Create issue ticket

考えれる1,067県の原因 水腎症

  • 尿路感染症

    結石性腎盂炎、いわゆる膿では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 複雑性腎盂炎:は腎盂内圧の上昇をきたし、細菌の腎盂粘膜から静脈への直接侵入や血流低下による抗生剤の移行性の低下をもたらすため、は重症化の指標となる。早急な泌尿器科的ドレナージ(尿管ステント、腎瘻)を要するため、入院の絶対適応。[nagoya-central-hospital.com] 乳幼児の発熱を伴う尿路感染 この場合は膀胱尿管逆流を伴う頻度が極めて高いといえます( 膀胱尿管逆流 の項を参照)。を伴うこともあります( の項を参照)。逆流症を放置していると尿路感染を繰り返しやすいだけでなく腎臓に障害をきたす可能性があるので、はじめての尿路感染であっても検査をすることをおすすめします。[twmu.ac.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    結石により尿の流れが障害された場合は(腎臓に尿が鬱滞してはれた状態)となります. 腎臓は空間が広いので腎結石では痛みや出血の症状は通常はありません。[hadano-jrc.jp] すると、腎臓(じんぞう)から流れてきた尿が膀胱の中へ入れなくなり、腎臓に尿がたまって(すいじんしょう)(「 」)になり、最悪の場合は腎不全(じんふぜん)(「 腎不全 」)や尿毒症(にょうどくしょう)(「 尿毒症 」)となって生命の危険にまでいたります。[kotobank.jp] [ 編集 ] 腫瘍性疾患 細胞癌 腎盂癌 血管筋脂肪腫 嚢胞 その他の疾患 腎盂炎 腎盂尿管移行部狭窄 尿管 [ 編集 ] 尿管腫瘍 尿管狭窄 膀胱尿管逆流症 膀胱 [ 編集 ] 膀胱炎 急性膀胱炎 慢性膀胱炎 非細菌性慢性膀胱炎 間質性膀胱炎 増殖性膀胱炎 膀胱癌 非浸潤性尿路上皮癌 浸潤性尿路上皮癌 尿膜管癌 良性膀胱腫瘍[ja.wikipedia.org]

  • 尿路疾患

    起こす.不完全閉塞では,腎盂内圧が尿の生成を停止するまで上昇せず,大きなが形成される.をきたした腎では,糸球体濾過率の低下,抗利尿ホルモンに対する反応性の低下などにより濃縮力低下や,酸排泄能障害がみられる.このようなが一側のみの場合には,対側腎の代償性肥大がみられ,総腎機能は正常であることが多い.急性の閉塞では,腎に不可逆的[kotobank.jp] これにより尿管を呈することが多く、狭窄が強い場合には機能低下をきたし、不全の状態に至るものもある。巨大膀胱で有りながら羊水量は正常で、もそれほど強くない場合があり、この場合プルーンベリー症候群の可能性が高い。[jaog.or.jp] 剖検では2 4%の患者でが認められる。[msdmanuals.com]

  • 腎盂腎炎

    主訴:腰痛.既往歴:高血圧,糖尿病.現病歴:平成16年4月23日に腰痛と右下肢痛を認め近医受診し歩行困難にて入院した. 4月30日より発熱を認め右尿管結石に伴うからの腎盂腎炎と診断されたが,5月1日には酸素飽和度と血圧の低下をくり返すようになり集中治療管理目的で当院に紹介された.入院時現症:意識清明,血圧102/42,心拍数94回/分[jstage.jst.go.jp] 腎臓は血液が豊富であるため菌血、敗血症をきたしやすい。敗血症のマーカーとしてプロカルシトニンを測定する場合がある。 CTなどの画像診断によってが著明である場合は、緊急処置として腎瘻造設(経皮的に腎盂を穿刺して排膿)を行う事がある。[ja.wikipedia.org] 腎盂炎を繰り返す場合には膀胱尿管逆流といった基礎疾患が隠れている可能性があり、超音波検査などの精査が必要となります。治療は軽症の場合は抗生剤内服で十分ですが、中等度以上では抗生剤の点滴治療が必要となります。 前へ 一覧 次へ[fujigaoka.info]

