Create issue ticket

考えれる281県の原因 流行性耳下腺炎

  • 酒害

    【 酒害者家族のためのチェックリスト 】 (改訂 13/03/03) [ はじめに ] 以下のチェックリストは、ホスピタルで使用している酒害者家族(相談)のための、初診時チェックリストの概要です。 Printer-friendly Version 酒害者家族のためのチェックリスト[…][www2.gunmanet.ne.jp]

  • インフルエンザ

    フロントランナーvol.28 世界最大の鳥・ダチョウがつくり出した インフルエンザ・花粉症を撃退する“夢の抗体” 京都府立大学生命環境学部 教授 塚本 康浩 1968年大阪府生まれ。獣医師、獣医学博士。大阪府立大学農学部・大学院修了後、98年に同大学助手に就任。99年よりダチョウの研究を本格化させ、2005年、助教授に、2008年、京都府立大学に移り現職。ダチョウの卵を使った抗体およびそれを活用した商品の開発で注目を集める。ダチョウ抗体入りマスクは累計7000万枚の大ヒット商品になった。著書に『ダチョウの卵で、人類を救います』『ダチョウ力』がある。[…][s-park.wao.ne.jp]

  • 慢性腎不全

    慢性腎不全 1、疫学 腎臓には体の水分を調節したり老廃物を尿として排泄する機能があります。 ところが腎臓の病気などで血液を濾過する機能がおちると、老廃物を十分排泄できなくなります。 この結果、体内に不必要なものや体にとって有害なものがたまってきてしまいます。 これを腎機能障害、障害が強く機能が著しく低下した状態を腎不全といいます。 2、腎不全の原因 例えば、脱水などでも急性腎不全は引き起こされます。 それから腎臓に 害のある薬剤や化学物質の暴露によるもの 、あるいは腎臓の炎症である腎炎、 細菌によって引き起こされる腎盂腎炎なども繰り返せば腎不全に陥ります。[…][med.nihon-u.ac.jp]

  • ウイルス性発疹

    各65名、ヘルパンギーナ 64名、マイコプラズマ感染症 51名、咽頭結膜熱 26名、滲出扁桃・インフルエンザB扱い 各22名、結膜流行耳下腺 各13名、突発性発疹症 11名、伝染膿痂疹・膿痂疹・扁桃 各6名、インフルエンザA扱い 5名、水痘 4名、乳糖不耐症・下痢・ヘルペス歯肉流行耳下腺疑い・ヒトメタニューモウイルス・[usagi.ocfc.jp] 発熱・だるさ・肝機能の悪化 主要症状が消退する迄 おたふく風邪 (流行耳下腺) 耳下腺、舌下腺、顎下腺の腫脹及び圧痛・発熱 耳下腺の腫れが消失する迄 三日はしか (風疹) 種々の発疹・軽熱・リンパ腺腫大 発疹が消失する迄 水ぼうそう (水痘) 軽熱・被覆部の発疹 (斑点丘疹状 水痘 顆粒状痂皮) 全ての発疹が痂皮(かさぶた)になる迄[aimu-wel.or.jp] 流行耳下腺(おたふくかぜ) ムンプスウイルスの飛沫感染による耳下腺や顎下腺など唾液腺の感染症です。3才 6才くらいに好発します。潜伏期は2 3週間です。冬 春にかけてよくみられますが、夏でもあります。発熱と耳下腺の腫脹で始まることが多く、耳下腺の腫れは片則、又は両側にみられますが、発赤はありません。[rockmoon.net]

  • 精巣炎

    流行耳下腺 Mumps 更新日:2015年9月11日 流行耳下腺流行状況(東京都) 流行耳下腺とは、ムンプスウイルスによる感染症で、一般には「おたふく風邪」として知られています。3 6歳の小児に多い感染症ですが、他の年齢でも感染することがあります。 病原体はムンプスウイルス(mumps virus)です。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] 原病は、一般的に結核などの消耗疾患が多いので、栄養をつけ、過度な運動は避けます。飲酒も厳禁です。 流行耳下腺にともなう急性睾丸では、流行耳下腺にかかった子どもからなるべく遠ざけるようにします。流行耳下腺の予防には、おたふくかぜワクチンの使用が有効です。[kotobank.jp] おたかふくかぜとは おたふくかぜの正式名称は「流行耳下腺」です。耳の前下の唾液腺である耳下腺が腫れ、丸顔のおたふく面のようになるので、おたふくかぜと呼ばれています。おたふくかぜは、通常2週間から3週間程度の潜伏期間を経て発症し、しばしば発熱を引き起こします。多くが軽症で1週間から2週間で回復します。[pref.osaka.lg.jp]

