Create issue ticket

考えれる594県の原因 消化性潰瘍, 腎結石, 腹痛

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    腎臓に沈着したカルシウムは結石(じんけっせき)となり、結石としてこの病気が発見されることもあります。 診断 原発性副甲状腺機能亢進症が疑われたらどんな検査をするの? まず、採血でCa値、PTH値を測定します。高Ca血症かつ高PTH血症があれば、この病気と診断されます。続いて、副甲状腺に腫瘍があるかどうかの検査を行います。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 血清Ca値が12mg/dl以上になると、神経・筋障害による易疲労感、脱力などを、腎での尿濃縮力低下により多尿、口渇、脱水などを、消化管運動の低下により悪心、嘔吐、便秘などを、またガストリン分泌亢進により胃酸分泌亢進を起こし、消化潰瘍や膵炎を合併することがある。 ポイント: 補正Ca値が高値の場合、PTHの同時測定を行う。[clinicalsup.jp] カルシウム濃度が少し高いだけでは何も症状はありませんが、カルシウム濃度が高くなるにつれて筋力低下、イライラ感、不眠、掻痒感、倦怠感、食欲不振、嘔吐、便秘、体重減少、消化性潰瘍による腹痛、などの症状がみられることがあります。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 急性膵炎

    急性膵炎の主な症状は、急に腹痛が出現して吐き気や嘔吐(おうと)、発熱、背部痛を来します。腹痛はかなり強くて持続性があり、救急車で病院に搬送されてくる患者さんも少なくありません。急性膵炎は血液検査で血清アミラーゼ値やリパーゼ値が高値になり、また重症度はCTで診断します。[gifu-np.co.jp] 膵臓の浮腫の状態、膵管や胆管の状態の把握、総胆管結石の有無の診断に有用です。 重症化すると、ショック、呼吸困難、意識障害、出血傾向、機能障害、発熱などがみられ、集中治療室での全身管理が必要になります。[tobu-hp.or.jp] 鑑別診断 血中や尿中アミラーゼの上昇をしばしば伴い,腹痛を主症状とする疾患として,穿孔消化潰瘍,腸閉塞や腸破裂,解離性大動脈瘤,術後高アミラーゼ血症,糖尿病性ケトアシドーシス,胆石症,傍十二指腸乳頭憩室炎などがあげられる.また,膵癌が膵管狭窄などにより急性膵炎を初発症状とすることがあり,高齢者の急性膵炎では注意を要する.心窩部激痛でショック[kotobank.jp]

  • 腎疝痛

    結石とは 腎臓内にできた結石を、結石(腎臓結石)といいます。結石は、体内の栄養素が何らかの原因で結晶化して石状の固体を作ってしまう病気です。腎臓の中でできた結石が尿管まで流れ出てきたものを尿管結石といい、結石のある位置によって腎臓結石や尿管結石、膀胱結石、尿道結石と名前が変わり総称して尿路結石と呼ばれています。[byoinnavi.jp] 消化器〕 上部消化管疾患 ( 胃・十二指腸潰瘍 ) 胆石症 下部消化管疾患 膵炎 虚血腸炎 偽膜性腸炎 B型肝炎 C型肝炎 〔感染症〕 神経系感染症 呼吸器感染症 消化管感染症 泌尿器感染症 バスキュラーアクセス感染症 PD腹膜炎 敗血症 MRSA感染症 サイトメガロ, ヘルペス, EVなどのウイルス インフルエンザ ( 新型を含む[molcom.jp] 図1 腹痛部位と関連臓器・疾患の関係[primary-care.sysmex.co.jp]

