Create issue ticket

考えれる57県の原因 涙欠損

  • 足奇形

    ・反復する眼科的感染症、特に角膜損傷を伴った慢性のう炎に対して、欠損の検索や抗生剤の投与による治療が必要である。 7. 研究班 EEC症候群における有病率調査と実態調査研究班[nanbyou.or.jp]

  • 鼻涙管閉塞

    先天性の道閉塞として小管開口部の閉鎖(点閉鎖)や小管欠損などの形成異常もあり、この様な例の多くで全身の先天異常を合併します。 生後早期に眼脂、流を伴う疾患としては新生児結膜炎も重要です。鼻涙管閉塞に症状は似ていますが、眼瞼の発赤、腫脹や結膜の充血、浮腫、膿性眼脂などがより顕著です。[japo-web.jp]

  • 頬骨骨折

    顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷 鼻骨骨折、頬骨骨折、眼窩骨折、上下顎骨折などの顔面骨骨折 顔面神経損傷、道損傷、唾液腺損傷などの軟部組織損傷 皮膚および皮下組織の外傷 皮膚欠損、裂創(裂けた傷)、挫創(つぶされた傷)、切創(きり傷)など 皮膚や皮下組織の傷全般 熱傷および外傷性瘢痕(傷あと)、ケロイド 皮膚の傷あと、ひきつれ、変形 軟治性潰瘍[med-kurobe.jp] 形成外科が扱う主な疾患 1.外傷及び熱傷 顔面骨骨折 前頭骨骨折、鼻骨骨折、鼻篩骨骨折、眼窩(床)骨折、頬骨骨折、上顎骨・下顎骨骨折、頭蓋・顔面骨欠損 顔面軟部組織損傷(顔面神経損傷、道損傷など)、外傷性色素沈着症 熱傷 四肢の皮膚・軟部組織損傷(外傷)及びその後の変形 2.先天異常 唇裂・口蓋裂(口唇裂、口蓋裂、顎裂、鼻咽腔閉鎖機能不全[med.teikyo-u.ac.jp] 、多指症など)、臍ヘルニア、眼瞼下垂症、副乳、陥没乳頭など 皮膚、軟部組織腫瘍(基本的に手術により治療) 良性腫瘍:粉瘤、脂肪腫,ガングリオン,疣贅(いぼ)、胼胝(たこ)、鶏眼(魚の目)など 悪性腫瘍:基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫、Paget病などの皮膚・軟部悪性腫瘍、頭頚部、乳房、体幹、手足など、すべての腫瘍切除後の皮膚-軟部組織欠損[med-kurobe.jp]

  • 層状白内障

    潰瘍性角膜炎: 潰瘍は実質まで欠損が及ぶものである(びらんは、上皮に限局された欠損である)。これらの欠損の治癒は 綱渡りのようなものである。理想的には、膜のプロテイナーゼが実質欠損部のリモデリングを行い、もともと存在している線維芽細胞が実質の完全性を回復さ せる。[jses.equinst.go.jp]

  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    、角膜炎、眼瞼炎、眼痛、眼球乾燥、羞明、強膜炎、緑内障、眼圧上昇、眼脂、結膜炎、結膜充血、視野欠損、網膜静脈閉塞 耳 耳痛、回転性めまい、耳鳴、耳不快感(耳閉感)、耳感染(外耳炎、中耳炎、迷路炎) 筋・骨格系 滑膜炎、骨粗鬆症 関節痛、筋痛、関節腫脹、背部痛、筋骨格硬直、頚部痛、関節炎、骨痛、腱炎、筋力低下、滑液包炎、CPK増加、筋骨格痛、[kegg.jp] 性皮膚炎、乾皮症、皮膚感染 毛包炎、多汗症、麦粒腫、せつ、皮膚真菌感染、皮膚裂傷、皮膚嚢腫、ざ瘡、皮膚乾燥、皮膚変色、皮膚剥脱、斑状出血、点状出血、皮膚潰瘍、脂漏、過角化、光線過敏性反応、皮膚腫瘤、多毛症、アトピー性皮膚炎 投与部位 注射部位反応(注射部位疼痛、注射部位炎症、注射部位腫脹、注射部位出血、注射部位そう痒感) 眼 視覚障害 眼内炎、器障害[kegg.jp]

