Create issue ticket

考えれる220県の原因 泡沫細胞

  • 頸動脈狭窄症

    AHA分類typeⅠは適応反応適応反応による内膜肥厚に引き続き、少数の泡沫細胞(変性LDLコレステロールを含むマクロファージでありfoamy cellという)が散在性に認められる時期である。typeⅡになると泡沫細胞が集簇する。typeⅠもtypeⅡも早期病変と定義され、一般に症状を示すことはない。[ja.wikipedia.org]

  • 動脈硬化症

    悪玉のLDLコレステロールは内皮細胞から内膜に入り込み、酸化された変性LDLコレステロールになります。それを白血球の一種のマクロファージが取り込んで泡沫細胞になり、そして、泡沫細胞や破裂した泡沫細胞が集まって脂質プラークをつくります。その結果、血管は狭くなり血流不足になるのです。[healthcare.omron.co.jp] そして、血管内膜に入り込んだ血管平滑筋細胞は、同じく内膜に入り込んだ白血球の一種・マクロファージと共に、LDLコレステロールなどのリポタンパク質を取り込むことで、内部にコレステロールエステルを抱える泡沫細胞に変化し、病巣を形成していることも本作品を通じて示されている。 本作品は現在、科学映像館Webサイト内に於いて無料公開されている。[ja.wikipedia.org] 過剰に酸化LDLが存在すると、それを取り込んだマクロファージ細胞内には酸化LDLの分解産物による油滴ができ、泡沫化してしまう。これを「泡沫細胞」といい、この泡沫細胞が蓄積することで血管内膜はどんどん厚くなり、動脈硬化が進行してしまうというメカニズムだ(画像1)。[news.mynavi.jp]

  • コレステロール エステル蓄積症

    組織学的には動脈硬化発生の初期には細胞内に大量のコレステロールを蓄積し泡沫化した細胞が、血管壁内に集まっているのが特徴とされます。この泡沫細胞は酸化され変性をうけた悪玉コレステロールを細胞内に取り込んで泡沫化しています。コレステロールを酸化変性させる機構も動脈硬化の成因として重要な役割を演じているのです。[ja-iwate.or.jp] 取り込まれたLDL-Cは泡沫状に変化します(泡沫細胞)。 泡沫化した細胞の病変部には中膜側から平滑筋細胞が遊走して集まり複合した病変をつくります。 このようにつくられる病変は、初期には血管内皮に淡黄の脂肪線条としてみとめられ、やがてアテローム斑,さらに大きくなると粥状腫(アテローム)と呼ばれるチーズ様のかたまりをつくります。[hokuriku-hosp.jp] やリンパ球浸潤,少数の平滑筋細胞を伴う線維性被膜の菲薄化が生じる.これに対し,トリグリセライド(TG)の組織含有量が有意に高い進行性糖尿病例の冠動脈では,びまん性求心性肥厚を呈し,内膜および中膜には脂肪滴を有する泡沫化平滑筋細胞を伴い,質量顕微鏡にてTGは平滑筋細胞の分布に一致していた.[saishin-igaku.co.jp]

  • ニーマン・ピック病C型

    5.診断 骨髄の泡沫細胞の確認。培養線維芽細胞または骨髄の泡沫細胞のフィリピン染色(写真)による遊離型コレステロールの蓄積の確認とNPC1遺伝子変異の同定で行う。 培養線維芽細胞のリソソーム酵素活性では酸性スフィンゴミエリナーゼ活性、グルコセレブロシダーゼ活性が軽度に低下することが多い。[japan-lsd-mhlw.jp] 骨髄中に泡沫細胞(ニーマンピック細胞)を認めるのが特徴で診断に有用です。これらの検査でニーマンピック病が疑われた場合には培養皮膚線維芽細胞を用いた酸性スフィンゴミエリナーゼの酵素診断が確定診断となります。酵素診断に続き遺伝子解析も現在可能です。[japan-lsd-mhlw.jp] そのほか病理組織学的には、脾臓では脾洞とよばれる部位において泡沫細胞(ニーマン・ピック細胞)の浸潤を認め、肝臓でも空胞をもった大型のクッパー細胞(肝臓に存在するマクロファージ)が現れる。肺重量も増加し、リンパ管、肺動脈、肺胞への泡沫細胞浸潤がみられる。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺腫

    甲状腺癌 と紛らわしいのは、濾胞上皮は多様、細胞の大小不同や、好酸性細胞が認められます。 背景にはコロイド、泡沫細胞、間質細胞がよくあります。 腺腫様甲状腺腫 の治療 腺腫様甲状腺腫 の治療は、 原則、経過観察。甲状腺組織の破壊と増殖おこす原因の除去(例えば、 ヨード 過剰摂取制限など)。[nagasaki-clinic.com]

