Create issue ticket

考えれる106県の原因 涙管欠損

  • 足奇形

    ・反復する眼科的感染症、特に角膜損傷を伴った慢性のう炎に対して、欠損の検索や抗生剤の投与による治療が必要である。 7. 研究班 EEC症候群における有病率調査と実態調査研究班[nanbyou.or.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    欠損および無発生 Q105 の先天(性)狭窄 Q106 涙器のその他の先天奇形 Q107 眼窩の先天奇形 Q110 のう〈嚢〉胞(状)眼球 Q111 その他の無眼球(症) Q112 小眼球(症) Q113 巨大眼球(症) Q120 先天(性)白内障 Q121 先天(性)水晶体偏位 Q122 水晶体欠損〈水晶体コロボーマ〉 Q123 先天[e-stat.go.jp] 先天奇形 Q069 脊髄の先天奇形,詳細不明 Q070 アーノルド・キアリ〈Arnold-Chiari〉症候群 Q078 神経系のその他の明示された先天奇形 Q079 神経系の先天奇形,詳細不明 Q100 先天(性)眼瞼下垂 Q101 先天(性)眼瞼外反(症) Q102 先天(性)眼瞼内反(症) Q103 眼瞼のその他の先天奇形 Q104 [e-stat.go.jp]

  • 後天性血管浮腫

    綺麗に縫合するだけでなく、口・鼻や眼瞼などでは拘縮を来さないように、神経や・唾液腺の損傷がある場合は再建も行います。大きな皮膚組織欠損に対しても、形態を重視した再建を行っています。また残ってしまった顔面神経麻痺、涙道損傷や顔面瘢痕に対しても形態的、機能的な再建を施行しています。頭蓋顎顔面における骨折に関しては、専門的に治療しています。[eph.pref.ehime.jp]

  • 原発性肥大性骨関節症

    眼の病気 異常症 欠損していたり、位置が違っていたり、狭かったりする病気。 老齢性白内障 加齢によって、水晶体が濁ってきます。眼がだんだん見えなくなります。 瞬膜の肥大(第3眼瞼の脱出) 眼の下側の内側にある瞬膜(ワイパーの役目をする)が腫れて眼に出来物が出来たように見えます。[pet-hospital.org]

  • 新生児期原発性副甲状腺機能亢進症

    欠損および無発生 Q105 の先天(性)狭窄 Q106 涙器のその他の先天奇形 Q107 眼窩の先天奇形 Q110 のう〈嚢〉胞(状)眼球 Q111 その他の無眼球(症) Q112 小眼球(症) Q113 巨大眼球(症) Q120 先天(性)白内障 Q121 先天(性)水晶体偏位 Q122 水晶体欠損〈水晶体コロボーマ〉 Q123 先天[e-stat.go.jp] 先天奇形 Q069 脊髄の先天奇形,詳細不明 Q070 アーノルド・キアリ〈Arnold-Chiari〉症候群 Q078 神経系のその他の明示された先天奇形 Q079 神経系の先天奇形,詳細不明 Q100 先天(性)眼瞼下垂 Q101 先天(性)眼瞼外反(症) Q102 先天(性)眼瞼内反(症) Q103 眼瞼のその他の先天奇形 Q104 [e-stat.go.jp]

  • 歯肉線維腫症-進行性難聴症候群

    欠損および無発生 Q105 の先天(性)狭窄 Q106 涙器のその他の先天奇形 Q107 眼窩の先天奇形 Q110 のう〈嚢〉胞(状)眼球 Q111 その他の無眼球(症) Q112 小眼球(症) Q113 巨大眼球(症) Q120 先天(性)白内障 Q121 先天(性)水晶体偏位 Q122 水晶体欠損〈水晶体コロボーマ〉 Q123 先天[e-stat.go.jp] 先天奇形 Q069 脊髄の先天奇形,詳細不明 Q070 アーノルド・キアリ〈Arnold-Chiari〉症候群 Q078 神経系のその他の明示された先天奇形 Q079 神経系の先天奇形,詳細不明 Q100 先天(性)眼瞼下垂 Q101 先天(性)眼瞼外反(症) Q102 先天(性)眼瞼内反(症) Q103 眼瞼のその他の先天奇形 Q104 [e-stat.go.jp]

