Create issue ticket

考えれる11県の原因 海綿状膿疱

  • 黒色表皮腫

    【のう】膿疱pustule:多核白血球の集積。多くは細菌感染、真菌感染などの感染症で生じる。例:角層下膿疱、好酸球性膿疱、コゴイ海綿膿疱。関連語:無菌性膿疱。 【のう】膿瘍abscess:好中球に富み、融解した組織の空洞内に化膿性分泌物が蓄積した状態。小血管を多数含む結合織で包まれる。細菌、真菌による感染性病変での一般的な病像である。[jds.umin.jp]

  • 乾癬

    2)全身又は広範囲の潮紅皮膚面に無菌性膿疱が多発し、ときに融合し膿海を形成する。 3)病理組織学的にKogoj海綿膿疱を特徴とする好中球性角層下膿疱を証明する。 4)以上の臨床的、組織学的所見を繰り返し生じること。ただし、初発の場合には臨床経過から「3.膿疱性乾癬(汎発型)の除外項目」記載の事項を除外できること。[nanbyou.or.jp] 膿疱性乾癬(汎発型)の定義と診断に必要な主要項目(2006年) 【定義】 膿疱性乾癬(汎発型)は、急激な発熟とともに全身の皮膚が潮紅し、無菌性膿疱が多発するまれな疾患である。病理組織学的にKogoj海綿膿疱を特徴とする角層下膿疱を形成する。尋常性乾癬皮疹が先行する例としない例があるが、再発を繰り返すことが本症の特徴である。[nanbyou.or.jp]

  • 尋常性魚鱗癬

    表皮突起、真皮毛細血管拡張 滴乾癬 膿疱性乾癬:Kogoj海綿膿瘍 乾癬性紅皮症 乾癬性関節炎:ほぼリウマチ 各層直下の好中球による無菌性膿瘍 尋常性乾癬に特徴的 好中球が大量浸潤して海綿に抜けて見える 膿疱性乾癬に特徴的 境界明瞭、銀白色の厚い鱗屑を付着した紅斑 マンロー微小膿瘍 Auspitz現象・Köbner現象陽性 棍棒状の表皮突起[quizlet.com] 真皮乳頭層の毛細血管拡張 爪にも病変が存在 比較的急性の経過(多くは一過性) 1cmまでの小さな角化性紅斑が多発・散布 小児に多い 上気道感染後に発症 無菌性膿疱を主体 限局型:掌蹠角皮症を含む 汎発型:発熱などの全身症状を伴い、重症 コゴイ海綿膿瘍 外用療法:ステロイド外用、活性型V.D、タクロリムス 紫外線療法:PUVA(ソラレン[quizlet.com] ヘルペスウイルス感染 アシクロビル 前額、四肢、陰部に好発 ツァンク試験陽性 アトピー性皮膚炎、ダリエ病、天疱瘡に合併 turn over が4〜7日 厚い銀白色の鱗屑を伴った紅斑や丘疹 表皮・真皮に炎症細胞の浸潤 Auspitz現象・Köbner現象陽性 膿疱・紅皮症・関節症に関わる職業 メタボとの関連 尋常性乾癬:Munro微小膿瘍、棍棒[quizlet.com]

  • 偽性色汗症

    【 かい 】海綿膿疱spongiform pustule   コゴイ(Kogoj)海綿膿疱 【 かい 】潰瘍ulcer、ulcus:表皮、粘膜の欠損をいう。原因は様々である。[jds.umin.jp] 【 こご 】コゴイ海綿膿疱Kogoj's spongiform pustule:角層下ないしは顆粒層での多房性膿疱で、無菌性膿疱。浸潤した多核白血球のため角化細胞が伸展して網状にみえるため海綿膿疱という。例:膿疱性乾癬、真菌感染症、薬疹。[jds.umin.jp] 【 かく 】角層下膿疱subcorneal pustule:角層下の多核白血球を入れた膿疱には細菌性膿疱、真菌性膿疱、無菌性膿疱がある。ムンロー微小膿瘍は角層内の多核白血球の小集塊、コゴイ海綿膿疱は顆粒層から角層内におよぶ大型の膿疱。例:膿痂疹、角層下膿疱症。[jds.umin.jp]

  • 類壊死性黄色肉芽腫

    軽度 slit  スリット small round cell tumor  小円形細胞腫瘍 smooth muscle cell   平滑筋細胞 solar elastosis  光線性弾性線維症 solid   充実性 solid nest  充実性胞巣 spindle cell   紡錘形細胞 spongiform pustule  海綿膿疱[plaza.umin.ac.jp] […] spongiosis  海綿状態 spongiotic bulla  海綿水疱 spongiotic vesicle  海綿状水疱 spore   胞子 squamatization   有棘細胞化 squamoid   有棘細胞様 squamous cell carcinoma   有棘細胞癌、扁平上皮癌 squamous eddy [plaza.umin.ac.jp] […] eosinophilic spongiosis  好酸球性海綿状態 epidermal collarette   表皮襟 epidermal dendritic cell   表皮樹細胞 epidermolytic hyperkeratosis   表皮融解性過角化 epidermotropic carcinoma  表皮向性癌 epidermotropism[plaza.umin.ac.jp]

