Create issue ticket

考えれる82県の原因 淋菌性関節炎

  • 関節炎

    急性か慢性か、単関節炎か多関節かといった観点で纏められることが多い。 単関節は感染症、結晶誘発、物理的要因によるものが多い。 細菌関節淋菌関節は若年者に多い。移動関節痛が特徴的である。高齢者、免疫不全状態の患者では非淋菌関節が起りやすい。 結晶誘発性関節炎痛風や偽痛風である。[ja.wikipedia.org] また、ある関節が痛くなり、関節痛が軽快するタイミングで別の関節が痛くなる場合、移動があると表現する。移動関節の場合は反応関節、結晶誘発関節淋菌関節、リウマチ熱、感染性心内膜炎などが想起される。[ja.wikipedia.org] III型アレルギーの機序で感冒後に皮疹、関節がおこるヒトパルボウイルスB19によるもの、HBV、HCV、風疹、HIVなどによるものもここに含まれる。 淋菌関節淋菌関節は遊走性単関節炎の他に、多関節炎の形態もとる。 細菌性心内膜炎 慢性多関節炎の早期慢性多関節炎の早期は急性多関節炎のように見えることもある。[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    急性か慢性か、単関節炎か多関節かといった観点で纏められることが多い。 単関節は感染症、結晶誘発、物理的要因によるものが多い。 細菌関節淋菌関節は若年者に多い。移動関節痛が特徴的である。高齢者、免疫不全状態の患者では非淋菌関節が起りやすい。 結晶誘発性関節炎痛風や偽痛風である。[ja.wikipedia.org] また、ある関節が痛くなり、関節痛が軽快するタイミングで別の関節が痛くなる場合、移動があると表現する。移動関節の場合は反応関節、結晶誘発関節淋菌関節、リウマチ熱、感染性心内膜炎などが想起される。[ja.wikipedia.org] III型アレルギーの機序で感冒後に皮疹、関節がおこるヒトパルボウイルスB19によるもの、HBV、HCV、風疹、HIVなどによるものもここに含まれる。 淋菌関節淋菌関節は遊走性単関節炎の他に、多関節炎の形態もとる。 細菌性心内膜炎 慢性多関節炎の早期慢性多関節炎の早期は急性多関節炎のように見えることもある。[ja.wikipedia.org]

  • ライター症候群

    病因としては, マイコプラズマ やウイルスの感染説,淋菌または 赤痢菌 に対するアレルギー反応説,自己免疫説などが考えられているが,明確なことは分かっていない。関節は,多発で非対称的に生じる傾向があり,特に膝や足や腰の関節が侵されやすい。[kotobank.jp] 治癒した.II考按Reiter症候群とは,非淋菌尿道関節炎・結膜炎または前部ぶどう膜炎を三徴とする比較的若年の男性に多い疾患ab図1症例1の初診時前眼部写真a:右眼,b:左眼.結膜下出血を伴う高度の球結膜充血と粘性膿性眼脂を特徴とする.712あたらしい眼科Vol.32,No.5,2015(102) abab図2症例2の初診時前眼部写真[atagan.jp] 分類基準(Amur、1990年) 腰部または背部の夜間痛あるいは同部位の朝のこわばり 1点 非対称性の少数関節炎(oligoarthritis) 2点 殿部痛/左右交互の殿部痛 1/2点 ソーセージ様の趾または指 2点 踵部痛または他の明確な付着部 2点 虹彩 2点 非淋菌尿道または子宮頸管炎(関節炎発症前1 ヵ月) 1点 急性下痢[hmh.or.jp]

  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    内科学 第10版 の解説 皮膚白血球破砕性血管炎(血管炎症候群) (13)皮膚白血球破砕性血管炎(cutaneous leukocytoclastic angiitis) 概念 皮膚に限局した小型血管炎で,全身性血管炎や糸球体腎炎を伴わないものである.単一の疾患単位でなく,「白血球破砕性血管炎」という特徴的な病理所見を呈する一連の病態の総称である.原因として種々の外来抗原(薬剤,化学物質,細菌感染)によるものが多いが,原発性血管炎では単一臓器の血管炎(single organ[…][kotobank.jp]

