Create issue ticket

考えれる12県の原因 満腹感欠陥

  • 胃潰瘍

    胃がんはピロリ菌による慢性感染により発生する 解説)胃がんの原因はピロリ菌だったということです。胃にピロリ菌が慢性的に感染し萎縮性胃炎が起こり、それが進んでいくと胃がんが出てくると考えられております。生まれてからずっとピロリ菌に感染していない人は胃がんになるリスクはほとんどありません。 胃がんは日本人に多い病気 解説)2005年のデータではがんになる人の中で胃がんは一番多く、がんで亡くなる人の中で胃がんは2番目に多かったようです。欧米ではピロリ菌の感染者が少なく胃がんは稀な疾患です。 胃がんは進行するまで無症状のことが多い[…][ichou.com]

  • 平滑筋肉腫

    平滑筋肉腫(へいかつきんにくしゅ Leiomyosarcoma(ギリシャ語で「平滑筋結合組織腫瘍」を表す)、aka LMS)は平滑筋の悪性新生物(肉腫)である珍しい型のがんである(新生物が良性であった場合は平滑筋腫(leiomyoma)と呼ばれる)。 平滑筋細胞は不随意筋でできており、子宮、胃、腸、全ての血管の壁、皮膚を含む身体のほとんどの部分で見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 早期胃癌

    早期胃癌100例、世界に冠たる日本の早期胃癌診断学の記念碑的アトラス 永年にわたって日本の早期胃癌診断学をリードしてきた著者らが、その経験と蓄積のすべてを注ぎ込んだ斯界待望のアトラス。厳選された100例の症例をもとに、粘膜ヒダの異常や褪色粘膜など、チェックすべきX線・内視鏡所見を詳細に解説し、早期胃癌の全貌と診断学の精髄を余すところなく展開。胃癌の早期発見を使命とするすべての臨床家必携の書。世界に冠たる日本の早期胃癌診断学の記念碑ともいうべきアトラス、遂にここに完成。 目 次 総論 I.X線装置および造影剤について II.X線撮影の基本 III.胃癌X線読影の基本 症例編 I.胃癌の肉眼型分類[…][igaku-shoin.co.jp]

  • 胃蜂窩織炎

    参考文献 1) Guzzetta CPC Jr, Lieutenaut HW, Southwick HW : Acute phlegmonous gastritis. Surgery (1947) 22, 453-456. 2) 多田 寛 : 化膿性胃炎の1例. 東京医事新誌(1911)1741, 2308-2312. 3) 丸野 要, 上田和毅, 梅北信孝 : 胃蜂窩織炎, 症例報告と本邦報告例の分析. 臨外(1981)36, 253-256. 4) 碓氷章彦, 蜂須賀喜多男, 山口晃弘 : 亜急性び漫性胃蜂窩織炎の1例. 臨外(1983)38, 541-546. 5) 酒井憲見, 朔 元則, 内藤英明, 神代竜之介, 大塚貞光[…][ousar.lib.okayama-u.ac.jp]

  • 消化管異物

    抄録 当院における上部消化管異物の特徴を明らかにし,予防,検査,治療について一定の指針を示すことを目的とした。対象は内視鏡的摘除を行った105例。種類,部位,年齢,性別,基礎疾患,内服,喫煙・飲酒習慣,症状,発生と受診の曜日,受診と内視鏡検査までの時間,画像,処置具,除去率,入院の有無・合併症について検討を行った。種類はPress through package (PTP)[…][jstage.jst.go.jp]

  • 胃リンパ腫

    DLBCLとMALTOMAが多い。しかし胃粘膜は生検数が小さいもしくは少ないと確定診断がつきにくいことがありその場合は検査を繰り返すこと、十分量の検体をとることが必要である。また低悪性度の病変(MALTOMAなど)にDLBCLが併存することがある。 消化管リンパ腫には病期分類は特別にLugano分類がある。 病期I 消化管に限局し漿膜浸潤がない 1か所でも多発性でも 病期II 原発部位から腹腔内へ進展、リンパ節への浸潤 II 1 所属リンパ節(胃、腸管膜)への浸潤 II 2 遠隔リンパ節(傍大動脈、傍下大動脈)への浸潤 病期IV 広範囲な節外組織への浸潤 または横隔膜を超えたリンパ節への進展[…][sk-blood.com]

  • 消化性潰瘍

    消化性潰瘍(しょうかせいかいよう、英: peptic ulcer)は、主に胃酸が要因となって生じる潰瘍のことである。 胃癌等の悪性腫瘍も潰瘍病変を呈するが本稿では良性の潰瘍について記述する。 潰瘍の生じる部位別に旧来通り以下の通りに称される。 胃潰瘍(gastric ulcer、stomach ulcer) 十二指腸潰瘍(duodenal ulcer) 食道潰瘍(esophageal ulcer、胃食道逆流症を参照) デュラフォイ潰瘍(仏: ulcère de Dieulafoy)比較的小さな潰瘍であるが大出血を生じる潰瘍として1898年にフランスの外科医Paul Georges[…][ja.wikipedia.org]

  • 肥厚性胃炎

    DNA, 上皮性悪性腫瘍, ロシア, イラストレーション, スクエア {{ t('more_than_one_credit', { zero: calc.totalCreditCost }) }} {{ t('one_credit') }} このビデオを高解像度(HD)に変換中です ビデオの変換が完了すると、ビデオ変換待ちリスト、または ダウンロード履歴 からダウンロードできます。 {{ license.description }} {{ license.credit_cost }} {{step.title}} このイメージは エディトリアル目的でのみご利用いただけます ?[…][istockphoto.com]

  • 膵臓転位

    膵臓がんの再発・転移 治療によって一度はみえなくなったがんがまた出現することを再発、 がんがすい臓周囲のリンパ節やほかの臓器へ広がることを 転移 といいます。 社会的なサポートも活用しながら治療やケアを受けることが大切です。 再発とは、手術で取りきれたようにみえたがんが、目にみえない状態で体のどこかに残っており、再びすい臓やほかの臓器に出現した状態です。転移は、がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗ってほかの臓器へ広がり増殖することです。[…][oncolo.jp]

  • カポジ肉腫

    カポジ肉腫(―にくしゅ、英: Kaposi's sarcoma)は、ヘルペスウイルス科のウイルスの一種によって引き起こされる肉腫。エイズ患者の末期に発症することで知られている。 1872年に皮膚病変肉腫としてハンガリーの医師モーリッツ・カポジ (w:Móric Kaposi) が報告した。これ以降、この病気は珍しい皮膚癌の一つとして位置付けられていた。 1994年にエイズ患者からヒトヘルペスウイルス8が発見される。 免疫力の極度に低下したヒトの血管内皮細胞に、ヒトヘルペスウイルス8(HHV-8:human herpesvirus 8、別名:カポジ肉腫関連ヘルペスウイルス[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状