Create issue ticket

考えれる21県の原因 淋菌性肝周囲炎

  • 骨盤内炎症性疾患

    ・関節炎・皮膚炎症候群では、典型的には 軽度の発熱、倦怠、移動多発関節痛 、いくつかの膿疱皮膚病変を四肢末端に起こす。 ・まれに心膜、心内膜、髄膜および周囲が起こる。 淋菌結膜炎 ・淋菌による眼感染症は新生児に最も頻繁に起こる(分娩時の産道感染による)。成人ではまれであるが重症の化膿性結膜炎を引き起こす。[y-cn.jp] ・頻度は低いが淋菌の菌血症から全身に症状を伴う播種淋菌感染症も引き起こす場合がある。 女性では腹膜を合併して周囲炎を、産道感染により新生児結膜炎を引き起こすこともある。 ・最近のオーラルセックスの増加に伴い、咽頭での保菌や感染が問題となっている。 ・男女とも性器に淋菌が証明された20 30%に淋菌の咽喉頭での検出がみられている。[y-cn.jp]

  • 急性胆嚢炎

    UMIN試験ID UMIN000034955 最終情報更新日: 2019年2月18日 登録日:2018年11月21日 基本情報 進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 対象疾患 急性胆嚢炎 試験開始日(予定日) 2018-08-30 目標症例数 70 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 観察 UMINで詳細を確認する 試験の内容 主要アウトカム評価項目 術後合併症 術後在院日数 退院時転帰 副次アウトカム評価項目 対象疾患 年齢(下限) 85歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 2005年1月から2018年3月までに、急性胆嚢炎に対して緊急手術として胆嚢摘出術を行った、85歳以上の患者[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 上行性胆管炎

    急性閉塞性胆管炎 胆石痛(右上腹部痛や心窩部痛、あるいは右背部痛など)に加え、悪寒戦慄、発熱などがある。黄疽を呈することが多い。なかには、急にショック症状や乏尿や腎障害、さらに意識障害を呈するものもある。 直ちに、ショック対策とともに胆道のドレナージをはからないと死亡にいたる危険が高い。 ドレナージの方法には,経皮的胆管ドレナージ(PTCD またはPTBDともいう)や内視鏡的経鼻的胆汁ドレナージ(ENBD)や内視鏡的乳頭切開術(EST)あるいは,開腹手術による胆道ドレナージがある. 急性閉塞性胆管炎の造影(矢印が肝膿瘍像)[…][med.teikyo-u.ac.jp]

  • 補体欠損症症候群

    回答 C3、C4は補体第3成分、補体第4成分のことで、血中に最も多く存在する補体成分です。補体とは主に肝臓で産生され、細菌の侵入などをきっかけにして連鎖的に活性化する血漿蛋白でC1[…][crc-group.co.jp]

  • 性感染症

    ・関節炎・皮膚炎症候群では、典型的には 軽度の発熱、倦怠、移動多発関節痛 、いくつかの膿疱皮膚病変を四肢末端に起こす。 ・まれに心膜、心内膜、髄膜および周囲が起こる。 淋菌結膜炎 ・淋菌による眼感染症は新生児に最も頻繁に起こる(分娩時の産道感染による)。成人ではまれであるが重症の化膿性結膜炎を引き起こす。[y-cn.jp] ・頻度は低いが淋菌の菌血症から全身に症状を伴う播種淋菌感染症も引き起こす場合がある。 女性では腹膜を合併して周囲炎を、産道感染により新生児結膜炎を引き起こすこともある。 ・最近のオーラルセックスの増加に伴い、咽頭での保菌や感染が問題となっている。 ・男女とも性器に淋菌が証明された20 30%に淋菌の咽喉頭での検出がみられている。[y-cn.jp]

