Create issue ticket

考えれる20県の原因 溜飲

  • 食道炎

    食道炎(びらん・食道潰瘍) 食道炎は食道の粘膜が炎症を起こし、肉眼的にびらんや潰瘍が見られるものをいいます。びらんとは粘膜表面が欠損を起こすもので、内視鏡で見ると、中心が白い苔(こけ)のようになり、その周りの粘膜が赤くなっています。ときには、出血を起こすこともあります。一方、潰瘍は粘膜の欠損が下の層に進んで、陥没した状態です。 食道炎で最も多いのは 逆流性食道炎[…][onaka-kenko.com]

  • 胃食道逆流症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 胃食道逆流症 (いしょくどうぎゃくりゅうしょう 、英語:Gastroesophageal Reflux Disease: GERD )とは、胃食道逆流により引きおこされる一連の疾患。以下の3つの病態の総称。 非びらん性胃食道逆流症 (non-erosive reflux disease: NERD ) 食道粘膜に、びらん・粘膜障害がなく症状だけを伴うもの 逆流性食道炎 (reflux esophagitis) 食道粘膜に、びらん・粘膜障害を生じているもの バレット食道 (Barrett's[…][ja.wikipedia.org]

  • 胆石症

    胆石症とは 胆石とは、胆嚢内にできる結石です。ヒトで最も多い胆石は、コレステロール結石ですが、犬や猫ではほとんどがビリルビンカルシウムなどの色素系の胆石であり、ヒトとは病態が異なります。 胆石があると、胆嚢炎や胆嚢破裂の危険性があるため、胆嚢摘出術が一般的に行われていますが、無症状の場合は様子をみて経過観察をすることが多いです。 胆石は、レントゲンではっきりと分かる場合と分からない場合があります。胆石が総胆管に詰まると 総胆管閉塞 を引き起こすため、肝障害や黄疸が認められます。[…][agr.miyazaki-u.ac.jp]

  • 胆石症

    胆石症 胆石は、胆汁中の成分(コレステロール、色素)が胆道(胆嚢、総胆管、肝内胆管)内で固まったものである。 高齢化と食生活の欧米化(脂肪やコレステロールの多い食事)とともに、胆石を持つ人の割合は増加しており、成人の胆石保有率は10%前後と考えられる。40から50代の肥満の女性は胆石症を起こしやすいとされる。みぞおちから右側の上腹部に激しい腹痛発作が起きることが有るが、胆石をもっている人の約3分の2は無症状であると考えられる。 胆石の大半はコレステロール結石であり、胆汁の成分であるビリルビンが固まったものをビリルビンカルシウム結石という。この他黒色石という石もある。[…][ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • 横隔膜ヘルニア

    せんてんせいおうかくまくへるにあ 概要 後側方裂孔(ボホダレク孔ヘルニア) 通常胎生(お腹の中にいる)8 10週に胸腹裂孔膜にて胸、腹部が区切られますが、このタイミングが遅れて、お腹の臓器が胸へ入り込むことにより発生するといわれています。また肺低形成からおこるという説もあります。85%が左側、残りは右または両側にあらわれ、85%が無嚢性(袋をもたないこと)です。最近では殆どが出生前に診断されます。 他の先天性横隔膜ヘルニアには、傍胸骨裂孔ヘルニア(右;モルガニー孔ヘルニア 左;ラリー孔ヘルニア)、食道裂孔ヘルニ アなどがあります。 先天性横隔膜ヘルニアは2,500[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 急性胆嚢炎

    執筆者: Ali A. Siddiqui, MD, Professor of Medicine, Division of Gastroenterology, Thomas Jefferson University 急性胆嚢炎は,数時間で発生する胆嚢の炎症であり,通常は胆石が胆嚢管を閉塞することで生じる。症状としては右上腹部の疼痛および圧痛などがあり,ときに発熱,悪寒,悪心,および嘔吐を伴う。腹部超音波検査により胆石のほか,それに付随する炎症がときに検出される。治療は通常,抗菌薬と胆嚢摘出術である。[…][msdmanuals.com]

