Create issue ticket

考えれる374県の原因 洞頻脈

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • パニック発作

    パニック発作は、最初は何の誘引もなく突然起こる事が多い。発作は通常20 30分で終わるが、当初は月に数回起こる場合が多い。症状は心悸亢進、呼吸困難、過換気症候群、めまい感、死の恐怖などを伴う強い不快感情で、激烈な場合は救急搬送される場合もある。初発時には精神症状と認識されず循環器内科などの身体科を受診する場合も多い。症状も、著者の体験した「酸欠感と高速運転が不能となる」( 外来症例6末尾)や、 外来症例6 の様に「吐き気」など軽症で非定型な症状から重度のパニック発作まで多様である。 睡眠パニックは予期しないパニック発作に分類され、1次性のパニック障害と考えられている。[…][seiwakaihamada.or.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    某人気グループのメンバーが書類送検されたことが大きなニュースになってます。国政やら南北朝鮮やら重要な問題がたくさんあるときに、それほど大騒ぎすることでもあるまい、という気がしつつも、つい見てしまう自分が恥ずかしい。 飲酒で酩酊状態になったことが原因のようだが、う ん、それってアルコール依存症とちゃうんか。[…][sumufumulab.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    家庭医学館 の解説 かくせいざいきゅうせいちゅうどく【覚醒剤急性中毒 Acute Methamphetamine Poisoning】 [どんな病気か] 精神興奮薬(せいしんこうふんやく)のうち、日本で覚醒剤といっているのは、 メタンフェタミン (ヒロポン、俗称「シャブ」)で、日本では市販されていないのですが、エフェドリンなどを原料に密造されたものが暴力団などを介して出回っています。 [症状] メタンフェタミンなどの精神興奮薬を大量に摂取すると、急性中毒がおこります。[…][kotobank.jp]

  • 心筋梗塞

    しかし、心不全がなくが現れている場合では、少量の短時間作用型のβ遮断薬の内服が開始されます。[japa.org] では速やかに電気的除細動を行う.急性心筋梗塞発症後72時間以内に発生する心室頻拍は,長期予後には影響しないとされている.しかしながら,これ以降に生じた心室頻拍は遠隔期の突然死など予後にかかわる可能性があるため,電気生理学的検査で重症度を判定して植え込み型除細動器の適応を決定する.③上室性不整脈:急性心筋梗塞急性期の交感神経系の活性化に伴う[kotobank.jp]

  • 肺気腫

    -コアフコース糖鎖の減少による肺胞破壊をマウスを用いて確認- ポイント 喫煙がコアフコース糖鎖を作り出す酵素「Fut8」の合成・活性を低下 コアフコース糖鎖の減少がタンパク質分解酵素の過剰活性化による肺胞破壊を引き起こす COPDの予防、早期診断、治療薬の開発の知見として期待 要旨 独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、喫煙により コアフコース糖鎖 ※1[…][riken.jp]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺性心

    性不整脈、性徐 性不整脈:洞結節からの刺激の発生が、呼吸等の影響で不規則になるために、心拍も不規則になること。 性徐結節からの刺激が少なくなり、心拍数が通常より少なくなること。 結節からの刺激が多くなり、心拍数が通常より多くなること。 いずれも基礎疾患や自覚症状がなければ心配はいりません。[dock-tokyo.jp] 機能不全のときのほか、健康な人でもスポーツをよく行っている人に見られます。 正常な心電図波形ですが、心臓の電気発生が1分間に101回以上のものをいいます。発熱、心不全、甲状腺機能亢進症などの病的状態のときのほかに、健康な人でも緊張状態で見られます。[dock-tokyo.jp]

  • 不安障害

    ふあんしょうがい(ふあんしょう) 概要 そもそも「不安」は異常な現象ではなく、自分に警戒を促すために人に備わっている能力の1つです。この信号によって私たちは、危機に備えたり、危険を回避したりしやすくなります。しかし、その信号が過剰になったり、危険でないものにまで出されるようになったり、あるいは信号が適切であっても、それに続く行動が不適切なものになったりすると、それは人が生活していく上での「障害」となってきます。そのような不安の信号の出方や受け取り方に不具合をきたしている疾患の代表的なものが「不安障害」と言えるでしょう。 分類と症状[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)は、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が不十分となる疾患である。代謝内分泌疾患の一つ。先天性のものや幼少時発症のものは、発達上の障害が大きな問題となるため特にクレチン症という。 甲状腺ホルモンは全身のエネルギー利用を促すホルモンである。エネルギー需要に応じて甲状腺から分泌されるが、本症ではこれが不足するので全身でエネルギーを利用できず、神経系、心臓、代謝など各器官の働きが低下する。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状