頻度不明[ja.wikipedia.org] )、貧血(3.5%)、溶血貧血(0.1%)、出血傾向(4.1%)、白血球減少(1.2%)、 アナフィラキシー(頻度不明)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)(頻度不明)、血糖値上昇(0.7%)、糖尿病(1.0%)、膵炎(0.2%)、 狭心症(頻度不明)、心筋梗塞(頻度不明)、乳酸アシドーシス(0.2%)、脳梗塞(頻度不明[ja.wikipedia.org] 高ビリルビン血症 腎結石症 高脂血症(コレステロールや中性脂肪の上昇)を含む代謝異常 嘔気 血尿 嘔吐 体脂肪の再分布(胸部、体幹部の脂肪増加、末梢部の脂肪減少、野牛肩)他に重大な副作用として、 腎結石症(16.5%)、腎不全(0.5%)、水腎症(0.3%)、間質腎炎(0.2%)、腎盂腎炎(0.3%)、 肝炎(0.2%)、肝不全(頻度不明[ja.wikipedia.org]

  • 黄疸

    肝内胆汁鬱滞性黄疸 原因としては原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎、新生児肝炎、劇症肝炎、薬剤性などがあげられる。これも直接ビリルビン値が高くなる。 肝細胞性黄疸 原因としては肝硬変、肝炎があげられる。血清生化学検査では直接ビリルビン値が高くなる。 溶血性黄疸 溶血によって間接ビリルビン値が高くなる。[ja.wikipedia.org]

  • キニジン

    キニジンは血小板減少症、肉芽腫性肝炎、重症筋無力症、トルサード・ド・ポワント(TdP)の原因ともなるので、現在ではあまり用いられない。TdPは初回投与時から起こり得る(蓄積を必要としない)。キニジン誘導性血小板減少症には免疫系が関与しており、血小板減少性紫斑病に至ることがある。[ja.wikipedia.org] 高度伝導障害、心停止、心室細動 心不全 SLE様症状 無顆粒球症、白血球減少、再生不良貧血溶血貧血 血小板減少性紫斑病キニジンはCYP2D6の阻害薬でもあるので、リドカイン、交感神経β受容体遮断薬、オピオイド、一部の抗うつ薬の血中濃度を上昇させる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状