Create issue ticket

考えれる22県の原因 深前房

  • 打撲傷

    傷のさ、ごみなどの異物の有無、感染の有無、眼球周囲の損傷(とくに涙の通り道)の有無により治療法が異なってきます。 出血 前房(角膜と虹彩の間)を循環している房水中に血液が溜まっている状態で、視力が低下します。ひどい場合は眼圧が上昇し、吐き気をもよおすこともあります。[shec.jp]

  • 眼球損傷

    スリットランプ(細隙灯)検査 【スリットランプ検査】 眼に細い光(スリットランプ)を当てて角膜、眼、虹彩、水晶体などを観察する検査です。 角膜の傷のさ、フレア(ブドウ膜炎の時に見られる炎症徴候)、水晶体の異常など、多くの情報が得られる検査で、眼の詳細なチェックには欠かせない検査です。[haru-anim.com] 傷のさ、ごみなどの異物の有無、感染の有無、眼球周辺の損傷(特に涙の通り道)の有無により治療法が異なってきます。 出血 前房(角膜と虹彩の間)を循環している房水中に血液が溜まっている状態で、視力が低下します。ひどい場合は眼圧が上昇し、吐き気をもよおすこともありま す。[ikec.jp] 傷のさ、ごみなどの異物の有無、感染の有無、眼球周辺の損傷(特に涙の通り道)の有無により治療法が異なってきます。 出血 前房( 角膜 と虹彩の間)を循環している房水中に血液が溜まっている状態で、視力が低下します。ひどい場合は眼圧が上昇し、吐き気をもよおすこともあります。[shec.jp]

  • 偽落屑症候群

    の乱視度数が2.5D以下(今後、乱視用レンズの認可で適応範囲拡大予定) 4. さが2.8mm以上 5.[hinoue-ganka.com] 適応(適している人) 年齢18歳以上(45歳くらいまでが望ましい) 近視の度数が-2.0D -23.5D 遠視の度数が 1.0D 12.0D 乱視の度数が1.0D 7.5D さがアルチザンは2.8mm以上、アルチフレックスは3.2mm以上 角膜内皮細胞密度が2,000個/mm 2 以上 禁忌(適していない人) 目の病気がある方 (白内障[tanemem.com] 症例として、細隙灯顕微鏡で深度が深く、隅角鏡でもPASがなく、POAGとして治療されており、超音波生体顕微鏡検査(UBM)施行したところ隅角閉塞を確認し、PACGの診断で緊急隅角癒着解除施行となった例を提示いただきました。角膜径が小さいと、浅でも深く見えるため注意が必要ということでした。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

  • 偽落屑症候群

    の乱視度数が2.5D以下(今後、乱視用レンズの認可で適応範囲拡大予定) 4. さが2.8mm以上 5.[hinoue-ganka.com] 適応(適している人) 年齢18歳以上(45歳くらいまでが望ましい) 近視の度数が-2.0D -23.5D 遠視の度数が 1.0D 12.0D 乱視の度数が1.0D 7.5D さがアルチザンは2.8mm以上、アルチフレックスは3.2mm以上 角膜内皮細胞密度が2,000個/mm 2 以上 禁忌(適していない人) 目の病気がある方 (白内障[tanemem.com] 症例として、細隙灯顕微鏡で深度が深く、隅角鏡でもPASがなく、POAGとして治療されており、超音波生体顕微鏡検査(UBM)施行したところ隅角閉塞を確認し、PACGの診断で緊急隅角癒着解除施行となった例を提示いただきました。角膜径が小さいと、浅でも深く見えるため注意が必要ということでした。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

  • 緑内障

    ・細隙灯顕微鏡検査・・・さや隅角の広がり、線維柱帯の状態を観察します。 ・眼底検査・・・視神経の障害の程度を検査すると同時に、他の疾患と間違われていないかどうかを調べます。 ・視野検査・・・検査員が行う動的視野検査とコンピュータで行う静的視野検査があります。検査目的がそれぞれ若干違いますので、両者を組み合わせて評価を行います。[hayashi.or.jp]