  • 先端骨溶解症 優性タイプ

    、鎖肛、手足耳の異常を伴う鎖肛、鼻閉鎖および早期老化症候群、先天性貪食能不全症候群、完全開口不能および短小指屈筋、INAD、先天性尿素合成異常アルギナーゼ型、先天性尿素合成異常アルギノコハク酸型、先天性尿素合成異常カルバミルリン酸型、先天性尿素合成異常シトルリン血症型、先天性尿素合成異常グルタミン酸シンテターゼ型、INCL、封入体筋炎、[biosciencedbc.jp] イリノイ型アミロイド症、ILS、IM、IMD2、IMD5、IMD5、胸腺欠除に起因する免疫障害、免疫溶血性貧血 発作性寒冷、毛細血管拡張運動失調を伴う免疫不全症、免疫グロブリン合成異常を伴う細胞性免疫不全症、分類不能型免疫不全症、高IgMを伴う免疫不全症、白血球減少症を伴う免疫不全症、免疫不全症-2、免疫不全症-5(IMD5)、免疫グロブリン欠損[biosciencedbc.jp]

  • 先天性鼻咽腔閉鎖機能不全

    綺麗に縫合するだけでなく、口・鼻や眼瞼などでは拘縮を来さないように、神経や・唾液腺の損傷がある場合は再建も行います。大きな皮膚組織欠損に対しても、形態を重視した再建を行っています。また残ってしまった顔面神経麻痺、涙道損傷や顔面瘢痕に対しても形態的、機能的な再建を施行しています。頭蓋顎顔面における骨折に関しては、専門的に治療しています。[eph.pref.ehime.jp]

  • ジャルコ・レヴィン症候群

    唾液腺症(Dacryosialoadenopathy)、涙管唾液腺症(Dacryosialoadenopathia)、ダルプロ(Dalpro)、ダルトン、先天性色盲、ダンボルト-クロス症候群(Danbolt-Cross Syndrome)、ダンス目-ダンス足症候群、ダンディ-ウォーカー症候群、ダンディ-ウォーカー嚢胞、ダンディ-ウォーカー[biosciencedbc.jp] 、鎖肛、手足および耳異常を伴う鎖肛、穴がない鼻および早老症候群、不能な好中球症候群、完全開放不能の口および屈側性短い指(Inability To Open Mouth Completely And Short Finger-Flexor)、INAD、尿素合成アルギナーゼ型の先天的エラー、アルギニノコハク酸型尿素合成の先天的エラー、尿素合成[biosciencedbc.jp] 免疫溶血性貧血発作性の寒冷、血管拡張性失調症を伴う免疫不全、異常な免疫グロブリン合成を伴う細胞性免疫不全、分類不能な共通変異性免疫不全(Immunodeficiency Common Variable Unclassifiable)、高IgMを伴う免疫不全、白血球減少症を伴う免疫不全、免疫不全-2、免疫不全-5(IMD5)、免疫グロブリン欠損[biosciencedbc.jp]

  • 単純性表皮水疱症

    欠損及び無発生 Q10.5_の先天(性)狭窄 Q10.6_涙器のその他の先天奇形 Q10.7_眼窩の先天奇形 Q11_無眼球(症),小眼球(症)及び巨大眼球(症) Q11.0_のう〈嚢〉胞(状)眼球 Q11.1_その他の無眼球(症) Q11.2_小眼球(症) Q11.3_巨大眼球(症) Q12_先天(性)水晶体奇形 Q12.0_先天([e-stat.go.jp] 症候群 Q07.8_神経系のその他の明示された先天奇形 Q07.9_神経系の先天奇形,詳細不明 眼,耳,顔面及び頚部の先天奇形(Q10-Q18) Q10_眼瞼,涙器及び眼窩の先天奇形 Q10.0_先天(性)眼瞼下垂 Q10.1_先天(性)眼瞼外反(症) Q10.2_先天(性)眼瞼内反(症) Q10.3_眼瞼のその他の先天奇形 Q10.4_[e-stat.go.jp]

さらなる症状