Create issue ticket

考えれる1,097県の原因 消化不良

  • 急性胃腸炎

    […] b)細菌性食中毒:各論参照 c)赤痢、アメーバ赤痢:粘血便が特徴的 2.発熱を伴わない場合 a)機能性下痢、アレルギー性腸炎:水様便 b)コレラ:米のとぎ汁様の下痢便が特徴的で、下痢の頻度が段違い 2)慢性下痢 慢性胃腸炎、過敏大腸症候群、慢性膵炎、膵癌、消化不良症候群など E)一般的処置 1)脱水が認められる場合は脱水を改善するために輸液[nms.co.jp] による単なる消化不良ではなく,腸にも影響が及び,細菌も異常し,様々な症状がみられ.[jbvp.org] (いつもずっと)食事の消化が悪くなる.慢性膵炎は普通は5歳以上の犬でみられるもので,ミニチュアシュナウザーに好発する.膵臓の萎縮は消化酵素を出す膵外分泌部だけの萎縮であり,比較的若い1-5歳の犬に発生するが真の原因は不明で,栄養障害,膵管のつまり,中毒,その他が疑われている.癌の発生は老齢動物にみられるものであるが非常にまれである.ただし消化酵素不足[jbvp.org]

  • ビタミンD欠乏症

    、腸管切除後、消化性潰瘍治療薬(アルミニウム製剤)、抗てんかん薬、コレスチラミン等 くる病(小児)、骨軟化症(成人) 骨粗鬆症、副甲状腺機能低下症 I型ビタミンD依存症 肝硬変、肝癌、慢性腎不全 参考 ・臨床検査値ハンドブック 第3版、じほう ・臨床検査データブック2017-2018、医学書院[crc-group.co.jp] 炎症性腸疾患や脂肪吸収不良を起こす疾患のある人 ビタミンDは脂溶性ビタミンであるため、その吸収は消化管の食物脂質吸収能に依存している。食物脂質吸収能が低下している人はビタミンDのサプリメントを摂取する必要があるかもしれない[ 33 ]。[ejim.ncgg.go.jp] 判定 Ca代謝調整ホルモンの測定 異 常 値 を 示 す 疾 患 ・ 病 態 高値 ビタミンD過剰症 (市販のビタミン製剤の大量服用) ビタミンD過剰症 原発性副甲状腺機能亢進症 成長期、妊娠、サルコイドーシス II型ビタミンD依存症 活性型ビタミンD3製剤服用 低値 くる病(小児)、骨軟化症(成人) 肝硬変、肝癌、ネフローゼ症候群 吸収不良[crc-group.co.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    これらは通常の食事で十分摂取できるため、栄養不良消化管の病気・必要量の増加などによって起こることが多いです。 ビタミンB12欠乏は、悪性貧血(抗内因子抗体という自己免疫の異常から起こる胃粘膜の病気)、極端な菜食主義、胃切除後、小腸の病気や切除後などで主に起こります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 葉酸欠乏の原因は、偏食やアルコール依存症などによる摂取不足、消化器疾患による吸収不良、薬剤投与によるものなどがあります。 検査して血液中のビタミンB12や葉酸の値が低かったりすると巨赤芽球性貧血と診断されますが、白血球や血小板といった他の血液細胞の産生にも影響するので、すべての血球数が減少する「汎血球減少症」を引き起こします。[saiseikai.or.jp] 男性の貧血の場合は、まず消化管出血を疑います。 吸収障害 胃切除などにより胃酸の分泌が不足し、鉄の吸収が障害されます。 2 再生不良性貧血 血液をつくる骨髄の働きが低下するために起こる貧血です。赤血球を含むすべての血球が作られなくなる病気です。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 便秘

    に考慮しても良い B 腸内細菌叢の異常増殖による吸収不良がある場合の抗菌薬の投与(広域スペクトラムのキノロン系やアモキシシリン、メトロニダゾールなど) B 上部消化管症状に六君子湯、小腸・大腸の蠕動運動低下にプリンペラン、ナウゼリン、大建中湯、パントテン酸 C1 重症の小腸・大腸の蠕動運動低下に対して、在宅中心静脈栄養法を考慮 C1 小腸・[med.osaka-u.ac.jp] A 胃食道逆流症にプロトンポンプ阻害薬(PPI)を考慮してよい A 小腸・大腸の蠕動運動低下に、食事療法(便秘での水分摂取、高線維成分食品を避ける、吸収不良での低残渣食、脂溶性ビタミン、中鎖脂肪などの補充)を考慮しても良い A 胃腸機能調整薬(プリンペラン、ナウゼリン、ガスモチンなど)を嚥下障害、逆流性食道炎、腹部膨満、偽性腸閉塞などの消化管蠕動運動低下症状[med.osaka-u.ac.jp]

  • 食道炎

    出典 小学館 食の医学館について 情報 世界大百科事典 内の 食道炎 の言及 【食道】より …また一般に胃の消化不良のときは,噴門の閉じ方が不完全となり,不快な胸焼け,おくび,口臭などの原因となる。[kotobank.jp] にかけて痛い 痛む部位は限局的で、時間は短い 肋間神経痛 受診をお薦めします 発作的で、痛みは持続しない(6分内) 胸の不快感や苦しさを伴う 狭心症 受診をお薦めします げっぷ、胃もたれ, 胃痛、吐き気 突然、差し込む様に強く痛む 夜間、空腹時に見られ、食事で楽になる 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 受診をお薦めします 食べ過ぎて吐き気がする 過食で消化不良[self-medication.ne.jp] 胃腸薬 (消化薬、消化管運動調整薬) 咳 発熱、発疹を伴う はしか等の感染症 受診をお薦めします 耳、喉の痛み 耳の奥や喉、顔が痛い 神経痛(舌咽、三叉、迷走) 受診をお薦めします 耳の痛み、発熱、聴力低下 急性中耳炎 受診をお薦めします 声のかすれ 咳や痰、胸痛、血痰、呼吸困難、発熱を伴う 肺結核 受診をお薦めします 発熱、咳、咽頭痛[self-medication.ne.jp]