  • 胃炎

    […] c 制酸剤 一般に溜飲症状がある場合には、その分泌機能の如何に拘らず使用されるが、特に肥厚性胃炎の如く分泌過多を示す場合に少量のシッピイ末(重曹・カマ)、硅酸アルミニウム、水酸化アルミニウム、硅酸マグネシウム、過酸化マグネシウム等を単独に或は鎮痙剤を添加して用いる。[mhlw.go.jp] 漢方では、傷食、 溜飲 と呼ばれた。〔医語類聚(1872)〕 [ 語誌 ](1)中国に渡った伝道医師ホブソン(合信)の「西医略論」( 一八五七 )で症状、病理、治療法が紹介された。同書と同氏の著「医学英華字釈」( 一八五八 )において「 炎」による病名が十数語造られ、「胃炎」もその中の一つであった。[kotobank.jp] (三)胸やけ、げつぷ、胃圧迫感等の溜飲症状 これらは胃炎型と形態的及び機能的に特に一定の関係はないようであるが、比較的に肥厚性胃炎に、或は過酸を示すものに多いようである。 (四)出血 胃炎から出血することはすでによく知られているが、特に大出血については比較的最近認められたことである。[mhlw.go.jp]

  • 急性胃炎

    […] c 制酸剤 一般に溜飲症状がある場合には、その分泌機能の如何に拘らず使用されるが、特に肥厚性胃炎の如く分泌過多を示す場合に少量のシッピイ末(重曹・カマ)、硅酸アルミニウム、水酸化アルミニウム、硅酸マグネシウム、過酸化マグネシウム等を単独に或は鎮痙剤を添加して用いる。[mhlw.go.jp] 漢方では、傷食、 溜飲 と呼ばれた。〔医語類聚(1872)〕 [ 語誌 ](1)中国に渡った伝道医師ホブソン(合信)の「西医略論」( 一八五七 )で症状、病理、治療法が紹介された。同書と同氏の著「医学英華字釈」( 一八五八 )において「 炎」による病名が十数語造られ、「胃炎」もその中の一つであった。[kotobank.jp] (三)胸やけ、げつぷ、胃圧迫感等の溜飲症状 これらは胃炎型と形態的及び機能的に特に一定の関係はないようであるが、比較的に肥厚性胃炎に、或は過酸を示すものに多いようである。 (四)出血 胃炎から出血することはすでによく知られているが、特に大出血については比較的最近認められたことである。[mhlw.go.jp]

  • 両側の足の虚弱

    心窩部に振水音を認め、水様性の下痢、嘔吐を呈する場合に用いる 1、腹部膨満感、軽度の腹痛、尿量減少などを伴う場合 茯苓飲合半夏厚朴湯 (ブクリョウインゴウハンゲコウボクトウ) 効能又は効果 気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気、胸やけなどがあり、 尿量の減少するものの次の諸症: 不安神経症、神経性胃炎、つわり、溜飲[bs-clinic.or.jp]

  • 形成性胃炎

    […] c 制酸剤 一般に溜飲症状がある場合には、その分泌機能の如何に拘らず使用されるが、特に肥厚性胃炎の如く分泌過多を示す場合に少量のシッピイ末(重曹・カマ)、硅酸アルミニウム、水酸化アルミニウム、硅酸マグネシウム、過酸化マグネシウム等を単独に或は鎮痙剤を添加して用いる。[mhlw.go.jp] (三)胸やけ、げつぷ、胃圧迫感等の溜飲症状 これらは胃炎型と形態的及び機能的に特に一定の関係はないようであるが、比較的に肥厚性胃炎に、或は過酸を示すものに多いようである。 (四)出血 胃炎から出血することはすでによく知られているが、特に大出血については比較的最近認められたことである。[mhlw.go.jp]

さらなる症状