  • クッシング潰瘍

    高カルシウム血症の頻度の高い臨床的兆候: 中枢神経系:全身倦怠,うつ,注意力低下,意識混濁(まれに昏迷や昏睡)を含む精神状態の変化 消化管:食思不振,便秘,嘔気,嘔吐 :利尿,濃縮力低下,脱水,高カルシウム尿症,結石リスクの上昇 骨:骨吸収亢進と骨折リスクの上昇 心血管:高血圧の発症もしくは増悪,心電図上QT間隔短縮 高カルシウム血症は[grj.umin.jp] 消化潰瘍 消化管粘膜の剥脱した分節で,典型的には胃内(胃潰瘍)または最初の数センチの十二指腸(十二指腸潰瘍)で,それらは粘膜筋板を貫通する。 潰瘍は数mmから数cmまで様々である。潰瘍は,貫通の深さでびらんと区別している;びらんはより表面的で粘膜筋板には達していない。 酸性消化疾患の病因としてH.[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 腸に潰瘍ができる時は、下痢や腹痛や下腹の違和感などの症状が出てきます。症状が重くなると、血便が出るようになります。 【 クッシング潰瘍の症状 】 クッシング潰瘍とは副腎皮質で作られる副腎皮質ステロイドホルモンの一つ、コルチゾールがふえすぎるために起こる病気のことで、特徴的な症状は手足が細くてもお腹が出ており、顔が赤くなることです。[hospita.jp]

  • 閉塞を伴う十二指腸潰瘍

    例えば嘔吐や水様下痢を伴った腹痛であれば、 感染性腸炎 と診断されます。みぞおちから右下腹部に移動する腹痛で、右下腹部に圧痛点を認めれば虫垂炎が強く疑われます。 発熱 、 黄疸 、腹痛、いわゆるCharcot3徴を認めれば、 急性胆管炎 が疑われます。消化管穿孔や腹膜炎の場合は、腹部全体が硬くなり、反跳痛を認めます。[nishimuranaika-cl.com] 尿路結石症(N20-N23) N20_結石及び尿管結石 N20.0_結石 N20.1_尿管結石 N20.2_尿管結石を伴う結石 N20.9_尿路結石,詳細不明 N21_下部尿路結石 N21.0_膀胱結石 及び尿管のその他の障害(N25-N28) N26_詳細不明の萎縮腎 N28_腎及び尿管のその他の障害,他に分類されないもの N28.0[e-stat.go.jp] 薬物治療 [ 編集 ] 旧来、消化潰瘍の治療としては 胃切除術 が施行されてきたが、抗潰瘍薬の開発と共に消化潰瘍の治療は以下の内服治療が基本となっている。[ja.wikipedia.org]

  • 胃炎

    初期の症状としては腹痛、背部痛、体重減少、むねやけなどです。 特に胃潰瘍と特定するような症状ではありませんが、胃潰瘍は進行すると胃の壁に完全に穴が空いてしまったり、大量の出血をしてしまいます。 それに伴い、非常に強い腹痛、吐血、血を含んだ便が出るなど、すぐに治療が必要な状態になってしまいます。 さらに胃がんへの進行もありえます。[okabefujiko-clinic.com] 高脂血症(動脈硬化) 高血圧 狭心症・心筋梗塞 不整脈 心不全 尿道炎・膀胱炎 前立腺炎・前立腺肥大 結石 ED 急性胃炎・急性胃腸炎 気管支喘息 痛風 医院概要・アクセス よくある質問 急性胃炎・急性胃腸炎 急性腸炎 厳密には1つの病気の診断名ではなく、腸に炎症を引き起こす疾患群の総称です。[ichikawaiin.com] 消化潰瘍 消化管粘膜の剥脱した分節で,典型的には胃内(胃潰瘍)または最初の数センチの十二指腸(十二指腸潰瘍)で,それらは粘膜筋板を貫通する。 潰瘍は数mmから数cmまで様々である。潰瘍は,貫通の深さでびらんと区別している;びらんはより表面的で粘膜筋板には達していない。 酸性消化疾患の病因としてH.[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 高カルシウム血症

