Create issue ticket

考えれる4県の原因 淋菌性肝周囲炎

  • 骨盤内炎症性疾患

    骨盤腹膜炎(こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性感染症 (STD)の一種でもある。 膣から上記微生物が侵入し、子宮、卵管を経由して腹腔内に到達、骨盤内にて腹膜に炎症を起こすためこの名がある。従って女性にしか発生しない。 性交との関連性が強く、通常初経前、閉経後、妊娠中には発症しない。 初体験年齢の低下に伴って若年層にも増加している。 下腹痛、発熱、帯下、不正性器出血、性交時痛等が見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性胆嚢炎

    胆嚢炎(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢炎、慢性胆嚢炎、無石胆嚢炎、気腫性胆嚢炎と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • 上行性胆管炎
  • 補体欠損症症候群

さらなる症状