Create issue ticket

考えれる406県の原因 涙腺の形成不全または発育, 全

  • ビタミンB12欠乏

    悪性貧血、胃粘膜の破壊、胃の摘出手術、または内分泌障害による、 内因子阻害 - 酸の分泌減少、小腸の疾患(例:炎症性腸疾患、慢性無熱性栄養吸収不全症候群(スプルー)、悪性腫瘍、胆嚢または慢性膵炎などの膵臓疾患) ビタミンB12に対する競合(魚条虫の腸管への寄生、または盲管症候群) HIV/エイズ 摂取の減少(不適切な食事) 完全菜食、胃の[ja.wikipedia.org] しかし、胃切除後では、ビタミンB12の吸収に必須の蛋白質である内因子の分泌能が恒久的に失われるのでビタミンB12欠乏症を発症しやすい。また、野菜・果物類にはほとんど含まれないので、極度の菜食主義でも欠乏症になることがある。[ja.wikipedia.org] 肝臓や筋肉に大量に貯蔵されているため、胃摘術などによって吸収障害が起きても体内貯蔵分のシアノコバラミンによって充当されるので、欠乏症が出現するまでは3-5年を要する。 ポルフィリン類似のコリン環(図の赤色部位)とヌクレオチド(図の緑色部位)の構造をもつ、コバルトの錯体である。アミノ酸や脂肪酸の代謝および葉酸の生合成に用いられる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 涙腺の形成不全または発育
  • ガングリオン

    長州力率いるジャパンプロレスが日本プロレスから撤退する際、長州の長期欠場(1987年2月20日、エキサイト・シリーズ開幕戦当日)の理由が「右手首ガングリオンの手術」とされた。 ガングリオン嚢胞 嚢胞 粉瘤腫[ja.wikipedia.org]

    不足: 涙腺の形成不全または発育
  • 酒害

    から」  職場と地域から飲酒運転をなくすために  2006、7,23 山村陽一 1、 東名高速道酒酔い運転の衝撃  中央道酒酔い事件の1年後 ・ 業界あげての防止対策実施 ・ アルコール検知器で未然に防いだ事例2件 ・ 東名高速道の飲酒運転へ至る運転手の飲酒状況 2、 へし折られた天狗の鼻 ・ 事故防止のために国鉄に採用された私 ・ 事故の責任[blog.livedoor.jp] これは死因の3.2%を占める。 ・ 発展途上国では、寿命短縮の13-15%は飲酒に伴う事故である。 ・ アルコールは家庭内暴力の最大の原因である。 ・ その他、経済的損失、未成年者への影響、妊婦への影響など計り知れなく大きい。[mhlw.go.jp]

    不足: 涙腺の形成不全または発育
  • 起立性低血圧

    例えば臥位から立位になると、胸郭から約700mlの血液が失われる(循環血液量は安静時で5000ml/分であるといわれている)。その時収縮期血圧は低下するが、拡張期血圧は上昇することになる。しかし結果として、心臓よりも高い位置にある末梢への血液灌流量は不充分なものになるのである。[ja.wikipedia.org] 自己免疫疾患 - ギラン・バレー症候群、混合性結合組織病、関節リウマチ、ランバート・イートン症候群、全身性エリテマトーデス 腫瘍性自律神経ニューロパチー Central brain lesions - 多発性硬化症、ウェルニッケ脳症、視床下部や中脳の血管病変、腫瘍 ドーパミンβ-水酸化酵素欠損症 Familial hyperbradykinism 身性疾患[ja.wikipedia.org]

    不足: 涙腺の形成不全または発育
  • 頸動脈狭窄症

    頸部超音波検査では典型的には内中膜複合体が周性および対称性に肥厚するマカロニサインを確認することができる。 線維筋性異形成(FMD)若年から中年の女性に多い慢性の身性動脈疾患である。病理学的には動脈壁内の繊維組織と平滑筋の異常増殖が中心であり、腎動脈、頭蓋外および頭蓋内内頸動脈、椎骨動脈、腸骨動脈で起こることが報告されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 涙腺の形成不全または発育
  • 末梢神経障害