    初期症状としては、一般に便秘、吐き気、嘔吐、腹痛、食欲減退などがあります。尿の量が極端に多くなることもあり、脱水と激しいのどの渇きが生じます。 極めて重度の高カルシウム血症は、しばしば錯乱、情動障害、せん妄、幻覚、昏睡を伴う脳の機能障害を引き起こします。筋力が低下し、不整脈から死に至ることもあります。[msdmanuals.com] 機能は正常で,結石症はまれである。しかし,重度の膵炎がときに起こる。この症候群は副甲状腺過形成と関連があるが,副甲状腺亜全摘術によって緩和されるものではない。[msdmanuals.com] 初期症状としては、便秘、吐き気、嘔吐、腹痛、食欲減退、異常に多量の尿などがあります。きわめて重度の高カルシウム血症は、しばしば錯乱、情動障害、意識の混濁、幻覚、昏睡を伴う脳の機能障害を引き起こします。筋力が低下し、不整脈から死に至ることもあります。慢性高カルシウム血症の場合には、カルシウムを含んだ腎結石が形成されることがあります。[rurikou.jp]

  • 悪性カルチノイド症候群

    高カルシウム血症の頻度の高い臨床的兆候: 中枢神経系:全身倦怠,うつ,注意力低下,意識混濁(まれに昏迷や昏睡)を含む精神状態の変化 消化管:食思不振,便秘,嘔気,嘔吐 :利尿,濃縮力低下,脱水,高カルシウム尿症,結石リスクの上昇 骨:骨吸収亢進と骨折リスクの上昇 心血管:高血圧の発症もしくは増悪,心電図上QT間隔短縮 高カルシウム血症は[grj.umin.jp] 症状 MEN1では、副甲状腺機能亢進症に伴う消化潰瘍、尿路結石、易骨折の他、下垂体腫瘍や膵消化管腫瘍では過剰に分泌されるホルモンによる臨床症状(先端巨大症、クッシング病、無月経、消化潰瘍、低血糖など)と、腫瘍による圧迫症状(頭痛、視野狭窄など)を認める。[nanbyou.or.jp] また、腫瘍がセロトニンという物質などを分泌することにより、腹痛、下痢、嘔吐、動悸、顔面の紅潮など多彩な症状が起こることがあります。症状や画像検査(CT、MRI)などからカルチノイドおよびカルチノイド症候群を疑い、腫瘍そのものを顕微鏡で見ることでカルチノイドと確定診断します。[medley.life]

  • ゾリンジャー・エリスン症候群

    高カルシウム血症の頻度の高い臨床的兆候: 中枢神経系:全身倦怠,うつ,注意力低下,意識混濁(まれに昏迷や昏睡)を含む精神状態の変化 消化管:食思不振,便秘,嘔気,嘔吐 :利尿,濃縮力低下,脱水,高カルシウム尿症,結石リスクの上昇 骨:骨吸収亢進と骨折リスクの上昇 心血管:高血圧の発症もしくは増悪,心電図上QT間隔短縮 高カルシウム血症は[grj.umin.jp] 消化潰瘍 消化管粘膜の剥脱した分節で,典型的には胃内(胃潰瘍)または最初の数センチの十二指腸(十二指腸潰瘍)で,それらは粘膜筋板を貫通する。 潰瘍は数mmから数cmまで様々である。潰瘍は,貫通の深さでびらんと区別している;びらんはより表面的で粘膜筋板には達していない。 酸性消化疾患の病因としてH.[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 吐血やタール便がみられたらもちろんのこと、腹痛が続く場合も小児科医の診察を受けることが必要です。 (C)法研[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 消化性潰瘍

    わずかながら吸収され尿中に排泄されるので尿路結石 の合併や不全患者では高Mg血症をきたすことがある。また抗生剤、ス テロイド、タガメットなどの吸収障害に注意。 *酸化マグネシウム 1g/日。下剤として使用する場合は4gまで。[nms.co.jp] 旧来、消化潰瘍の治療としては胃切除術が施行されてきたが、抗潰瘍薬の開発と共に消化潰瘍の治療は以下の内服治療が基本となっている。[ja.wikipedia.org] 吐血やタール便がみられたらもちろんのこと、腹痛が続く場合も小児科医の診察を受けることが必要です。 (C)法研[yomidr.yomiuri.co.jp]

類似した症状