Create issue ticket

考えれる1,315県の原因 消化管出血

  • 貧血

    女性の場合は婦人科疾患(子宮筋腫、子宮がんなど)を、閉経後女性と男性では消化疾患(胃十二指腸潰瘍の有無、ポリープ、がん、痔など)の確認が必要です(閉経されていない女性でも消化出血の検査を行うことがあります)。女性の患者さんは婦人科受診をして頂き内診や経腟超音波検査を受けて頂きます。[med.oita-u.ac.jp] スポーツ貧血 一般に、鉄欠乏性貧血となります ストレスによる消化出血、過多月経 過重練習による筋肉損傷、血管内破壊 食欲の低下、ダイエット 鉄の吸収の低下と需要の増大 発汗による鉄の漏出 慢性炎症に伴う貧血 非常に多い貧血ですが、一般的な認識が少ないものです 様々な慢性炎症性疾患により、炎症性サイトカインが増えることにより生じます 近年、[cityhosp-kumamoto.jp] 成人男性の場合、消化出血を示唆しており、胃癌や大腸癌の発見のきっかけとなることがあります。特に健康診断で貧血の進行や便潜血陽性を指摘された場合は要注意です。[phoenix.gr.jp]

  • 胃炎

    胃粘膜の急性炎症で、臨床的には腹痛、嘔吐、消化出血などの突発症状を呈し、飲酒、喫煙、薬物(NSAIDs、コカイン等)、ストレスなどが原因として上げられる。 慢性胃炎は、胃粘膜の慢性炎症と固有胃腺の萎縮、腺の過形成あるいは腸上皮化生を主要所見とする。固有胃腺の萎縮は幽門前庭部から胃体部へと加齢とともに拡大していく。[ja.wikipedia.org] 症状は、胃部痛または不快感、悪心および嘔吐、食欲不振、下痢、消化出血、浮腫、体重減少などであるが、無症状の場合もある。治療は、胃の症状には制酸剤が有効である。低タンパク血症には血漿 (けっしょう) 製剤やアミノ酸製剤の輸液、高タンパク食を与えるが、高度の場合は胃全摘を考慮する。[kotobank.jp] 頻繁に,ある程度の出血(通常粘膜下層の点状出血)がある。 急性ストレス胃炎 は,胃と十二指腸の粘膜病変からの臨床的に重要な上部消化出血の頻度が増える重症の患者にみられる,びらん性胃炎である。危険因子としては,重症な熱傷,中枢神経の外傷,敗血症,ショック,人工呼吸器を付けた呼吸不全,肝臓や腎臓の障害,多臓器の機能不全。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 肝硬変

    門脈圧亢進症により食道、胃、直腸静脈瘤からの消化出血や門脈圧亢進性胃症腹水、急性腎障害などの症状が現れる。 心血管系合併症により、血管拡張、肺内右左短絡、低酸素症(肝肺症候群)。 肺高血圧症 血液疾患により、貧血、脾機能亢進症、慢性消化出血、葉酸欠乏症。[ja.wikipedia.org] 死因は肝細胞癌、消化出血と肝不全であるが、消化出血と肝不全は減少し、肝細胞癌が増加して80%以上を占める。消化出血の原因となる食道・胃静脈瘤には出血に対する治療として、また予防的に内視鏡下での静脈瘤結紮 (けっさつ) 術や硬化術を行う。[kotobank.jp] 肝不全対策、消化出血の予防・治療、腹水軽減、腹膜炎治療などを行いますが、これらの治療は、肝硬変を直すことはできず、進行を遅らせたり、症状を和らげるものです。また、肝がんが発生すればその治療を行います。末期肝硬変の唯一の根本的治療法が肝移植です。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • 鉄欠乏症

    女性の場合は婦人科疾患(子宮筋腫、子宮がんなど)を、閉経後女性と男性では消化疾患(胃十二指腸潰瘍の有無、ポリープ、がん、痔など)の確認が必要です(閉経されていない女性でも消化出血の検査を行うことがあります)。女性の患者さんは婦人科受診をして頂き内診や経腟超音波検査を受けて頂きます。[med.oita-u.ac.jp] 男性では、消化出血が6割を占め、このなかには胃がん・大腸がん(21.8%)などが含まれており、とくに男性の場合は必ず原因を調べてください。 女性の鉄欠乏性貧血の原因割合 男性の鉄欠乏性貧血の原因割合[jbis.bio] IDAを認めた場合は,原因検索を行うことが重要である.極端な偏食やダイエットの有無,胃切除の有無,消化出血を疑わせる黒色便や下血の有無,過多月経,妊娠などについて,問診で確認する.検査としては,便潜血のチェック,上部・下部消化の検索,婦人科受診が必要である.[kotobank.jp]

