Create issue ticket

考えれる193県の原因 深部腱反射の消失

  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム血症

    高カリウム血症(こうカリウムけっしょう)は何らかの原因により血中のカリウムの濃度があがってしまう電解質代謝異常症のひとつである。災害時、挫滅症候群(クラッシュシンドローム)として発症する場合もある。カリウムの血中濃度が関係している症状にはほかに低カリウム血症がある。 カリウムは本来は体内に必要不可欠なミネラルのひとつである。しかし、血中濃度が異常にあがりすぎた場合、人体に重篤な悪影響を及ぼす。主な症状は 四肢の痺れ 不整脈、頻脈 筋力低下 吐き気などがあげられる。そのまま放置しておくと致死性不整脈から心停止に至る可能性がある。ECF(細胞外液)のK濃度が5.0 -[…][ja.wikipedia.org]

  • 翼状片

    全眼球運動障害、深部反射消失が認められる。 上斜筋麻痺 後天性のものは外傷性が多い。 Horner症候群 縮瞳状態になる。 adie症候群 急性期には散瞳状態となる。 外傷性散瞳 外傷を起因として不可逆性散瞳を来す。[ja.wikipedia.org]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    2018/07/27 本学は23日、アスタファーマシューティカルズ株式会社(本社・富山県上市町、以下「アスタファーマ社」)と筋肉が徐々に萎縮する希少疾患「デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)」の治療薬に関する共同研究契約を締結しました。 DMDは、ジストロフィン遺伝子変異によって小児期に発症する筋ジストロフィーの代表疾患で、男子出生者の3500人に1人が発症するとされています。現在、根本的な治療法はなく、有効な治療法も限られており、大多数は心不全や呼吸器不全のため20 30代で死に至る極めて稀な疾患です。[…][kobegakuin.ac.jp]

  • 昏睡

    昏睡(こんすい、coma)とは意識障害の一つ。意識障害の中で最も重いものである。 昏睡とは、外部からどのような刺激が加えられても反応がない状態とされる。ただ、脊髄反射は認められる。また、痛み刺激に顔を少ししかめる患者も昏睡に含められる医学論文が多くある。その場合でも、「痛み刺激に対し全く反応しない(JCS300)」が、深昏睡とされる。 一般には意識障害の深度の分類である Japan Coma Scale(JCS)や Glasgow Coma[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊髄性筋萎縮症

    深部反射消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] この病気ではどのような症状がおきますか 全ての型で筋力低下と筋萎縮を示し、深部 反射 の減弱・消失が見られます。 I型は生後6か月ごろまでに発症、運動発達が停止し、体幹を動かすこともできません。支えなしに座ることができず、哺乳困難、 嚥下困難 、誤嚥、呼吸不全を伴います。舌の細かい振えがみられます。[nanbyou.or.jp]

  • 全身麻酔

    全身麻酔 (ぜんしんますい、 英 : General anesthesia )は、 麻酔 方法の一つ。 手術 に付随して行われる医療である。手術する部位のみを麻酔する 局所麻酔 に対し、全身麻酔では全身を麻酔する。全身麻酔では意識が消失する。 全身麻酔が薄れるまでの間、患者は訴えることができないので、 麻酔科医 が患者のそばで注意深く監視および観察する必要がある。全身麻酔の長所はあらゆる部位の手術に用いることができることである。また、麻酔の目的として鎮静(意識消失)、筋弛緩、鎮痛、有害な 副交感神経 反射の抑制があげられるが、全身麻酔は基本的にはこれらの条件を全て満たす。 歴史 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症(ていカリウムけっしょう)は、なんらかの原因で血清中のカリウム濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血清カリウム濃度が3.5mEq/Lを下回ることである。また、なんらかの疾病の症候のひとつ。 血清カリウムは3.7〜4.7mEq/lと狭い範囲に調節されていて、平均的な70kgの成人は約3500mEqのカリウムを有し、カリウムの約98%は細胞内液として、2%程度が細胞外に存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 糖原病 2 型

    乳児発症型ポンぺ病によくみられる臨床所見 身体徴候 全体における割合 1 筋緊張低下・筋肉虚弱 52 96% 心肥大 92 100% 肝腫大 29 90% 左心室肥大 83 100% 心筋症 88% 呼吸困難 41 78% 心雑音 46 75% 巨大舌 29 62% 哺乳困難 57% 発育不良 53% 深部反射消失 33 35% 正常な認知力[grj.umin.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    Cornell Medical College; Attending Neurologist and Director, Neuromuscular Service and EMG Laboratory, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center 家族性周期性四肢麻痺は,深部反射[msdmanuals.com] 消失および筋の電気刺激に対する反応の消失を伴う弛緩性麻痺発作を特徴とする,常染色体優性遺伝のまれな病態であり,浸透率にはかなりのばらつきがある。[msdmanuals.com]

さらなる症状