  • 腹水

    腹水 (ふくすい) は、医学における症状、病態で、腹腔内に異常に多量の液体が貯留した状態ないしはその液体をいう。 腹腔内には正常な状態でもごく少量の液体があるが、 血漿蛋白の減少による膠質浸透圧の低下 門脈圧亢進 腹膜炎、悪性腫瘍の腹膜播種、肝癌の破裂といった原因により、多量の漏出液や滲出液が見られるようになる。肝硬変ではアルブミン合成能低下及び門脈圧亢進により前者のタイプ、腹膜の炎症や癌では後者のタイプが見られる。 女性の場合は卵巣ガンなどの可能性がある。 腹水が貯留すると、体重増加、腹部膨隆、尿量減少が見られ、打診、触診上異常所見が得られる。腹部超音波検査や腹部CTによって診断できる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性精巣上体炎

    ・関節炎・皮膚炎症候群では、典型的には 軽度の発熱、倦怠、移動多発関節痛 、いくつかの膿疱皮膚病変を四肢末端に起こす。 ・まれに心膜、心内膜、髄膜および周囲が起こる。 淋菌結膜炎 ・淋菌による眼感染症は新生児に最も頻繁に起こる(分娩時の産道感染による)。成人ではまれであるが重症の化膿性結膜炎を引き起こす。[y-cn.jp] ・頻度は低いが淋菌の菌血症から全身に症状を伴う播種淋菌感染症も引き起こす場合がある。 女性では腹膜を合併して周囲炎を、産道感染により新生児結膜炎を引き起こすこともある。 ・最近のオーラルセックスの増加に伴い、咽頭での保菌や感染が問題となっている。 ・男女とも性器に淋菌が証明された20 30%に淋菌の咽喉頭での検出がみられている。[y-cn.jp]

  • 淋菌性肝周囲炎

    ・関節炎・皮膚炎症候群では、典型的には 軽度の発熱、倦怠、移動多発関節痛 、いくつかの膿疱皮膚病変を四肢末端に起こす。 ・まれに心膜、心内膜、髄膜および周囲が起こる。 淋菌結膜炎 ・淋菌による眼感染症は新生児に最も頻繁に起こる(分娩時の産道感染による)。成人ではまれであるが重症の化膿性結膜炎を引き起こす。[y-cn.jp] 淋菌尿道 : クラミジア かウレアプラズマによるものが多い.潜伏期間は長く,2週間くらい. 症状は軽い.抗菌剤.テトラサイクリン系抗生剤. 腹腔内感染・周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群) クラミジア感染 が 卵管炎 からさらには 腹腔内感染 にいたると骨盤腹膜炎となる.[onodera.webcrow.jp] 潜伏期間は2〜3週間と淋菌性尿道炎に比べて長く、男性での尿道炎は痛みが少なく、分泌物が膿でないことから淋菌尿道と比して称されています。女性では子宮頚管の他にも骨盤内付属器周囲や不妊の原因にもなりますが、自覚症状に乏しく、淋菌など他の感染症に重複感染して感染が分かることもあります。[drp.ne.jp]

  • 鼠径リンパ節腫脹

    淋菌尿道に比べて潜伏期間は長く、2〜3 週間とされる。女性では子宮頸管炎、骨盤内付属器炎(PID)、周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症 候群)、不妊などを起こすが、自覚症状の乏しい場合が多い。そのため、潜伏期間を特定する のは困難であるとされる。[niid.go.jp]

  • 尿管周囲炎

    ・関節炎・皮膚炎症候群では、典型的には 軽度の発熱、倦怠、移動多発関節痛 、いくつかの膿疱皮膚病変を四肢末端に起こす。 ・まれに心膜、心内膜、髄膜および周囲が起こる。 淋菌結膜炎 ・淋菌による眼感染症は新生児に最も頻繁に起こる(分娩時の産道感染による)。成人ではまれであるが重症の化膿性結膜炎を引き起こす。[y-cn.jp] ・頻度は低いが淋菌の菌血症から全身に症状を伴う播種淋菌感染症も引き起こす場合がある。 女性では腹膜を合併して周囲炎を、産道感染により新生児結膜炎を引き起こすこともある。 ・最近のオーラルセックスの増加に伴い、咽頭での保菌や感染が問題となっている。 ・男女とも性器に淋菌が証明された20 30%に淋菌の咽喉頭での検出がみられている。[y-cn.jp]

さらなる症状