Create issue ticket

考えれる110県の原因 涙欠損

  • 眼内異物

    /眼角解離症/先天欠損/輪部デルモイド/結節性硬化症/von Recklinghausen病/von Hippel-Lindau病/Sturge-Weber症候群/先天無虹彩/先天風疹症候群/白皮症/黄斑低形成/小児虐待 16 眼窩疾患 線維性骨異形成症/頸動脈海綿静脈洞瘻/眼窩静脈瘤/眼窩蜂巣炎/特発性眼窩炎症(眼窩炎性偽腫瘍)/特発性眼窩筋炎[igaku-shoin.co.jp] 1 訴からみた眼救急疾患 眼痛 (内野英輔) 流 (藤田敦子) 目が赤い (大熊真一) 目が腫れた (家里康弘,村田敏規) 視力低下 (坂本泰二) 視野欠損 (園田恭志) 複視 (上笹貫太郎) 頭痛,悪心,嘔吐 (立松良之,酒井恵理子) 2 症状・所見からみた疾患の鑑別と治療 結膜浮腫 (佐々木香る) 結膜下出血 (武田篤信) 眼脂 (重安千花[rr2.nakayamashoten.co.jp] 間欠性外斜視/廃用性外斜視/A-V型外斜視/交代性上斜位/眼性斜頸(眼性異常頭位)/先天性上斜筋麻痺/Brown症候群/微小斜視/癒着症候群(adherence症候群)/固定斜視(強度近視性斜視)/Duane症候群(眼球後退症候群)/先天性外眼筋線維症/形態覚遮断弱視/斜視弱視/不同視弱視/屈折異常弱視/微小斜視弱視/眼振 2 小児眼科 先天眼瞼欠損[igaku-shoin.co.jp]

  • 眼球損傷

    角膜上皮の欠損は,神経終末を刺激するために痛みを生じ眼瞼の瞬目メカニズムを増加させます.またこの刺激は液の生産も増加させます.瞬目の増加は角膜上皮の障害を増長させ,さらに悪循環に陥ります.治療法は角膜の保護と上皮の再生を目的とし悪化させる要因の除去及び予防及び基礎疾患の是正です.[nichiju.lin.gr.jp] (シーズーの約20%に観察されている).睫毛の異常は,角膜と結膜を慢性的に刺激し,睫毛が擦る角膜の一部に角膜損傷があったかもしれません.[2]幼犬時第三眼瞼切除術が行われており第三眼瞼が欠損していました.第三眼瞼は漿液の約40%を産生しテア・フィルムの一部を構成して眼を守っています.また,本例では慢性の涙液欠乏がありました.最近の研究では[nichiju.lin.gr.jp] 以上,睫毛の異常,第三眼瞼欠損による液の欠乏及び角膜上皮の異常,眼球突出による角膜の乾燥の,3点の基礎疾患がありました.テア・フィルム,オキュラーサーフェスの異常を起こしシャンプーの刺激が広範囲の角膜上皮糜爛を起こしたと考えられます.なお基礎疾患は完全に根治されていないので再発の可能性があり睫毛の永久脱毛及び内眼角形成術の手術が必要です.[nichiju.lin.gr.jp]

  • 外反

    一方、矯正視力が不良で、乱視や角膜混濁(上皮障害)による弱視が疑われる場合や、流、異物感、羞明などの訴えが強い場合には手術の適応となります(写真の症例)。[ganka.w3.kanazawa-u.ac.jp] 睫毛内反では、欠損しているとされる下眼瞼牽引筋腱膜(上眼瞼では挙筋腱膜)から眼輪筋、皮下に達する穿通枝を補うような手術手技が必要であり、通糸法(ビーズ法、埋没法)とHotz法(変法)とが代表的な手術法です。[ganka.w3.kanazawa-u.ac.jp]

  • 足奇形

    ・反復する眼科的感染症、特に角膜損傷を伴った慢性のう炎に対して、欠損の検索や抗生剤の投与による治療が必要である。 7. 研究班 EEC症候群における有病率調査と実態調査研究班[nanbyou.or.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    臨床診断基準として、流欠損、深部腱反射の消失、舌の茸状乳頭の欠損が挙げられる。遺伝は常染色体劣性である。[grj.umin.jp]