  • 上部消化管出血

    同グループは、急性上部消化出血に対する制限的RBC輸血と非制限的RBC輸血のランダム化比較試験(RCT)のメタ解析を行った。主要評価項目は全死亡、再出血、虚血性イベント、平均RBC輸血単位とした。また、肝硬変、非静脈瘤性上部消化出血、虚血性心疾患の患者を含むサブグループ間の治療効果を比較した。[medical-tribune.co.jp] ―― 非静脈瘤性上部消化出血において、残された謎、解明すべき病態等はございますか?[natureasia.com] 上部消化出血処置(Upper GI Bleeding)が、追加オプショナルソフトウェアモジュールとして新登場! 日付:(2011/04/15) 最新手技である上部消化出血処置(Upper GI Bleeding)が、追加オプショナルソフトウェアモジュールとして新登場いたしました。[vrtraining.jp]

  • 痔(じ)は、肛門周辺に生じた疾患の総称。痔疾(じしつ)ともいう。 漢字の「痔」は肛門周囲に生じた疾患の総称として用いられてきた経緯があり、医学的には正確には以下の通りに表記される。また「ぢ」と表現するのは「歴史的仮名遣い」である。 痔核(俗称:いぼ痔):hemorrhoids・piles 裂肛(俗称:きれ痔):anal fissure 痔瘻(俗称:あな痔):anal fistula ヒト固有の病気[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性腎不全

    7.合併症の予防と治療 a)消化出血 1)出血性胃炎、出血性潰瘍の合併頻度が高い。 2)予防:マーロックス 60ml(3 1) 経口投与不能の時は、ガスタ-20mg 静注(1日2回) 3)治療:マ-ロックス 80ml(4 1) および ガスター 20mg 静注(1日2回) など b)心不全・肺水腫 緊急血液透析による除水。[nms.co.jp] 血管の異常は全身にわたり、肺出血や神経炎、皮膚出血消化出血などもみとめます。 糖尿病腎症 糖尿病の重大な合併症の1つで、続発性(二次性)糸球体疾患の代表的なものです。長く続いた高血糖によって腎臓の毛細血管がもろくなり、血液中のたんぱく質が外部に漏れてたんぱく尿が出るなど、最終的には尿をつくる機能が停止してしまいます。[asahikasei-pharma.co.jp]

  • 胃潰瘍

    一方,消化出血や穿孔のような合併症が起こるまでまったく無症状のこともある。高齢者では,特にこの傾向がみられるので慎重な観察が必要である。 1)臨床症状 胃潰瘍の症状として疼痛は2/3以上に認められるが,上腹部に限局していることが多く,性状としては,鈍い,疼くような,焼けるような痛みであり,一般に持続的である。[minds.jcqhc.or.jp] ただ、 食道静脈瘤 ・ マロリー・ワイス症候群 等の他の上部消化出血でも同様の症状を呈する。また 大腸 や 小腸 からの下部消化からの出血の場合、これを受けないで排出されるため「赤い便・血便」として生じてくる。[ja.wikipedia.org] 消化穿孔や胃潰瘍・十二指腸潰瘍からの出血がある場合は入院加療が必要となりますので、連携病院へ紹介いたします。 2. 治療薬を内服 診察により、入院治療の必要がない状態の胃潰瘍や十二指腸潰瘍が疑われれば、内服治療を開始します。[hamanoclinic.com]

  • 鉄欠乏性貧血

    女性の場合は婦人科疾患(子宮筋腫、子宮がんなど)を、閉経後女性と男性では消化疾患(胃十二指腸潰瘍の有無、ポリープ、がん、痔など)の確認が必要です(閉経されていない女性でも消化出血の検査を行うことがあります)。女性の患者さんは婦人科受診をして頂き内診や経腟超音波検査を受けて頂きます。[med.oita-u.ac.jp] 男性では、消化出血が6割を占め、このなかには胃がん・大腸がん(21.8%)などが含まれており、とくに男性の場合は必ず原因を調べてください。 女性の鉄欠乏性貧血の原因割合 男性の鉄欠乏性貧血の原因割合[jbis.bio] 鉄が不足しているといわれ、鉄を摂取してもなかなか回復しない時には、消化出血やヘリコバクターピロリなどによる慢性胃炎、婦人科疾患による出血などの可能性があります。こころあたりがあるようなら、消化器内科や産婦人科への受診が必要となります。[hiroshima-med.jrc.or.jp]

  • 消化管腫瘍

    胃・十二指腸潰瘍や大腸憩室などをはじめとした消化出血や胆石・胆のう炎、胆結石に伴う胆炎などの患者さんの多くは、救急搬送または開業医の先生方からのご紹介が多いです。消化出血は上部では胃・潰瘍が、下部では憩室出血がその多くを占め、緊急内視鏡で止血処置を施しています。[st-mary-med.or.jp] 内科部門 消化器内科は、消化腫瘍、消化出血、炎症性腸疾患などの消化疾患を中心に診療を行っております。また内視鏡治療では腫瘍性病変に対する内視鏡的切除術(EMR・ESD)、消化出血に対する内視鏡的止血術を中心に行っております。[fcho.jp] 落合・吉村を中心に内視鏡による消化腫瘍の診断と治療、急性腹症や消化出血など救急疾患、難治性の炎症性腸疾患、機能性消化疾患まで幅広い疾患を対象に近隣の医療機関と連携して診療にあたっています。[saiseikai-hp.chuo.fukuoka.jp]

さらなる症状

類似した症状