Create issue ticket

考えれる34県の原因 洞不整脈, 軽度の低酸素血症

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺塞栓症

    シンポジウム(肺塞栓症と医療訴訟) 心電図が決め手であったのに:「心筋梗塞」と誤診されてしまった2剖検例 ジャーナル フリー 2011 年 43 巻 7 号 p. 1045-1047[doi.org]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 心筋梗塞

    不整脈:心筋梗塞になると心筋が傷害されるため、心室頻拍、心室細動といった、脈が非常に早くなる不整脈が出現することがあります。 また一部の心筋梗塞では、心臓の収縮・拡張のリズムを作り出す刺激伝導系という場所が傷つき、不全症候群、房室ブロックといった脈が遅くなるタイプの不整脈が出ることもあります。[ncvc.go.jp]

    不足: 軽度の低酸素血症
  • 肺気腫

    肺気腫(はいきしゅ、Pulmonary emphysema)とは閉塞性肺疾患の一種で肺胞壁の破壊的変化を伴う疾患である。気道や終末細気管支から末梢にかけての含気区域が異常に拡大する病態を示し、中年以降の男性に多く発症し、過度の喫煙との関係が深いとする説がある 。日本の成人男性の喫煙率は低下しているが、肺気腫は近年増加傾向にある。これは、喫煙することが男性の常識となっていた世代が発症しやすい年齢を迎えていることがその一因である。なお、進行は緩慢ではあるが、放置するとさらに肺性心に移行する。まれに肺気腫がさらに拡張しブラと呼ばれる状態になり、さらに重篤な呼吸器機能障害に陥る事もある。 加齢 -[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 洞不整脈
  • 慢性閉塞性肺疾患

    ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第5回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録 健康局総務課生活習慣病対策室 日時 平成22年11月4日 14:30 16:30 場所 厚生労働省専用18会議室(厚生労働省17階) 議事 高城生活習慣病対策室長補佐 それでは、若干定刻まで時間がございますけれども、本日御参集の委員の皆様はすべてそろわれておりますので、ただいまから第5回の「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を開催させていただきます。[…][mhlw.go.jp]

    不足: 洞不整脈
  • 肺炎

    著者の結論: 肺炎予防に対するビタミンCの予防投与について、肺炎への 罹患率 が高い集団、特に食事性ビタミンC摂取量が低い場合についてさらに調査が必要である。同様に、ビタミンCの 治療効果 については、特に血漿中ビタミンC量が低い患者を対象として 試験 を実施する必要がある。現在得られているエビデンスは、一般集団での肺炎予防を目的としたビタミンCの予防投与的使用を支持するには弱いものである。しかしながら、 治療 目的のビタミンC補充療法は、 費用 が安くまたリスクが低いことから、血漿中ビタミンC量が低い肺炎患者では妥当である。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

    不足: 洞不整脈
  • 心因性過換気
    不足: 軽度の低酸素血症
  • 急性アンフェタミン中毒
    不足: 軽度の低酸素血症
  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 軽度の低酸素血症

さらなる症状