  • 胃食道逆流症

    非定型症状の心窩部痛、消化不良、吐き気、膨満感、げっぷは GERD の可能性を示すが、鑑別疾患との区別が難しい。食道以外での症状は慢性咳嗽、喘息、喉頭炎、歯牙侵食がある。食道狭窄、バレット食道、食道腺癌を含む合併症に進展する場合がごく少数あり注意を要する。[genome.jp] バレット食道のリスク 逆流性食道症の状態が5 10年続いている 年齢が50歳以上 男性 肥満 胃酸逆流が夜間に生じる 喫煙歴 胃酸を抑える薬で症状が改善しない バレット食道の家族歴 胃がんのリスク 年齢60歳以上で新規発症の消化不良 血便・吐血などの出血症状 鉄欠乏性貧血 原因不明の体重減少 持続する嘔吐 飲み込みにくい感じ、飲み込んだ時の[maeba-clinic.com] 症状 ミルク、食物残渣の嘔吐、などの消化器症状だけではなく、いつもごろごろいう、繰り返す肺炎、喘息の増悪、などの呼吸器症状を引き起こす。経口摂取不良、体重増加不良は手術適応である。長らく放置されると、逆流性食道炎、食道潰瘍、その出血による貧血、食道狭窄などもおこってくる。 突然死の原因のひとつともされる。[nakano-kodomo.or.jp]

  • 胆石症

    胆嚢摘出術には,将来の胆道仙痛を効果的に予防する効果があるが,消化不良などの非典型的症状に対する有効性は低い。胆嚢摘出によって栄養面の問題が生じることはなく,術後の食事制限も不要である。一部の患者で下痢がみられるが,その多くは回腸における胆汁酸塩の吸収不良が顕在化したためである。[msdmanuals.com] 最もよくみられる症状は胆道仙痛であり,胆石によって消化不良や高脂肪食に対する不耐症が生じることはない。より重篤の合併症としては,胆嚢炎,ときに感染(胆管炎)を伴う胆道閉塞(胆管内の結石による[総胆管結石症]),胆石性膵炎などがある。診断は通常,超音波検査による。胆石症による症状または合併症が生じた場合,胆嚢摘出術が必要になる。[msdmanuals.com]

  • 胃炎

    症状 慢性胃炎の症状は、胃酸過多に伴う"胃もたれ" "胃痛" "げっぷ"逆に 胃酸の低下に伴い消化不良が起こり "膨満感" "食欲不振"などが混在、単独で起こります。 診断 慢性胃炎の存在は、胃内視鏡、胃X線検査による形態学的診断と最終的に病理組織検査による組織学的で行われます。[drhayashi.net] しかしながら,ほとんどの消化不良患者は内視鏡で消化性潰瘍はなく(10 15%),またNUDにおけるH. ピロリの位置づけが不明確なので,全ての消化不良患者についてH. ピロリを非侵襲的に検査することは多くの患者について不必要である。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 消化不良の場合 消化不良の場合は消化剤を飲みますが、これは食後すぐに飲まなければ効果がありません。つまり、食べたものと混ざって消化をたすけるのが消化剤の役目なので、食べ物とほぼ同時に胃に入っていかないと役目が果たせないのです。ところが、消化剤を食後しばらくしてから飲んでいる人が多いようなのです。これでは間に合いませんね。[kenkou-club.or.jp]

  • 十二指腸憩室

    治療は外科的切除によるが,憩室に加えて漠然とした消化管症状(例,消化不良)がみられる患者への手術の推奨は,慎重に判断すべきである。[msdmanuals.com] 消化管出血、白血球減少、糖尿病管理不良、肝機能障害、肺クリプトコッカス症、胃潰瘍、胃腸炎、腎機能低下、血小板減少、血球貪食症候群、貧血、貧血遷延、赤芽球癆、骨髄抑制、高血圧、サイトメガロウイルス感染症、サイトメガロウイルス血症、ニューモシスチス肺炎、BK腎症...[selimic.imic.or.jp] 大部分の方は無症状ですが、軽度の消化不良または胃もたれや膨満感などの症状を呈することがあります。高度の萎縮性胃炎は胃癌発生リスクが高く、定期的な内視鏡検査が必要です。また、ピロリ菌除菌治療により胃癌発生リスクが低下することが期待されています。 稀に、ピロリ菌感染と無関係な自己免疫性胃炎(A型胃炎)のこともあります。[e-ningendock.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    アルコール依存症の患者さんや疑いのある方には、一体どのような症状が現れるのでしょうか?その特徴的な症状を以下にまとめました。 アルコール依存症にかかると体だけでなく社会生活にも悪影響が アルコール依存症とは、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を自分でコントロールできなくなった状態のことをいいます。飲むのはよくないことだとわかっていても、脳に異常が起きて飲むことをやめられなくなります。[…][alcoholic-navi.jp]

さらなる症状