  • 補体欠損症症候群

    回答 C3、C4は補体第3成分、補体第4成分のことで、血中に最も多く存在する補体成分です。補体とは主に肝臓で産生され、細菌の侵入などをきっかけにして連鎖的に活性化する血漿蛋白でC1[…][crc-group.co.jp]

  • 淋菌性関節炎

    【急性多関節】 急性多関節では、 ウイルス 関節(ヒトパルボウイルスB19・HBV・HCV・ 風疹 ・HIVなどが有名)、細菌関節(感染心内膜淋菌関節)が挙げられる。細菌感染では、淋菌関節が若年者に多く、移動する関節が特徴的である。 高齢者 では非淋菌関節が多い。[kango-roo.com] 細菌感染症による多発関節 淋菌と非淋菌に大別される。 ・淋菌関節(Gonococcal arthritis) 淋菌関節はSexually-activeな若年者の細菌性関節炎の原因として最も一般的であり、男性:女性比は約1:3である。[theidaten.jp] 細菌感染症による多発関節 淋菌と非淋菌に大別される。 (1)淋菌関節(Gonococcal arthritis) 淋菌関節はSexually-activeな若年者の細菌性関節炎の原因として最も一般的であり、男性:女性比は約1:3である。[shiseikaidai2.crayonsite.net]

  • 上気道感染症

    急性化膿尿道の他、隣接性器を侵す。ときには血液中に侵入して播種淋菌感染症となり、関節、心内膜炎を起こすこともある。また、直腸炎、咽頭炎、出世時の母体からの感染による新生児結膜炎を起こすことがある。 【 ペニシリン耐性肺炎球菌 】 従来は有効であった抗生物質ペニシリンに耐性を獲得した肺炎球菌のことをいう。[biseibutu.co.jp]

  • 膣炎

    淋菌性膣炎 淋菌性膣炎は、治療をしないまま放置していると、卵管や骨盤腹膜を起こす可能があり、血液で淋菌が体全体に運ばれた場合には、髄膜関節炎などを起こす場合もあります。主に抗生物質などの飲み薬で治療しますが、骨盤腹膜炎になった場合は入院して点滴治療を行わなければなりません。[rakuten-life.co.jp]

  • 感染性関節炎

    予後(経過の見通し) 淋菌以外の細菌が原因で感染関節が起こった場合は、数時間ないし数日以内に、関節の軟骨が永久的に破壊されることがあります。通常、淋菌が原因の場合は、関節が永久的に損傷することはありません。 通常、関節リウマチ患者の場合は、感染した関節の機能が完全に回復することはなく、また、死亡するリスクが高まります。[msdmanuals.com] 単発関節の場合は細菌感染型が多く、 黄色ブドウ球菌 や 連鎖球菌 が多い。多発関節では 淋菌 や ライム病 の可能がある。 関節リウマチ 、変形性関節症、 外傷 などによる関節部分に問題がある人が発症しやすい。[ja.wikipedia.org] 感染した関節に体液がたまり、腫れやこわばりが生じます。また、発熱や悪寒も認められることがあります。 淋菌関節 では通常、比較的軽い症状が出ます。口腔や性器と、体幹の皮膚、手の皮膚、脚の皮膚に、水疱、丘疹、びらん、発疹がみられることがあります。関節に腫れと圧痛が生じる前に、痛みが1つの関節から別の関節に移動することがあります。[msdmanuals.com]

  • 性感染症

    ・オーラルセックスで口中に淋菌が感染すれば咽頭などを起こし風邪などの症状がでる。 播種淋菌感染症(DGI) ・菌血症を伴う全身淋菌感染症である。 ・関節・皮膚炎症候群では、典型的には 軽度の発熱、倦怠、移動多発関節痛 、いくつかの膿疱皮膚病変を四肢末端に起こす。 ・まれに心膜、心内膜炎、髄膜炎および肝周囲炎が起こる。[y-cn.jp] 淋菌性結膜炎 ・淋菌による眼感染症は新生児に最も頻繁に起こる(分娩時の産道感染による)。成人ではまれであるが重症の化膿性結膜炎を引き起こす。淋菌との直接接触または淋菌感染中の性器からの自家接種により起こる。 ・通常は片眼性である。症状としては重篤な眼瞼浮腫(がんけんふしゅ)に続く結膜浮腫と大量の膿性浸出物などがみられる。[y-cn.jp]

さらなる症状