Create issue ticket

考えれる201県の原因 減速 - シータ波後頭両側, 空間識失調

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    抄録 サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa,[…][joi.jlc.jst.go.jp]

  • アルツハイマー病

    抄録[…][doi.org]

  • 脳震盪

    2017年6月24日(土) 等々力に衝撃が走った。前半17分のことだ。 川崎FのFK。中村憲剛が横にチョンと出し、大島僚太が強烈なミドルシュートを打ちこむ。ブロックしようと身体を張ったのは、広島の闘将・ 柏好文(写真) だ。彼はどんな時でも、絶対に逃げない。大島の唸りを上げる剛球に対して真っ正面から挑んだ。その結果、ボールは彼のアゴからこめかみ部分を直撃する。[…][jsgoal.jp]

  • 外傷性脳損傷

    2018.07.17 友の会役員体制のご紹介 軽度外傷性脳損傷友の会役員体制を追加しました。 ご紹介致します。 2017.01.30 軽度外傷性脳損傷の実際 -学際的アプローチと多重的脳画像診断学- 軽度外傷性脳損傷の実際―学際的アプローチと多重的脳画像診断学 ひらの亀戸ひまわり診療所整形外科/石橋徹 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科/相馬啓子 安田泌尿器クリニック神経泌尿器科/安田耕作 木沢記念病院脳神経外科/篠田淳 (労働者住民医療2015.10) Mild Traumatic Brain Injury:Multidisciplinary Approach and Multiple Neuroimaging[…][mild-tbi.net]

  • 脳卒中

    目次 脳卒中とは 脳卒中の症状 脳卒中を疑ったら 病院での検査、治療 脳卒中の予防 1. 脳卒中とは 脳の血管が破れるか詰まるかして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される病気です。より早期(発症して4.5時間以内が目安です)に治療を開始すると後遺症が軽くなることがある、救急疾患です。 原因によって、1)脳梗塞(脳の血管が詰まる)、2)脳出血(血管が破れる)、3)くも膜下出血(動脈瘤が破れる)、4)一過性脳虚血発作(TIA)(脳梗塞の症状が短時間で消失する)の4つに分類されます。 脳梗塞[…][ncvc.go.jp]

  • てんかん

    持病のてんかんを隠して免許を更新したとして千葉県柏市の医師が逮捕された事件で、県警は2日までに、道交法違反(免許証不正取得、過労運転の禁止)容疑で、医師綱川慎一郎容疑者(38)を書類送検した。 送検容疑は2011年11月、てんかんの発作を隠して運転免許を不正に更新し、今年3月、柏市内で運転中、発作による物損事故を起こした疑い。 県警柏署が今年4月、臨時適性検査の受検や免許の自主返納を求めていたが、応じなかった。06年にも神奈川県内で発作による物損事故を起こし、担当の医師から運転を控えるように忠告されていたという。 (この記事は時事通信から引用させて頂きました)[…][sdeoc21y.blog.so-net.ne.jp]

  • 髄膜腫

    髄膜腫(ずいまくしゅ)または髄膜腫瘍(ずいまくしゅよう)は、脳と脊髄の周りの膜層である髄膜から発生し、非常にゆっくりと進行する腫瘍である。症状は発生箇所とその腫瘍によって圧迫される組織によって異なる。多くの場合、症状がない。時に発作、認知症、言語障害、視覚障害、半身の衰弱、尿失禁になることがある。 髄膜腫の主な要因には、放射線治療などによる電離放射線曝露、家系、神経線維腫症2型、などがあげられる。2014年には髄膜腫と携帯電話使用との関係性はないとされた。髄膜腫はいくつかの異なる種類の細胞から発生するとされ、その中にはクモ膜下細胞も含まれる。診断は一般的に医用画像による。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳腫瘍

    脳腫瘍とは、犬や猫にも、人と同様に脳腫瘍が比較的多く認められるということが、近年、CTやMRIなどの高度医療の発達によって明らかになってきました。多くの場合は高齢で発生しますが、すべての年齢で起こりうる病気です。 脳腫瘍は原発性と転移性に分けられます。原発性脳腫瘍は脳実質や髄膜、頭蓋骨などから発生し、転移性脳腫瘍は他の臓器の悪性腫瘍が脳に転移し発生します。 症状は、脳腫瘍の発生場所によって様々な症状が起こります。けいれん発作が最も多く、性格が変わった、元気がない、目が見えない、うまく食べられない・歩けないなどの症状が認められます。[…][mori-ah.net]

  • 上気道感染症

    UMIN試験ID UMIN000002234 最終情報更新日: 2016年4月5日 登録日:2009年7月22日 成人急性上気道感染症診療の基本的考え方の検証 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 急性気管支炎を含む急性上気道感染症 試験開始日(予定日) 2008-10-01 目標症例数 3000 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 観察 試験の内容 主要アウトカム評価項目 有効性、安全性 副次アウトカム評価項目 細菌学的効果 対象疾患 年齢(下限) 20歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 ・急性気管支炎を含む急性上気道感染症患者(急性気管支炎・急性扁桃炎・急性気管支炎)[…][rctportal.niph.go.jp]

    不足: 減速 - シータ波後頭両側

さらなる症状