Create issue ticket

考えれる12県の原因 満腹感欠陥

  • 胃潰瘍
  • 平滑筋肉腫

    平滑筋肉腫(へいかつきんにくしゅ Leiomyosarcoma(ギリシャ語で「平滑筋結合組織腫瘍」を表す)、aka LMS)は平滑筋の悪性新生物(肉腫)である珍しい型のがんである(新生物が良性であった場合は平滑筋腫(leiomyoma)と呼ばれる)。 平滑筋細胞は不随意筋でできており、子宮、胃、腸、全ての血管の壁、皮膚を含む身体のほとんどの部分で見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 早期胃癌
  • 胃蜂窩織炎
  • 消化管異物
  • 胃リンパ腫
  • 消化性潰瘍

    消化性潰瘍(しょうかせいかいよう、英: peptic ulcer)は、主に胃酸が要因となって生じる潰瘍のことである。 胃癌等の悪性腫瘍も潰瘍病変を呈するが本稿では良性の潰瘍について記述する。 潰瘍の生じる部位別に旧来通り以下の通りに称される。 胃潰瘍(gastric ulcer、stomach ulcer) 十二指腸潰瘍(duodenal ulcer) 食道潰瘍(esophageal ulcer、胃食道逆流症を参照) デュラフォイ潰瘍(仏: ulcère de Dieulafoy)比較的小さな潰瘍であるが大出血を生じる潰瘍として1898年にフランスの外科医Paul Georges[…][ja.wikipedia.org]

  • 肥厚性胃炎
  • 膵臓転位
  • カポジ肉腫

    カポジ肉腫(―にくしゅ、英: Kaposi's sarcoma)は、ヘルペスウイルス科のウイルスの一種によって引き起こされる肉腫。エイズ患者の末期に発症することで知られている。 1872年に皮膚病変肉腫としてハンガリーの医師モーリッツ・カポジ (w:Móric Kaposi) が報告した。これ以降、この病気は珍しい皮膚癌の一つとして位置付けられていた。 1994年にエイズ患者からヒトヘルペスウイルス8が発見される。 免疫力の極度に低下したヒトの血管内皮細胞に、ヒトヘルペスウイルス8(HHV-8:human herpesvirus 8、別名:カポジ肉腫関連ヘルペスウイルス[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状