Create issue ticket

考えれる4県の原因 海綿状膿疱

  • 乾癬

    2)全身又は広範囲の潮紅皮膚面に無菌性膿疱が多発し、ときに融合し膿海を形成する。 3)病理組織学的にKogoj海綿膿疱を特徴とする好中球性角層下膿疱を証明する。 4)以上の臨床的、組織学的所見を繰り返し生じること。ただし、初発の場合には臨床経過から「3.膿疱性乾癬(汎発型)の除外項目」記載の事項を除外できること。[nanbyou.or.jp] 膿疱性乾癬(汎発型)の定義と診断に必要な主要項目(2006年) 【定義】 膿疱性乾癬(汎発型)は、急激な発熟とともに全身の皮膚が潮紅し、無菌性膿疱が多発するまれな疾患である。病理組織学的にKogoj海綿膿疱を特徴とする角層下膿疱を形成する。尋常性乾癬皮疹が先行する例としない例があるが、再発を繰り返すことが本症の特徴である。[nanbyou.or.jp]

  • 頭皮の浸食性膿疱性皮膚症

    2)全身又は広範囲の潮紅皮膚面に無菌性膿疱が多発し、ときに融合し膿海を形成する。 3)病理組織学的にKogoj海綿膿疱を特徴とする好中球性角層下膿疱を証明する。 4)以上の臨床的、組織学的所見を繰り返し生じること。ただし、初発の場合には臨床経過から「3.膿疱性乾癬(汎発型)の除外項目」記載の事項を除外できること。[nanbyou.or.jp] 膿疱性乾癬(汎発型)の定義と診断に必要な主要項目(2006年) 【定義】 膿疱性乾癬(汎発型)は、急激な発熟とともに全身の皮膚が潮紅し、無菌性膿疱が多発するまれな疾患である。病理組織学的にKogoj海綿膿疱を特徴とする角層下膿疱を形成する。尋常性乾癬皮疹が先行する例としない例があるが、再発を繰り返すことが本症の特徴である。[nanbyou.or.jp]

  • 後天性捻転毛髪症候群

    海綿膿疱 49 14. 巨細胞 49 15. 経表皮性排除 49 16. 色素沈着および脱失 49 17. 色素伝達障害性メラノサイト 49 3 真皮における変化 50 1. 炎症性細胞浸潤 50 2. 対表皮反応性細胞浸潤 52 3. 腫瘍性細胞増殖 52 4. 組織学的色素失調症 52 5. 巨細胞 52 6. [rnavi.ndl.go.jp]

  • 急性汎発性発疹性膿疱症

    2)全身又は広範囲の潮紅皮膚面に無菌性膿疱が多発し、ときに融合し膿海を形成する。 3)病理組織学的にKogoj海綿膿疱を特徴とする好中球性角層下膿疱を証明する。 4)以上の臨床的、組織学的所見を繰り返し生じること。ただし、初発の場合には臨床経過から「3.膿疱性乾癬(汎発型)の除外項目」記載の事項を除外できること。[nanbyou.or.jp] 皮膚の病理組織像では、表皮内の海綿の水疱に多数の好中球の浸潤した像がみられるのが特徴です。 一方、角層下膿疱症では体幹や四肢の中枢側に環状や弓のようなかたちをした紅斑が出現し、その上にやや大きめの弛緩性の膿疱が多発します。AGEPと同様、間擦部に症状が強くみられます。[medical.radionikkei.jp] 膿疱性乾癬(汎発型)の定義と診断に必要な主要項目(2006年) 【定義】 膿疱性乾癬(汎発型)は、急激な発熟とともに全身の皮膚が潮紅し、無菌性膿疱が多発するまれな疾患である。病理組織学的にKogoj海綿膿疱を特徴とする角層下膿疱を形成する。尋常性乾癬皮疹が先行する例としない例があるが、再発を繰り返すことが本症の特徴である。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状