  • 裂傷

    水が漏出している(Seidel徴候陽性)。 が非常に浅い(例,角膜に皺があるように見える)または非常に深い(水晶体より後部の破裂による)。 瞳孔の形が不規則である。[msdmanuals.com] 最低でも,以下の項目は評価する: 瞳孔の形および瞳孔反応 外眼筋運動 さまたは出血 赤色反射の有無 診察を容易にするため,鎮痛薬,または手術の同意が得られた後であれば抗不安薬を投与することがある。開瞼器または眼瞼固定器を落ち着いて慎重に用いることで,眼瞼を開くことができる。[msdmanuals.com] 外傷の結果,角膜もしくは強膜の眼に見える裂傷,水の漏出,異常に浅いもしくは深い,または不規則な形の瞳孔がみられれば,眼球破裂を疑う。 前房出血は,細隙灯顕微鏡検査によって診断するのが最もよく,診断されれば頭を30 45 挙上させた状態での床上安静および眼圧の注意深いモニタリングが必要である。[msdmanuals.com]

  • 開放隅角緑内障

    とりあえず、現時点でいわれていることは、水疱性角膜症の予防のためには、 ①角膜にダメージを与えないように切開部位を慎重に選択する(レーザーを当てる部分が角膜に近いと角膜にもダメージが及ぶので、角膜と虹彩との距離がより広い、つまりが少しでも深い点を切開する)。 ②レーザーの総照射エネルギーを出来る限り少なくする。[hankeidou-health.net]

  • 前部ぶどう膜炎

    スリットランプ(細隙灯)検査 【スリットランプ検査】 眼に細い光(スリットランプ)を当てて角膜、眼、虹彩、水晶体などを観察する検査です。 角膜の傷のさ、フレア(ブドウ膜炎の時に見られる炎症徴候)、水晶体の異常など、多くの情報が得られる検査で、眼の詳細なチェックには欠かせない検査です。[haru-anim.com]

  • 視神経膠腫

    は,,両眼白内障(E2)があり,散瞳がやや不良であった.眼底は,乳頭,黄斑,周辺部に異常はなかった.Amslerチャートで両耳側に暗点,動的視野計にて両耳側半盲を呈していた(図1).フリッカー値は,右眼30Hz,左眼17Hzと左眼が有意に低下していた.視交叉病変が疑われ,頭部磁気共鳴画像法(MRI)を施行した.経過:再診時(2007年[atagan.jp] 0.09 sph 5.00D(cyl1.50DAx95 ),VS 0.05(0.08 sph 3.75D(cyl1.25DAx95 ),眼圧は正常(右眼 14mmHg,左眼 16mmHg),眼位は外斜視であった.瞳孔不同はなく,眼球運動の制限なく,円滑であった.対光反射は左右とも迅速,十分で,相対的入力瞳孔反射異常(RAPD)はなかった.眼部[atagan.jp]

  • 閉塞隅角緑内障

    瞳孔が関わらない閉塞機序には,プラトー虹彩症候群などがあり,この疾患では中心部は深いが毛様体が異常にに位置するために前辺縁部が浅くなっている。 間欠性閉塞隅角緑内障では,瞳孔ブロックのエピソードが,発症後数時間経過後(通常仰臥位で寝た後)に自然寛解する。[msdmanuals.com] とりあえず、現時点でいわれていることは、水疱性角膜症の予防のためには、 ①角膜にダメージを与えないように切開部位を慎重に選択する(レーザーを当てる部分が角膜に近いと角膜にもダメージが及ぶので、角膜と虹彩との距離がより広い、つまりが少しでも深い点を切開する)。 ②レーザーの総照射エネルギーを出来る限り少なくする。[hankeidou-health.net]

さらなる症状