Create issue ticket

考えれる19県の原因 浅い関節窩

  • 五十肩

    肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で支えられ、肩を大きく動かすために肩甲骨関節が小さく上腕骨頭のはまりが浅いです。そこで骨だけでは構造的に不安定なところを関節包や発達した腱板が強度を高めています。そのため、肩の酷使によって炎症や損傷が起こりやすく、痛み、可動域の制限が起こると考えられます。[haritote.jp] 糖尿病患者の10 20%が肩の痛みに悩まされている 肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で支えられ、肩を大きく動かすために肩甲骨関節が小さく上腕骨頭のはまりが浅い。そのため骨だけで不安定なところを関節包や発達した腱板が強度を高めている。 筋肉が衰えてくると、筋肉が骨に付着している腱が拘縮しやすくなる。[dm-net.co.jp] 肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で支えられ、肩を大きく動かすために肩甲骨関節が小さく上腕骨頭のはまりが浅い(図)。骨だけでは構造的に不安定なところを関節包や発達した腱板が強度を高めている。そのため、肩の酷使によって炎症や損傷が起こりやすく、痛み、可動域の制限が起こると考えられる。[ortho.med.tohoku.ac.jp]

  • 脱臼

    は一般的に、上腕骨の近位部(顔に近い方)にある丸い上腕骨頭と、受け皿である肩甲骨の浅い関節〈かんせつか〉とからなる肩甲上腕関節を指します。[zamst.jp] 全脱臼の約85%が上肢にみられ、また約半数は肩関節脱臼である。肩関節関節可動域が広く、しかも上腕骨骨頭の大きさに比べ、関節が非常に小さくて浅いために脱臼しやすく、習慣性脱臼もおこしやすい。 なお、近年は交通事故による股関節脱臼が増えている。[kotobank.jp] 医学博士、日本リハビリテーション医学会専門医、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、JOC強化スタッフ、日本体育協会公認スポーツドクター 肩関節脱臼 関節の安定性が低い肩関節では、後方の強い外力によって発生する肩関節脱臼が、ラグビー、アメリカンフットボール、柔道などのコンタクトスポーツで多くみられる 疾患の概要 疾患の概念 肩関節[zamst.jp]

  • 内側性硬化症

    総大腿動脈は、さらに大腿動脈と深大腿動脈に分岐します。大腿動脈は大腿部を下行し膝関節上で膝動脈に至ります。膝窩動脈は膝下部において下腿の3本の動脈(前脛骨動脈、後脛骨動脈、腓骨動脈)に枝分かれし、足関節部位から足部に血液を送ります。[ameria.org]

  • 肘頭滑液包炎

    まず関節のまわりには関節唇(かんせつしん)とよぶクッションがついており、これは浅い関節の凹面を少しでも深く、大きくし骨頭をできるだけ包み込み、ひきつけるような吸着剤の役目をしています。また外力からの衝撃を和らげる働きも行っています。[nagano-seikeigeka.jp] その一方で、肩関節は人体の中でもっとも大きな動きが要求されるために、 関節 (受け皿)は大きな 上腕骨頭 (ボール)に比べて非常に浅く小さくなっています。 上腕骨頭 (ボール)に対する 関節 (受け皿)の面積比は1/3から1/4の大きさにすぎません。[nagano-seikeigeka.jp] これは浅い関節(受け皿)で大きな上腕骨頭(ボール)が過度に上方に移動するのをおさえるためにできた第2肩関節とも呼ばれているものです。そして、滑液包は、腕を持ち上げてバンザイの状態にする際に、腱板が肩峰(肩甲骨の最外側)や靱帯からなる「アーチ」の下をなめらかにもぐり込めるようにする潤滑液的なクッションのような働きをしています。[nagano-seikeigeka.jp]

  • 肩の脱臼

    は一般的に、上腕骨の近位部(顔に近い方)にある丸い上腕骨頭と、受け皿である肩甲骨の浅い関節〈かんせつか〉とからなる肩甲上腕関節を指します。[zamst.jp] 股関節(図1b)とよく似た形をしていますが、股関節より受け皿(関節[かんせつか])が小さく浅く作られています。このため股関節よりも大きく動くことができますが、その反面、肩関節は不安定で 全身の関節の中で最も脱臼しやすい関節 です。[meitetsu-hospital.jp] 医学博士、日本リハビリテーション医学会専門医、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、JOC強化スタッフ、日本体育協会公認スポーツドクター 肩関節脱臼 関節の安定性が低い肩関節では、後方の強い外力によって発生する肩関節脱臼が、ラグビー、アメリカンフットボール、柔道などのコンタクトスポーツで多くみられる 疾患の概要 疾患の概念 肩関節[zamst.jp]