  • 尿管結石症

    を伴わない小さな結石(5 以下)は排石が期待できるため、痛み止めや排石を促進する薬を服用しながら経過観察することができます。を伴う場合や大きい結石の場合は、体外衝撃波による治療(ESWL)や内視鏡による手術(TULやPNL)が必要となります。 膀胱結石 前立腺肥大症や神経因性膀胱などの排尿障害がある方に多いです。[yamano-cl.jp] また、結石によって尿路が閉塞された状態が長期間続くと、尿が腎臓内の管に停滞することで内部の圧力が高まり、腎臓が拡張して(:拡張した腎臓 )、最終的には腎臓の組織が損傷します。[msdmanuals.com] 尿管結石が尿の通過障害の原因になれば、(腎盂)に尿がたまり()疼痛や機能障害の原因となるため治療が必要となります。 になると菌が繁殖しやすくなり、感染による腎盂炎やさらにから血中に菌が及ぶと敗血症をおこして重症化することがあり、結石に、発熱を伴う場合は早急な処置(ドレナージ)を要します。[med.nagasaki-u.ac.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    エコーでは膀胱拡張の有無や、腎臓の腫れ()の有無を確認することが可能です。レントゲンではカルシウム結石などを検査します。CT検査はもっとも有用で、の程度や腎臓の炎症所見に加え、レントゲンに映らない結石やその部位、さらに結石以外の原因がある場合でも正確に診断することができます。 治療 治療の基本は適切な抗生物質の投与です。[medicalnote.jp] 腎盂炎を繰り返す場合には膀胱尿管逆流といった基礎疾患が隠れている可能性があり、超音波検査などの精査が必要となります。治療は軽症の場合は抗生剤内服で十分ですが、中等度以上では抗生剤の点滴治療が必要となります。 前へ 一覧 次へ[fujigaoka.info] 原因としては、 結石 、 尿管結石 などの結石、尿管狭窄(きょうさく)などによるなどがあります。結石に伴う腎盂腎炎で結石のために感染した尿が排出されないと、 敗血症 や DIC(播種〈はしゅ〉性血管内凝固症候群) から死にいたることもあります。[medical.jiji.com]

  • 腎盂結石

    を伴わない小さな結石(5 以下)は排石が期待できるため、痛み止めや排石を促進する薬を服用しながら経過観察することができます。を伴う場合や大きい結石の場合は、体外衝撃波による治療(ESWL)や内視鏡による手術(TULやPNL)が必要となります。 膀胱結石 前立腺肥大症や神経因性膀胱などの排尿障害がある方に多いです。[yamano-cl.jp] また、結石によって尿路が閉塞された状態が長期間続くと、尿が腎臓内の管に停滞することで内部の圧力が高まり、腎臓が拡張して(:拡張した腎臓 )、最終的には腎臓の組織が損傷します。[msdmanuals.com] 図1 尿路の結石 尿管結石では尿の流れが妨げられ、腎臓に尿が溜まって を来たすことがあります 比較的大きい腎結石でも腎臓に留まっている限りは、通常は無症状です。結石がいったん腎臓から尿管に移動し、運悪く尿管の途中で引っ掛かると尿管結石となります。尿管結石の3大症状は「血尿」「痛み」「石の排出」。[newsdigest.de]

  • 神経因性膀胱

    また、膀胱の内圧が上がるため、膀胱から尿管へと尿が逆流しやすく、腎盂炎を繰り返したりを起こしたりと、腎機能障害もきたしやすくなります。このような状態は、脳血管障害、パーキンソン病、多発性硬化症、脊髄損傷などでみられます。 ・下位型(弛緩性神経因性膀胱) 主に排出機能の障害が起こり、膀胱は緩んだまま、ただの袋のような状態になります。[uro.med.u-tokai.ac.jp] これらは患者様にとって生活の質(quality of Life;QOL)を妨げる病気ですが、重症になると膀胱から出せなくなった尿が腎臓にたまってから腎不全、または尿毒症に至り生命を脅かす原因になることもあります。 治療の目的は腎機能の保持と患者様のQOLの維持です。[tkgh.jp] さらに尿道括約筋も収縮し、出口が閉まることにより排出機能も障害されますと排尿に時間がかかり残尿もみられるようになります.膀胱の内圧が上がるため、膀胱から尿管へと尿が逆流しやすく腎盂炎を繰り返したりを起こしたりと腎機能障害もきたしやすくなります.このような状態は、脳血管障害、パーキンソン病、多発性硬化症、脊髄損傷などでみられます.一方、[itsuki-hp.jp]

  • 子宮内膜症

    巨大な筋腫では、尿管の圧迫によるや深部静脈血栓症の原因となることもあります。 自覚症状が軽度なら経過観察も可能 子宮筋腫の診断は、内診(触診)・画像検査(超音波検査・MRI等)により、比較的容易に診断されます。子宮腺筋症との鑑別にはMRI検査が有用です。粘膜下子宮筋腫では子宮鏡検査(外来で可能です)も有用です。[tokushukai.or.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    による背中の痛み、不全、食欲低下、便秘 腸間膜 無症状 腹痛、背部痛、による背中の痛み、腎不全、食欲低下、便秘 脾臓 無症状 腹痛、背部痛 腸骨 無症状 足のむくみ、痛み、しびれ、歩行困難 鼠径、大腿 股のつけ根にしこり 足のむくみ、痛み、しびれ、歩行困難 膝窩 膝の裏にしこり 下腿のむくみ、痛み、しびれ、歩行困難 (節外性病変)[med.oita-u.ac.jp] くびにしこり 呼吸困難、痛み、窒息 鎖骨下 鎖骨の周りにしこり 腕のむくみ、痛み、しびれ 腋窩 わきの下のしこり 脇が閉まらない、腕のはれ、痛み、しびれ、 肘 ひじの周りにしこり 肘の運動制限、痛み 縦隔 無症状 呼吸困難、せき、顔面と腕の腫れ(上大静脈症候群) 肺門 無症状 呼吸困難、せき、肺炎、無気肺 傍大動脈 無症状 腹痛、背部痛、[med.oita-u.ac.jp]

さらなる症状