Create issue ticket

考えれる7県の原因 気腫性胆嚢炎

  • 胆石症
  • 急性胆嚢炎

    胆嚢(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢、慢性胆嚢、無石胆嚢胆嚢と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。[ja.wikipedia.org] 重症急性胆嚢黄疸、重篤な局所合併症(胆汁腹膜胆嚢周囲膿瘍、肝膿瘍)、胆嚢捻転症、胆嚢、壊疽性胆嚢炎、化膿性胆嚢炎のうちいずれかを認めるものは重症急性胆嚢である。黄疸例や全身状態が不良な症例では一時的な胆嚢ドレナージを考慮する。[ja.wikipedia.org] 急性期に胆嚢摘出術を行わなかった症例でも胆嚢結石合併例では再発防止のため炎症消退後に胆嚢摘出術を行うことが望ましい。急性胆嚢と診断された後に急性増悪した場合は胆嚢捻転症、胆嚢、急性胆管炎の合併、壊疽性胆嚢炎、胆嚢穿孔などが考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • 胆石症
  • 慢性胆嚢炎

    胆嚢(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢、慢性胆嚢、無石胆嚢胆嚢と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。[ja.wikipedia.org] 重症急性胆嚢黄疸、重篤な局所合併症(胆汁腹膜胆嚢周囲膿瘍、肝膿瘍)、胆嚢捻転症、胆嚢、壊疽性胆嚢炎、化膿性胆嚢炎のうちいずれかを認めるものは重症急性胆嚢である。黄疸例や全身状態が不良な症例では一時的な胆嚢ドレナージを考慮する。[ja.wikipedia.org] 急性期に胆嚢摘出術を行わなかった症例でも胆嚢結石合併例では再発防止のため炎症消退後に胆嚢摘出術を行うことが望ましい。急性胆嚢と診断された後に急性増悪した場合は胆嚢捻転症、胆嚢、急性胆管炎の合併、壊疽性胆嚢炎、胆嚢穿孔などが考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • 胆嚢炎

    胆嚢(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢、慢性胆嚢、無石胆嚢胆嚢と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。[ja.wikipedia.org] 重症急性胆嚢黄疸、重篤な局所合併症(胆汁腹膜胆嚢周囲膿瘍、肝膿瘍)、胆嚢捻転症、胆嚢、壊疽性胆嚢炎、化膿性胆嚢炎のうちいずれかを認めるものは重症急性胆嚢である。黄疸例や全身状態が不良な症例では一時的な胆嚢ドレナージを考慮する。[ja.wikipedia.org] 急性期に胆嚢摘出術を行わなかった症例でも胆嚢結石合併例では再発防止のため炎症消退後に胆嚢摘出術を行うことが望ましい。急性胆嚢と診断された後に急性増悪した場合は胆嚢捻転症、胆嚢、急性胆管炎の合併、壊疽性胆嚢炎、胆嚢穿孔などが考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • 胆嚢蓄膿症
  • 急性気腫性胆嚢炎

さらなる症状