  • 骨膜炎

    歯周病原細菌による炎症が上顎洞に波及しますと、原因歯の自発痛・頭痛・頭重感を認め、患部周囲粘膜及び頬部の腫脹を示し、鼻の症状として鼻閉・鼻粘膜の腫脹・鼻漏及び眼の症状として眼瞼浮腫・眼圧痛・流が認められます。 ※その結果、顎骨炎・上顎洞炎では原因歯の抜歯を余儀なくされ、顎骨掻爬術後に顎骨欠損を伴うため顎骨再生術が必要不可欠となります。[perfectperio.or.jp]

  • 鼻涙管閉塞

    先天性の道閉塞として小管開口部の閉鎖(点閉鎖)や小管欠損などの形成異常もあり、この様な例の多くで全身の先天異常を合併します。 生後早期に眼脂、流を伴う疾患としては新生児結膜炎も重要です。鼻涙管閉塞に症状は似ていますが、眼瞼の発赤、腫脹や結膜の充血、浮腫、膿性眼脂などがより顕著です。[japo-web.jp]

  • 乳頭乳頭閉塞症候群

    /眼角解離症/先天欠損/輪部デルモイド/結節性硬化症/von Recklinghausen病/von Hippel-Lindau病/Sturge-Weber症候群/先天無虹彩/先天風疹症候群/白皮症/黄斑低形成/小児虐待 16 眼窩疾患 線維性骨異形成症/頸動脈海綿静脈洞瘻/眼窩静脈瘤/眼窩蜂巣炎/特発性眼窩炎症(眼窩炎性偽腫瘍)/特発性眼窩筋炎[igaku-shoin.co.jp] 間欠性外斜視/廃用性外斜視/A-V型外斜視/交代性上斜位/眼性斜頸(眼性異常頭位)/先天性上斜筋麻痺/Brown症候群/微小斜視/癒着症候群(adherence症候群)/固定斜視(強度近視性斜視)/Duane症候群(眼球後退症候群)/先天性外眼筋線維症/形態覚遮断弱視/斜視弱視/不同視弱視/屈折異常弱視/微小斜視弱視/眼振 2 小児眼科 先天眼瞼欠損[igaku-shoin.co.jp]

  • 頬骨骨折

    顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷 鼻骨骨折、頬骨骨折、眼窩骨折、上下顎骨折などの顔面骨骨折 顔面神経損傷、道損傷、唾液腺損傷などの軟部組織損傷 皮膚および皮下組織の外傷 皮膚欠損、裂創(裂けた傷)、挫創(つぶされた傷)、切創(きり傷)など 皮膚や皮下組織の傷全般 熱傷および外傷性瘢痕(傷あと)、ケロイド 皮膚の傷あと、ひきつれ、変形 軟治性潰瘍[med-kurobe.jp] 形成外科が扱う主な疾患 1.外傷及び熱傷 顔面骨骨折 前頭骨骨折、鼻骨骨折、鼻篩骨骨折、眼窩(床)骨折、頬骨骨折、上顎骨・下顎骨骨折、頭蓋・顔面骨欠損 顔面軟部組織損傷(顔面神経損傷、道損傷など)、外傷性色素沈着症 熱傷 四肢の皮膚・軟部組織損傷(外傷)及びその後の変形 2.先天異常 唇裂・口蓋裂(口唇裂、口蓋裂、顎裂、鼻咽腔閉鎖機能不全[med.teikyo-u.ac.jp] 、多指症など)、臍ヘルニア、眼瞼下垂症、副乳、陥没乳頭など 皮膚、軟部組織腫瘍(基本的に手術により治療) 良性腫瘍:粉瘤、脂肪腫,ガングリオン,疣贅(いぼ)、胼胝(たこ)、鶏眼(魚の目)など 悪性腫瘍:基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫、Paget病などの皮膚・軟部悪性腫瘍、頭頚部、乳房、体幹、手足など、すべての腫瘍切除後の皮膚-軟部組織欠損[med-kurobe.jp]

  • 後天性血管浮腫

    綺麗に縫合するだけでなく、口・鼻や眼瞼などでは拘縮を来さないように、神経や管・唾液腺の損傷がある場合は再建も行います。大きな皮膚組織欠損に対しても、形態を重視した再建を行っています。また残ってしまった顔面神経麻痺、道損傷や顔面瘢痕に対しても形態的、機能的な再建を施行しています。頭蓋顎顔面における骨折に関しては、専門的に治療しています。[eph.pref.ehime.jp]

さらなる症状