    血管炎の基礎疾患としてはANCA関連小 血管炎 、 関節リウマチ 、 SLE 、 サルコイドーシス 、 身性強皮症 、 巨細胞性動脈炎 などが知られている。ニューロノパチーとしては シェーグレン症候群 、 MCTD、 身性強皮症、overlap症候群などが知られている。[ja.wikipedia.org] その他の検査 [ 編集 ] 全身左右対称性の末梢性ニューロパチーでは標準として血球計算、生化学検査(電解質、腎機能、肝機能)、空腹時血糖、HbA1c、尿検査、甲状腺機能、ビタミンB12、葉酸、赤血球沈降速度、リウマトイド因子、抗核抗体、血清蛋白麺系泳動、ベンズジョーンズ蛋白を含んだ検査を行うべきである。[ja.wikipedia.org] 付け加えると増悪寛解性や身性または左右対称性のシャルコー・マリー・トゥース病に似た感覚運動性の末梢性ニューロパチーを呈する患者もいる。 遺伝性神経痛性筋萎縮症 [ 編集 ] 遺伝性神経痛性筋萎縮症 (HNA)は常染色体優性遺伝形式の疾患であり、腕神経叢の分布内に再発性の疼痛発作、筋力低下、感覚障害が起こり、しばしば小児期に発症する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 涙腺の形成不全または発育
  • 家族性大腸腺腫症

    大腸摘を行う。予後は脳腫瘍に左右される。ポイツ・ジェガーズ症候群[ja.wikipedia.org] 大腸癌が発生するのを予防するため、基本的に大腸粘膜を摘する。通常は結腸と直腸粘膜を切除し、回腸嚢肛門吻合を行うが、下部直腸や肛門管に癌が存在した場合は直腸も摘する。手術は癌発生がまれな20歳以前に行う。 ガードナー症候群(Gardner's syndrome)FAPに頭蓋骨や長管骨の骨腫や軟部組織の腫瘍が合併したもの。[ja.wikipedia.org]

    不足: 涙腺の形成不全または発育
  • 心房細動

    またジゴキシンによる心房細動治療において、死因死亡・心血管死亡・突然死の危険性増加を示唆する報告もある。 それで上手くいかなければリズムコントロールを行う目的でIa群の抗不整脈薬であるジソピラミドやプロカインアミドやキニジンを用いる。副作用が問題になることが多い。[ja.wikipedia.org] 副次評価項目は死亡、脳卒中(出血性を含む)、全身性塞栓症、肺塞栓症、急性心筋梗塞の発症、血管死(出血死を含む)です。 RE-LY 試験はPROBE法(前向き、ランダム化、非盲検、盲検下エンドポイント評価)で実施され、ダビガトランの両群間はDBT(二重盲検)法で比較されました。[prtimes.jp] […] βブロッカー ナトリウムチャンネル阻害剤 カリウムチャンネル阻害剤 カルシウムチャンネル阻害剤 ジギタリス系強心配糖体心房細動者でのジゴキシン投与は、死因死亡・心血管関連死亡・突然死を有意に増加させると報告されている。 原発性心房細動の根本治療としてカテーテルアブレーション治療が広く行われてきている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 涙腺の形成不全または発育
  • 先天性中枢性肺胞低換気症候群

    幸い、この変異はきわめて稀であり、目下のところ世界で200名以下の報告例があるのみである。成人の睡眠時無呼吸症候群(英語:sleep apnea)や乳幼児突然死症候群(英語:Sudden infantile death syndrome, 略称SIDS)と誤解されがちであるが、発症の仕組みはまったく異なる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 涙腺の形成不全または発育
  • 関節炎

    また年齢を通じて女性の場合は甲状腺疾患、自己免疫疾患(関節リウマチ、SLE、シェーグレン症候群、身性強皮症)、サルコイドーシスなども想起される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 涙腺の形成不全または発育

さらなる症状