Create issue ticket

考えれる8県の原因 活発な全汎棘波、多棘波

つまり: 活発な全汎棘波、多,

  • てんかん

    てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」をくりかえし起こす病気ですが、その原因や症状は人により様々で、乳幼児から高齢者までどの年齢層でも発病する可能性があり、患者数も1000人に5人 8人(日本全体で60万[…][mhlw.go.jp]

  • 全身性慢性または強直間代発作

    辻 正保 愛知・協立総合病院てんかんセンター (精神科部長) てんかんの患者は、人口の0・5% 1%いるといわ れ、全国で約100万人の患者がいて、決して珍しくない病気です。「治らない病気」「発作がいつ起こるかわからない」など、てんかんに対する偏見も依然強 くありますが、てんかんの約70%は、薬で完全にコントロールできます。また、発作だけでなく精神症状もともなうことがあり、精神面も含めた包括的な治療 が必要となります。 発病は小児に多いのですが(図1)、老年期にも多くみられます。 特発性と症候性の2種[…][min-iren.gr.jp]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    Abstract[…][jstage.jst.go.jp]

  • 特発性全般てんかん

    JAPIC試験ID JapicCTI-153103 最終情報更新日: 2016年9月29日 登録日:2015年12月22日 基本情報 進捗状況 参加者募集中 対象疾患 てんかんおよびてんかん症候群 予定試験期間 目標症例数 200 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ JAPICで詳細を確認する 試験の内容 試験の目的 治療 主要アウトカム評価項目 副次アウトカム評価項目 対象疾患 年齢(下限) 4 年齢(上限) 性別 男女両方 対象基準 ・ILAE(国際抗てんかん連盟)の「てんかん発作の臨床・脳波分類(1981)」で分類される強直間代発作を有する特発性全般てんかん患者であること。[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 若年性欠神てんかん

    【インタビュー】 公開日 2016 年 06 月 20 日 更新日 2017 年 12 月 20 日 てんかん 聖隷浜松病院てんかんセンター/小児神経科主任医長 岡西 徹 先生 赤ちゃんから高校生までの子ども時代にみられる「小児 てんかん 」。様々な病名や発作の現れ方、治療法があり、小児てんかんのお子さんを持つご家族も膨大な情報に戸惑ってしまうことがあるでしょう。 本記事では、聖隷浜松病院小児神経科主任医長で聖隷浜松病院てんかんセンターでの診察を担当されている岡西徹先生に、小児てんかんの基礎知識や4つの治療法についてご解説いただきました。 「てんかん」と「てんかん発作」-てんかんの基礎用語[…][medicalnote.jp]

  • ミオクロニーけいれん

    目次 概要 症状 原因 検査内容と主な診療科目 治療方法と治療期間 治療の展望と予後 発症しやすい年代と性差 概要 てんかんとは? てんかんは神経細胞の電気信号が過剰に出ることで発作が起きる病気です。 身体のあらゆる行動はこの電気信号によってコントロールされていますが、過剰に信号が出ると正しく伝わらず、「意識がなくなる」「けいれん」などが起きたりします。 発症するのは3歳未満の子どもが多い傾向です。 子どもなら小児科、高校生以上は精神科や脳神経内科(神経内科)、脳神経外科で診てもらうことが望ましいです。 検査は脳、心理的なことについての検査をおこないます。[…][fdoc.jp]

  • レノックス・ガストー症候群

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) レノックス・ガストー症候群(指定難病144) れのっくすがすとーしょうこうぐん (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.「レノックス・ガストー症候群」とは、どのような病気ですか レノックス・ガストー症候群は、フランスのてんかん学の大家、LennoxとGastautにより、特徴がまとめられたてんかんの1種です。幼児期から小児期に発症し、特徴的なてんかん発作が何種類も出現し、脳波検査も独特の異常な波が出現します。発作は難治に経過することが多く、知的障害も、ほぼ全例に出現する疾患です。 2.この病気の患者さんはどのくらいいるのですか[…][nanbyou.or.jp]

  • 低酸素性虚血性脳症

    分娩まで胎児機能不全が長時間持続したことによって、児が低酸素性虚血性脳症を発症 産科医療補償制度の対象となった重度脳性麻痺児について、出産時の医療機関の過失が認められ、裁判において1億4500万円の和解が成立した事案 本件は産科医療補償制度の対象とはなっていましたが、両親から補償を超える部分の損害を請求できないか相談を受けたケースです。 産科医療補償制度は分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児に対する補償と脳性麻痺の原因・再発防止を併せ持つ制度として創設されたものです。[…][iryou.lawyer-koga.jp]

さらなる症状