  • 腺性口唇炎

    【 かい 】海綿膿疱spongiform pustule   コゴイ(Kogoj)海綿膿疱 【 かい 】潰瘍ulcer、ulcus:表皮、粘膜の欠損をいう。原因は様々である。[jds.umin.jp] 【 こご 】コゴイ海綿膿疱Kogoj's spongiform pustule:角層下ないしは顆粒層での多房性膿疱で、無菌性膿疱。浸潤した多核白血球のため角化細胞が伸展して網状にみえるため海綿膿疱という。例:膿疱性乾癬、真菌感染症、薬疹。[jds.umin.jp] 【 かく 】角層下膿疱subcorneal pustule:角層下の多核白血球を入れた膿疱には細菌性膿疱、真菌性膿疱、無菌性膿疱がある。ムンロー微小膿瘍は角層内の多核白血球の小集塊、コゴイ海綿膿疱は顆粒層から角層内におよぶ大型の膿疱。例:膿痂疹、角層下膿疱症。[jds.umin.jp]

  • 化膿性肉芽腫

    軽度 slit  スリット small round cell tumor  小円形細胞腫瘍 smooth muscle cell   平滑筋細胞 solar elastosis  光線性弾性線維症 solid   充実性 solid nest  充実性胞巣 spindle cell   紡錘形細胞 spongiform pustule  海綿膿疱[plaza.umin.ac.jp] […] spongiosis  海綿状態 spongiotic bulla  海綿水疱 spongiotic vesicle  海綿状水疱 spore   胞子 squamatization   有棘細胞化 squamoid   有棘細胞様 squamous cell carcinoma   有棘細胞癌、扁平上皮癌 squamous eddy [plaza.umin.ac.jp] […] eosinophilic spongiosis  好酸球性海綿状態 epidermal collarette   表皮襟 epidermal dendritic cell   表皮樹細胞 epidermolytic hyperkeratosis   表皮融解性過角化 epidermotropic carcinoma  表皮向性癌 epidermotropism[plaza.umin.ac.jp]

  • 遺伝性魚鱗癬

    表皮突起、真皮毛細血管拡張 滴乾癬 膿疱性乾癬:Kogoj海綿膿瘍 乾癬性紅皮症 乾癬性関節炎:ほぼリウマチ 各層直下の好中球による無菌性膿瘍 尋常性乾癬に特徴的 好中球が大量浸潤して海綿に抜けて見える 膿疱性乾癬に特徴的 境界明瞭、銀白色の厚い鱗屑を付着した紅斑 マンロー微小膿瘍 Auspitz現象・Köbner現象陽性 棍棒状の表皮突起[quizlet.com] 真皮乳頭層の毛細血管拡張 爪にも病変が存在 比較的急性の経過(多くは一過性) 1cmまでの小さな角化性紅斑が多発・散布 小児に多い 上気道感染後に発症 無菌性膿疱を主体 限局型:掌蹠角皮症を含む 汎発型:発熱などの全身症状を伴い、重症 コゴイ海綿膿瘍 外用療法:ステロイド外用、活性型V.D、タクロリムス 紫外線療法:PUVA(ソラレン[quizlet.com] ヘルペスウイルス感染 アシクロビル 前額、四肢、陰部に好発 ツァンク試験陽性 アトピー性皮膚炎、ダリエ病、天疱瘡に合併 turn over が4〜7日 厚い銀白色の鱗屑を伴った紅斑や丘疹 表皮・真皮に炎症細胞の浸潤 Auspitz現象・Köbner現象陽性 膿疱・紅皮症・関節症に関わる職業 メタボとの関連 尋常性乾癬:Munro微小膿瘍、棍棒[quizlet.com]

  • 後天性捻転毛髪症候群

    海綿膿疱 49 14. 巨細胞 49 15. 経表皮性排除 49 16. 色素沈着および脱失 49 17. 色素伝達障害性メラノサイト 49 3 真皮における変化 50 1. 炎症性細胞浸潤 50 2. 対表皮反応性細胞浸潤 52 3. 腫瘍性細胞増殖 52 4. 組織学的色素失調症 52 5. 巨細胞 52 6. [rnavi.ndl.go.jp]

  • 頭皮の浸食性膿疱性皮膚症

    2)全身又は広範囲の潮紅皮膚面に無菌性膿疱が多発し、ときに融合し膿海を形成する。 3)病理組織学的にKogoj海綿膿疱を特徴とする好中球性角層下膿疱を証明する。 4)以上の臨床的、組織学的所見を繰り返し生じること。ただし、初発の場合には臨床経過から「3.膿疱性乾癬(汎発型)の除外項目」記載の事項を除外できること。[nanbyou.or.jp] 膿疱性乾癬(汎発型)の定義と診断に必要な主要項目(2006年) 【定義】 膿疱性乾癬(汎発型)は、急激な発熟とともに全身の皮膚が潮紅し、無菌性膿疱が多発するまれな疾患である。病理組織学的にKogoj海綿膿疱を特徴とする角層下膿疱を形成する。尋常性乾癬皮疹が先行する例としない例があるが、再発を繰り返すことが本症の特徴である。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状