  • 血栓症

    こうなると、体の防御反応として組織内で不要な異物を取り込む掃除屋・マクロファージ(貪食細胞)が登場し、変性したLDLを際限なく食べ尽くしていくわけですが、すると今度はマクロファージが細胞内に泡のブツブツが見える「泡沫細胞」に変化してしまい、やがて血管壁に居座って、よそから平滑筋細胞などを呼び込んで厚くて硬い結合組織を形成することになります。[nipro.co.jp]

  • GM2 ガングリオシド蓄積症変形 AB

    骨髄に泡沫細胞(ニーマン-ピック細胞)が認められる。 GM1ガングリオシドーシス β-ガラクトシダーゼの欠損によりガングリオシド、糖タンパクの蓄積が主として中枢神経系におこり、進行性の神経症状を呈する。幼児型、若年型、成人型に分類される。特に成人型では神経症状のジストニアが中心となる。[www010.upp.so-net.ne.jp] ニーマン-ピック病A型およびB型も参照) 発症: 非常に多様(乳児期早期または後期,青年期,成人期) 尿中代謝物: なし 臨床的特徴: 垂直注視麻痺,肝脾腫,新生児黄疸,嚥下困難,筋緊張低下とそれに続く痙性,痙攣発作,小脳性運動失調,構音障害,精神運動遅滞および変性,精神病および行動上の問題,胎児腹水,ニーマン-ピック病A型およびB型と同様の泡沫細胞[msdmanuals.com] 蓄積物あるいは中間代謝産物の増加を尿、細胞、組織中で確認する。末梢血リンパ球の空胞化、尿沈渣の異染性物質、骨髄中のゴーシェ細胞泡沫細胞(ニーマンピック細胞)、尿中オリゴ糖、ムコ多糖の分析などが診断の手がかりとなる。末梢血リンパ球や培養皮膚線維芽細胞を用いて酵素活性を測定し、酵素欠損を証明する。[nanbyou.or.jp]

  • 甲状腺好酸性細胞型濾胞癌

    左にも数個の結節を指摘されそのうちの一か所より穿刺吸引細胞診が施行された。 細胞診所見 背景にRBCと泡沫細胞を少数認め、細胞質が広く、顆粒状で、核小体の目立つ細胞が孤立性 疎な結合で認めた。 それらの核に核溝は認めるが明らかな核内封入体は認めず、好酸性細胞腫瘍を考える所見とし鑑別困難とした。[ns.jscc-tokai.jp] (以下の写真:隈病院 第9回神戸甲状腺診断セミナーより提供) 良性濾胞腺腫(好酸性細胞型) 良性濾胞腺腫(好酸性細胞型) 良性濾胞腺腫(淡明細胞型) (専門的過ぎます、医療関係以外の方は無視してください) 良性濾胞腺腫(淡明細胞型) は、被膜がはっきりしていて、細胞所見は淡明・泡沫状の細胞質です。腎癌の甲状腺転移と鑑別を要します。[nagasaki-clinic.com]

  • 大動脈硬化症

    悪玉のLDLコレステロールは内皮細胞から内膜に入り込み、酸化された変性LDLコレステロールになります。それを白血球の一種のマクロファージが取り込んで泡沫細胞になり、そして、泡沫細胞や破裂した泡沫細胞が集まって脂質プラークをつくります。その結果、血管は狭くなり血流不足になるのです。[healthcare.omron.co.jp] そして、血管内膜に入り込んだ血管平滑筋細胞は、同じく内膜に入り込んだ 白血球 の一種・ マクロファージ と共に、 LDLコレステロール などの リポタンパク質 を取り込むことで、内部にコレステロールエステルを抱える 泡沫細胞 に変化し、病巣を形成していることも本作品を通じて示されている [注 1] 。[ja.wikipedia.org] 脚注 [ 編集 ] 注釈 [ 編集 ] マクロファージ が血管内膜に入り込んでから泡沫細胞に変化するまでのプロセスに関しては、『 マイナビニュース 』2014年1月21日付掲載記事 [10] 、並びに『国立循環器病情報サービス』に掲載されている「[21]動脈硬化」ページ [11] が詳しい《尤も、例えばマクロファージが血中コレステロールを取[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体優性難聴 11

    病理学的には光学顕微鏡では糸球体の増殖性変化が主体であり、間質に泡沫細胞を認めるが、初期にはほとんど正常と変わらない。電子顕微鏡では糸状体基底膜の細裂、網目状変化が特徴である。 腎不全 への進行を阻止する特異的な治療法は無く、基本的は慢性腎不全と同様の保存治療を行い、最終的に末期腎不全となった場合は 透析 ・移植療法を行う。[ja.wikipedia.org] 病理 1)光顕所見: 初期は腎糸球体に軽度のメサンギウム細胞や基質の増加を認める.進行すると増殖性病変や硬化病変が出現する.尿細管間質には泡沫細胞の集簇を認める. 2)蛍光所見: 糸球体にIgA,IgM,C3の沈着を認めることがある. 3)電顕所見: GBMの不規則な肥厚と菲薄化を認める(図11-5-1).緻密層の多層化(lamellation[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状