Create issue ticket

考えれる11県の原因 水眼

  • 緑内障

    緑内障は、圧が高くなり、視野が欠けてくる目の病気です。一般的には、目のなかの房(ぼうすい)が増大し 圧が上昇、視神経を圧迫することで発症します。このような緑内障にかかっているときに、使用してはいけない薬がいろいろとあります。その多くは、抗コリン作用を持ち、圧の上昇を来たすおそれのある薬です。[okusuri110.com] インプラントを内に挿入することにより房流出促進径路を形成することで圧コントロールを可能にする。シリコーン製のプレートとチューブから成り、チューブを介して房内から上強膜へ排出させて眼圧を下降させる。 隅角癒着解離術 広い範囲に虹彩前癒着がある閉塞隅角緑内障にたいして虹彩癒着を剥離することで圧を下げる手術。[ja.wikipedia.org] 前者は、房の出口が閉じ、房の流出が滞ることで圧が上昇します。そのため、同様の作用を持つ抗コリン薬の影響を強く受けやすいと考えられます。一口に緑内障といっても、そのタイプや治療状況により 禁忌薬の対処が違ってきます。ピバレフリンという点眼薬は、開放隅角緑内障に適応する一方で、閉塞隅角緑内障には禁忌です。[okusuri110.com]

  • 眼脳腎症候群
  • 円錐角膜

    デスメ膜が修復される前に、前房から房が進入する。患者は突然、疼痛と視野の曇りに襲われる。角膜は半透明な乳白色を呈し、これを「急性水腫」と呼ぶ。患者は狼狽するが、この症状の大部分は可逆性で、6-8週後には角膜は従前の透明性を回復する場合が多いが、白い混濁部位を残す場合もある。[ja.wikipedia.org] デスメ膜が修復される前に、前房から房が進入する。患者は突然、疼痛と視野の曇りに襲われる。角膜は半透明な乳白色を呈し、これを「急性水腫」と呼ぶ。患者は狼狽するが、この症状は一過性で、6-8週後には角膜は従前の透明性を回復する場合が多いが、白い混濁を残す場合もある。外科的方法をとるまでもなく、軟膏や眼帯によって回復は促進される。[ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    圧の上昇機転は隅角結節による房流出障害、テント上PASによる房流出障害、ステロイドの副作用などがある。隅角結節による圧の上昇はステロイドが有効である。 前部ぶどう膜炎前部ぶどう膜炎は虹彩あるいは毛様体などの前眼部に生じた炎症をいう。前房水中に炎症細胞浸潤が認められれば前部ぶどう膜炎と診断される。[ja.wikipedia.org]

  • 血管芽腫

    小脳症状(ふらついて歩きにくい,はきけ,めまい)や眼振(眼が細かく動く)で病気が明らかになることが多いでしょう 小脳から出て大きくなると第4脳室を詰めてしまうので脳の中に(髄液)がたまります 第4脳室とは髄液の出口で、これを閉塞性頭症といいます 頭痛,嘔吐,うっ血乳頭(の網膜が腫れる)などの頭蓋内圧亢進症状というのが頭症の症状です[plaza.umin.ac.jp]

  • 瞳孔緊張症

    平眼球運動は外転神経と共同して行われる。両が同時に右方あるいは左方を見る (側方注視) ための外転・動眼神経の協調は橋背側にある傍正中橋網様体 (parmedian pontine reticular formation, PPRF) という核がかかわっている。[ja.wikipedia.org]

  • リステリア症

    牛の乳腺炎、羊の炎など局所の感染が見られることもあります。 病原体となるリステリアは、自然の中の土やの中に見られます。土や肥料の中のリステリアで野菜が汚染されることがあります。リステリアは自然界に広く分布するため、動物とリステリアとの接触を回避することは難しいです。[city.yokohama.lg.jp]

  • チモロール

    インプラントを内に挿入することにより房流出促進径路を形成することで圧コントロールを可能にする。シリコーン製のプレートとチューブから成り、チューブを介して房内から上強膜へ排出させて眼圧を下降させる。 隅角癒着解離術 広い範囲に虹彩前癒着がある閉塞隅角緑内障にたいして虹彩癒着を剥離することで圧を下げる手術。[ja.wikipedia.org] 圧の値、視野障害の有無からも分けることができる。 急性閉塞隅角緑内障 房排出部である隅角が比較的短期間にふさがり、房の排出能が急激に低下することにより圧が急激に上昇することで発生する。突如激しい頭痛、目の痛み、腹痛、嘔吐などの症状が出る。対処が遅れると一晩でも失明の危険がある。[ja.wikipedia.org] 圧下降機序は房水産生抑制ならびにぶどう膜強膜流出路を介した房流出の促進である。圧下降効果は単剤ではβ遮断薬とほぼ同等だが、トラフの眼圧下降効果が弱い可能性が指摘されている。[ja.wikipedia.org]

  • 抗コリン薬

    の出口となる隅角の狭窄により圧が上がって緑内症の症状が悪化したり、膀胱の収縮力低下により前立腺肥大に伴う尿排出障害が悪化する恐れがあるためである。 しかし、緑内障の場合、眼圧が急激に上昇する恐れがある「閉塞隅角緑内障」以外は、注意して使用すれば差し支えないとされる。[yakuzaic.com]

  • 神経上皮腫

    頭症により外転神経(第VI脳神経)が引っ張られると振、外転神経麻痺、複視などの局所症状も現れる。滑車神経(第IV脳神経)の麻痺によって、患者は首を傾げるしぐさをするようになる。 腫瘍が増大すると小脳にも障害をきたし、歩行障害などの小脳失調が見られるようになる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状