Create issue ticket

考えれる284県の原因 水疱性発疹

  • 皮膚感染症

    ウイルス性疾患としては単純ヘルペスウイルス(herpes simplex virus:HSV)による皮膚感染症がアトピー性皮膚炎、ダリエ病などの疾患を背景に全身症状を伴って重症化し、広範に小水疱が波及する状態となることがあり、カポジ水痘様発疹症あるいは疱疹湿疹と呼ばれる。[kyudai-derm.org]

  • 有痛性青股腫

    ショック等末梢循環が不安定な患者に使用した場合、装着部位に血行障害が発生し壊疽などの皮膚障害が起こる可能があるため、装着部位の血流に注意すること。2)その他の有害事象 本品装着部位に発赤、水疱、かゆみ、発疹、かぶれなどの皮膚障害が現れた場合には直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。[mhlw.go.jp] ショック等、末梢循環が不安定な患者に使用した場合、装着部位に血行障害が発生し壊疽などの皮膚障害が起こる可能があるため、装着部位の血流に注意してください。2)その他の有害事象 本品装着部位に発赤、水疱、かゆみ、発疹、かぶれなどの皮膚障害が現れた場合には直ちに使用を中止し、適切な処置を行ってください。[mhlw.go.jp]

  • 血管炎

    英語/英訳: Vasculitis syndrome 総合監修者 髙久 史麿 - 自治医科大学学長 北村 惣一郎 - 国立循環器病研究センター名誉総長 猿田 享男 - 慶應義塾大学名誉教授 福井 次矢 - 聖路加国際病院院長 各編別監修者 膠原病と原因不明の全身疾患 三森経世 - 京都大学大学院医学研究科臨床免疫学・教授 執筆者 小林茂人 - 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院内科先任准教授 どんな病気か 治療方法 関連するQ&A 血管炎症候群とはどんな病気か 血管炎を原因とした多種多様の臨床症状ないし疾患群を総称して、血管炎症候群といいます。[…][health.goo.ne.jp]

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • 昏睡

    昏睡(こんすい、coma)とは意識障害の一つ。意識障害の中で最も重いものである。 昏睡とは、外部からどのような刺激が加えられても反応がない状態とされる。ただ、脊髄反射は認められる。また、痛み刺激に顔を少ししかめる患者も昏睡に含められる医学論文が多くある。その場合でも、「痛み刺激に対し全く反応しない(JCS300)」が、深昏睡とされる。 一般には意識障害の深度の分類である Japan Coma Scale(JCS)や Glasgow Coma[…][ja.wikipedia.org]

  • 褥瘡

    褥瘡(じょくそう、英: Bedsore, Pressure sore, Pressure ulcer、拉: Decubitus ulcer)は、臨床的には、患者が長期にわたり同じ体勢で寝たきり等になった場合、体と支持面(多くはベッド)との接触局所で血行が不全となって、周辺組織に壊死を起こすものをいう。一般には床ずれ(とこずれ)とも呼ばれる。「褥創」と書かれることもあるが、日本褥瘡学会は、「創」の字が局所的な創傷を表すのに対し「瘡」の字が全身的な病態を表すとして、後者の使用を推奨している。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多形性紅斑

    症状が強い場合には紅斑の辺縁に水疱を形成した りすることもあります。 鑑別疾患 :蕁麻疹、ウイルス発疹症、紫斑病など 治療 :病因の治療を行うのが原則です。つまり、薬剤であれば薬剤の中止。細菌 感染症であれば抗菌薬の内服。単純ヘルペスウイルスであれば抗ウイルス薬の内 服などです。[suizenji-hifuka.jp]

  • 疥癬

    (2015年2月12日 改訂) 疥癬はヒゼンダニ(疥癬虫、 Sarcoptes scabiei )が皮膚の最外層である角質層に寄生し、人から人へ感染する疾患である。非常に多数のダニの寄生が認められる角化型疥癬(痂皮型疥癬)と、少数寄生であるが激しい痒みを伴う普通の疥癬(通常疥癬)とがある (表1) 。近年わが国では病院、高齢者施設、養護施設などで集団発生の事例が増加しており、疥癬感染防止対策マニュアルの作成が行われているが、予防、治療法などに混乱があり、医療および介護関係者の間で問題となっている。 通常疥癬 (普通に見られる疥癬) 角化型疥癬 (痂皮型疥癬) ヒゼンダニの数 数十匹以上[…][nih.go.jp]

  • 化学熱傷

    スポーツ大会で配布されたTシャツを着用していた人達が、皮膚に異常をきたしました。何人かは重傷と診断されたようです。 原因は、インクに含まれていた薬剤でした。 有害な殺菌剤や消毒剤に触れることで皮膚に炎症を起こす ことがあります。 これを化学熱傷と呼びます。 身近な場所で起きている可能性もあります。身の周りの製品を今一度確かめてみましょう。 熱傷とは 熱傷(ねっしょう)とは、やけど(火傷)と同じことです。その原因によっていくつかのタイプに分かれます。 1.熱によるやけど 日常的に起きるのが、熱い物に触れた際に生じるやけど、この原因は熱です。[…][inc-reliance.jp]

  • とびひ

    とびひってなに? 医学用語では伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と呼ばれ、虫刺されの掻(か)き傷やすり傷などに細菌が感染し、増えることにより発症します。離れた部位にも火事が「飛び火」するように同じ病変が拡がっていくため、とびひと呼ばれます。子供では、水ぶくれができるとびひが多く見られますが、厚いかさぶたのできるとびひもあります。 緊急度は? 拡がってきた場合は早めに皮膚科又は小児科を受診しましょう。 かかりやすい月齢/年齢は? 6歳以下の子供に多く見られます。 かかりやすい季節は? 夏季に多く見られます。 水ぶくれが特徴のとびひ[…][guide.metro.tokyo.jp]

さらなる症状