Create issue ticket

考えれる971県の原因 消化性潰瘍

  • 低血糖症

    糖尿病治療薬以外に低血糖を起こし得る薬物は多彩であり、降圧薬、利尿薬、NSAIDsや睡眠薬、向精神薬、抗不整脈薬、消化潰瘍治療薬、抗菌薬、抗ヒスタミン薬、全身麻酔薬、気管支拡張薬、抗がん薬、血管拡張薬、抗てんかん薬、子宮用薬、パーキンソン病治療薬、抗血栓薬などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    また、COPDを発症すると肺だけではなく、全身の臓器にも影響を与え、糖尿病や動脈硬化、骨粗しょう症、消化潰瘍などにかかりやすくなります。 この病気は、せきやたん、息切れなどのありふれた症状で始まり、異常を感じたときには病気がかなり進行していることが少なくありません。[city.utsunomiya.tochigi.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    某人気グループのメンバーが書類送検されたことが大きなニュースになってます。国政やら南北朝鮮やら重要な問題がたくさんあるときに、それほど大騒ぎすることでもあるまい、という気がしつつも、つい見てしまう自分が恥ずかしい。 飲酒で酩酊状態になったことが原因のようだが、う ん、それってアルコール依存症とちゃうんか。[…][sumufumulab.jp]

  • 大腸炎

    胃炎、慢性胃炎、胃腸炎、胃下垂、胃アトニ―、消化潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)、胃静脈瘤、胃癌、悪性リンパ腫、消化管間質腫瘍(GIST)、胃前庭部血管拡張症(GAVE)、アニサキス症、機能胃腸症(Functional dyspepsia)。 カルチノイド、腸結核、上腸間膜動脈閉塞症。[ja.wikipedia.org] 胃食道逆流症(逆流食道炎・バレット食道)、食道癌、アカラシア、食道静脈瘤、食道カンジダ、放射線食道炎、マロリー・ワイス症候群。[ja.wikipedia.org]

  • 急性心筋梗塞

    2017年9月4日 (文部科学記者会、科学記者会、熊本県内報道機関、筑波研究学園都市記者会、環境省記者クラブ、京都大学記者クラブ、大阪科学・大学記者クラブ同時配付) 熊本大学 国立環境研究所 京都大学 工学院大学 国立循環器病研究センター[…][nies.go.jp]

  • 門脈性肝硬変

    肝硬変による門脈圧亢進症で、消化管とくに胃・十二指腸にはびらんや潰瘍病変が出現し、消化管出血の原因となる。胃、食道のびらんや潰瘍からの出血を予防する目的でH2ブロッカー(胃液の分泌を抑える薬)を服用するとよい。肝不全は進展しないように、禁酒をしたり、GPTを下げる治療により肝炎の活動性を鎮静することが大切である。[kotobank.jp] 陽子線が胃や十二指腸、小腸、大腸に照射されると、深い潰瘍や出血が生じる危険があります。したがって消化管に接する腫瘍は基本的に陽子線治療の適応はありません。 胃(左図)や大腸・十二指腸(中・右図)に腫瘍が接している場合は原則として適応になりません。[ncc.go.jp] 消化管出血 肝硬変による消化管出血は、食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)(「 食道静脈瘤 」)、胃潰瘍(いかいよう)(「 消化潰瘍(胃潰瘍/十二指腸潰瘍) 」)、出血性胃炎などによりますが、薬物療法や、食道静脈瘤に対する硬化療法でかなりよくコントロールされるようになり、死因となる頻度は減少してきています。[kotobank.jp]

  • 関節リウマチ

    副作用で最も問題になるのは消化潰瘍 ( 胃潰瘍や十二指腸潰瘍 )です。 NSAID を内服するにあたっては、消化潰瘍の他に腎機能、電解質や血圧、心不全に与える影響、アスピリン喘息の悪化、皮疹の出現などにも注意が必要です。[gohshi.or.jp] リスクが増えるのは 肺癌 リンパ増殖疾患 動脈硬化による心血管の病変 感染症 骨粗しょう症 消化管病変(消化潰瘍、憩室炎) 抑うつ リスクが減るのは 本日は、時間の関係で、リンパ増殖性疾患だけのお話をします。体の表面や体の中のリンパ節が腫れる悪性腫瘍(癌)の一種です。[utanohosp.jp] ステロイドの主な副作用には、骨粗しょう症とそれによる骨折、高脂血症 糖尿病、消化潰瘍、白内障、緑内障、感染症、副腎不全、精神障害、高血圧、月経異常、その他 ( 中心性肥満、満月様顔貌、皮膚線条、にきび、多毛 ) などがあります。 抗リウマチ薬が効いてきたら、徐々に減量していく事も必要なのです。[gohshi.or.jp]

  • 急性膵炎

    ③慢性膵炎では上部小腸内のpHが上がらない場合、漢方薬によって 胃酸分泌を抑制し、消化酵素が失われないようにします。 胃酸分泌の抑制は、 慢性膵炎にしばしば合併する消化潰瘍の疼痛に対しても有効です。 漢方薬は上記のような作用のある生薬の組み合せ、または漢方処方をベースにして 次に個人個人の体質や症状に合わせています。[seihouen.ne.jp]

  • 大結節性肝硬変

    ただし、肝硬変患者さんの吐血下血がすべて静脈瘤の破裂とはかぎらず、消化潰瘍からの出血も多いとされます。 腹壁皮下静脈怒張 門脈圧亢進によって肝臓に入れなかった血液が、腹壁の皮下静脈にたむろするための症状です。 肝脾腫 肝臓は硬く腫大し、指で押してをふれることができます。門脈圧亢進によって脾臓も腫大します。[fujimoto.or.jp] 肝硬変による門脈圧亢進症で、消化管とくに胃・十二指腸にはびらんや潰瘍病変が出現し、消化管出血の原因となる。胃、食道のびらんや潰瘍からの出血を予防する目的でH2ブロッカー(胃液の分泌を抑える薬)を服用するとよい。肝不全は進展しないように、禁酒をしたり、GPTを下げる治療により肝炎の活動性を鎮静することが大切である。[kotobank.jp] 「IgG4関連疾患のステロイド投与における免疫応答に関する網羅的オミックス解析」 京都大学消化器内科 主体 (5)活動期潰瘍大腸炎に対する漢方薬青黛の有用性 慶応義塾大学消化器内科主体[hachioji-hosp.tokai.ac.jp]

  • 慢性膵炎

    日本消化器病学会では、日常臨床の場でよく遭遇する消化器6疾患(胃食道逆流症、消化潰瘍、クローン病、肝硬変、胆石症、慢性膵炎)について、最新の科学的根拠に基づいた医師向けの診療ガイドラインを作成しました。[nankodo.co.jp] ③慢性膵炎では上部小腸内のpHが上がらない場合、漢方薬によって 胃酸分泌を抑制し、消化酵素が失われないようにします。 胃酸分泌の抑制は、 慢性膵炎にしばしば合併する消化潰瘍の疼痛に対しても有効です。 漢方薬は上記のような作用のある生薬の組み合せ、または漢方処方をベースにして 次に個人個人の体質や症状に合わせています。[seihouen.ne.jp]

さらなる症状

類似した症状