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性下気道感染症

    小児科の主な疾患 おたふくかぜ おたふくかぜはムンプスウイルスによる感染症で、流行耳下腺、ムンプスと呼ばれることもあります。 主な症状は、両側または片方の唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)の腫れや痛み、発熱などです。接触感染や飛沫感染で広がり、3 6歳の小児に多い感染症ですが、成人が感染すると症状が重くなる傾向にあります。[obata-c.jp] 流行時には,手洗いやうがいを励行しましょう。 感染症の発生状況のページにもどる 流行耳下腺(おたふくかぜ) (1)定義 ムンプスウイルス感染により耳下腺が腫脹する感染症です。 (2)臨床的特徴 上気道を介して飛沫感染し潜伏期は2 3週間で、両側又は片側の耳下腺が腫脹し、ものを噛むときに顎に痛みを訴えることが多いです。[city.okazaki.lg.jp]

  • コクサッキー ウイルス感染症

    – – – – – – – – – – 感染結膜 – – – – – – – – – – 川崎病 – – – – – – – – – – 流行角結膜 – – – – – – – – – – 溶連菌感染症 – 1 – – – – 1 – – – 伝染膿痂疹 – – – – – – – 1 – – 流行耳下腺 – – – – –[musashino-med.or.jp] 熱 ・ 急性灰白髄炎(ポリオ) ・ ジフテリア ・ 重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る) ・ 鳥インフルエンザ(病原体がA型インフルエンザウイルスで、その血清亜型がH5N1であるものに限る) 【第二種】 ・ インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く) ・ 百日 咳 ( せき ) ・ 麻しん ・ 流行耳下腺[ishikawa.med.or.jp] 流行時には,手洗いやうがいを励行しましょう。 感染症の発生状況のページにもどる 流行耳下腺(おたふくかぜ) (1)定義 ムンプスウイルス感染により耳下腺が腫脹する感染症です。 (2)臨床的特徴 上気道を介して飛沫感染し潜伏期は2 3週間で、両側又は片側の耳下腺が腫脹し、ものを噛むときに顎に痛みを訴えることが多いです。[city.okazaki.lg.jp]

  • リンパ水腫

    難聴を起こす原因疾患としては、 流行耳下腺(じかせんえん) 、外傷、上気道感染、 ジフテリア 、ウイルス感染、 内耳炎 、先天性・若年性一側聾(いっそくろう)などが主なものです。[medical.itp.ne.jp] 難聴を起こす原因疾患としては、 流行耳下腺 、外傷、上気道感染、 ジフテリア 、ウイルス感染、 内耳炎 、先天性・若年性一側聾などが主なものです。[qlife.jp] 特殊なタイプとして、流行耳下腺(おたふくかぜ)に合併する、ムンプスウイルスによる内耳炎があります。 急性中耳炎に伴う内耳障害は、比較的治りやすい場合が多いですが、やはり早期発見・早期加療が大切です。 慢性中耳炎に伴う内耳障害は、中耳炎を何度も繰り返すうちに徐々に生じます。特殊なものとして、真珠腫性中耳炎に伴う内耳障害があります。[itaya.or.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    小児科の主な疾患 おたふくかぜ おたふくかぜはムンプスウイルスによる感染症で、流行耳下腺、ムンプスと呼ばれることもあります。 主な症状は、両側または片方の唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)の腫れや痛み、発熱などです。接触感染や飛沫感染で広がり、3 6歳の小児に多い感染症ですが、成人が感染すると症状が重くなる傾向にあります。[obata-c.jp] 麻疹 流行耳下腺(おたふくかぜ) 風疹 水痘(みずぼうそう) 咽頭結膜熱 結核 4 第三種の伝染病 腸管出血大腸菌感染症 流行性角結膜炎 急性出血性結膜炎 その他の伝染病 条件によっては出席停止の必要あり … 溶連菌感染症 ウイルス性肝炎 手足口病 伝染性紅斑 ヘルパンギーナ マイコプラズマ感染症 流行性嘔吐下痢症 通常出席停止は必要[nagaoka-med.or.jp] おたふくかぜ(流行耳下腺) おたふくかぜとは おたふくかぜ(ムンプス)ウイルスによる飛沫感染で、唾液腺(舌下腺・耳下腺・顎下腺)に感染し発症します。幼児から学童に好発しますが、大人もかかります。潜伏期間は約2 3週間です。 症状 主な症状は、耳下腺の炎症による腫れです。耳下腺(耳の下)の片側、または両側が腫れて痛みがでてきます。[kin-ikyo-chuo.jp]

さらなる症状