  • 眼窩転移

    症状は、視力低下・視野欠損・疼痛などで、症状緩和や視力低下回避目的に放射線治療を行います。 急性期有害事象 は、眼球・眼瞼結膜の炎症による流・疼痛や眼脂症状を認めます。 晩期有害事象 は、緑内障・放射線白内障・眼球乾燥・結膜炎や角膜潰瘍を認めることがあります。線量によっては視力低下をきたす可能性があります。[gan.med.kyushu-u.ac.jp]

  • 自律神経障害

    臨床診断基準として、流欠損、深部腱反射の消失、舌の茸状乳頭の欠損が挙げられる。遺伝は常染色体劣性である。[grj.umin.jp]

  • 原発性肥大性骨関節症

    眼の病気 管異常症 管が欠損していたり、位置が違っていたり、狭かったりする病気。 老齢性白内障 加齢によって、水晶体が濁ってきます。眼がだんだん見えなくなります。 瞬膜の肥大(第3眼瞼の脱出) 眼の下側の内側にある瞬膜(ワイパーの役目をする)が腫れて眼に出来物が出来たように見えます。[pet-hospital.org]

  • 涙嚢炎

    先天性の道閉塞として小管開口部の閉鎖(点閉鎖)や小管欠損などの形成異常もあり、この様な例の多くで全身の先天異常を合併します。 生後早期に眼脂、流を伴う疾患としては新生児結膜炎も重要です。鼻涙管閉塞に症状は似ていますが、眼瞼の発赤、腫脹や結膜の充血、浮腫、膿性眼脂などがより顕著です。[japo-web.jp]

  • 先天性鼻咽腔閉鎖機能不全

    、唾液腺損傷、頭蓋・顔面骨欠損、前頭骨骨折、鼻骨骨折、鼻篩骨骨折、眼窩底骨折、頬骨骨折、上下顎骨骨折、四肢挫創、四肢切断、手指腱断裂、爪甲剥離・脱臼、小範囲熱傷、広範囲熱傷、電撃傷、化学熱傷、熱傷後遺症、凍傷 など 腫瘍(悪性腫瘍切除後の再建を含む) 色素性母斑、扁平母斑、太田母斑、脂腺母斑、表皮母斑、単純性血管腫、動静脈奇形、リンパ管腫、[ashikaga.jrc.or.jp] 形成外科が扱う主な疾患 1.外傷及び熱傷 顔面骨骨折 前頭骨骨折、鼻骨骨折、鼻篩骨骨折、眼窩(床)骨折、頬骨骨折、上顎骨・下顎骨骨折、頭蓋・顔面骨欠損 顔面軟部組織損傷(顔面神経損傷、道損傷など)、外傷性色素沈着症 熱傷 四肢の皮膚・軟部組織損傷(外傷)及びその後の変形 2.先天異常 唇裂・口蓋裂(口唇裂、口蓋裂、顎裂、鼻咽腔閉鎖機能不全[med.teikyo-u.ac.jp] 、口蓋裂、顎裂骨移植、鼻咽腔閉鎖機能不全、合指症、多指症、その他の四肢異常、頭蓋骨縫合早期癒合症、顔面裂、先天性眼瞼下垂症、小耳症、副耳、耳垂裂、耳(前)瘻孔、埋没耳、その他の耳介異常、第一第二鰓弓症候群、正中頸嚢胞、側頸嚢胞、漏斗胸、鳩胸、ポーランド症候群、副乳、臍突出症、臍ヘルニア、尿道下裂 など 外傷・熱傷 顔面挫創、顔面神経損傷、道損傷[ashikaga.jrc.or.jp]

さらなる症状