  • 肩腱板損傷

    関節はボール状の上腕骨頭と浅い受け皿状の関節から構成されています。 腱板は浅い不安定な関節を安定化させる役割を持っています。また、腱板は腕を挙げたり、捻ったりする運動を時に重要な働きをします。 腱板と骨の間には滑液包があります。滑液包は腕を動かす時に腱板がスムースに移動できるように助ける役割をはたします。[city.kawasaki.jp]

  • 顎関節脱臼

    こうした形態的・機能的変化によって、下顎頭の可動性増加、位置の不安定化などが生じ、習慣性の顎関節脱臼がみられることがあります。 原因 顎関節脱臼では、浅い下顎、平坦な下顎頭、関節のくぼみ前方部の傾斜などの形態的な異常が原因で生じます。[medicalnote.jp] ひとこと回答 顎関節脱臼の場合は、ほとんどが前方脱臼です。高齢者は下顎頭の吸収や関節化などで変形をきたしているため、脱臼が発症しやすくなると言われています。[kango-oshigoto.jp] なお,臼歯部の欠損が放置されている患者さんや無歯顎の患者さん.高齢者では下顎頭の吸収や関節化などの変形をきたし,脱臼が発症しやすくなるといわれます.また,脳血管疾患を有する患者さんやパーキンソン症候群の患者さんでは咀嚼筋の協調運動がスムーズにおこなわれずに,脱臼を起こしやすくなることが知られています.[tosu-motomachishika.com]

  • 変形性肩関節症

    肩甲骨の関節は非常に浅く、肩関節は骨の構造だけでは非常に不安定なため、周囲の軟部組織(筋肉や関節包靭帯)でその安定性を保っています。 これから代表的な肩関節の病気と当院での治療について説明いたします。[orthop-kagoshima-u.com] 股関節も球関節で臼蓋という深い屋根で大腿骨頭をしっかり覆っていますが、それに比べて受け皿である関節は非常に浅いため脱臼も多いのです。 Q. 中高年の方に多い「五十肩」というのはどのような疾患なのでしょうか? A.[kansetsu-itai.com] 肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で支えられ、肩を大きく動かすために肩甲骨関節が小さく上腕骨頭のはまりが浅い(図)。骨だけでは構造的に不安定なところを関節包や発達した腱板が強度を高めている。そのため、肩の酷使によって炎症や損傷が起こりやすく、痛み、可動域の制限が起こると考えられる。[ortho.med.tohoku.ac.jp]

  • 橈骨頭骨折

    これらが関節として浅い鈎状突起を補い、関節の適合性を高めます。 関節機能が脆弱なだけでなく、鈎状突起を構成する骨部もまた脆弱です。鈎状突起の尺骨長軸方向における骨幅は肘頭に比べ1/2程度に過ぎませんから外からの力に対して十分な強度を持っているとは言い難いのです。[tokyobody.jp] それは上腕骨小頭の螺旋形状に対応するために鈎状突起の方が関節浅くなるからで、その関係もあり肘関節は後方脱臼が多いのである。この脆弱さを補うために2つの 筋性カフ が作用し肘関節を安定させようとします。 筋性カフには、上腕筋性カフ(上腕三頭筋、上腕二頭筋、上腕筋)と前腕筋性カフ(腕橈骨筋及び外側・内側上顆から起こる筋群)があります。[tokyobody.jp]

  • 急性上腸間膜動脈不全

    関節屈曲時の膝部違和感を自覚した。下肢血管造影CTにて左大腿動脈末梢部から膝窩動脈に及ぶ巨大膝窩動脈瘤を認めた。手術は全身麻酔下に内側アプローチと後方アプローチを併用して瘤切除 人工血管置換術を施行した。まず膝上部と膝下部内側アプローチで膝窩動脈瘤の中枢側の浅大腿動脈末梢部と末梢側の膝窩動脈をテーピングした。[ringe.jp]

さらなる症状