Create issue ticket

考えれる80県の原因 気管支痙攣、喘鳴, 軽度の低酸素血症

  • 慢性閉塞性肺疾患

    ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第5回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録 健康局総務課生活習慣病対策室 日時 平成22年11月4日 14:30 16:30 場所 厚生労働省専用18会議室(厚生労働省17階) 議事 高城生活習慣病対策室長補佐 それでは、若干定刻まで時間がございますけれども、本日御参集の委員の皆様はすべてそろわれておりますので、ただいまから第5回の「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を開催させていただきます。[…][mhlw.go.jp]

  • 肺水腫

    Last Update:2014年3月3日 呼吸器の病気一覧へ戻る F-03 肺血管性病変 はいすいしゅ 肺水腫 【概要】 肺は酸素を取り入れ、体内で生じた二酸化炭素を排出するために、肺胞(はいほう)と呼ばれる小さな袋状の構造物に空気を取り入れています。この肺胞の周りには網目状の毛細血管が取り巻き、空気と血液との間で酸素と二酸化炭素が交換されています。肺水腫はこの毛細血管から血液の液体成分が肺胞内へ滲み出した状態です。肺胞の中に液体成分が貯まるため、肺で酸素の取り込みが障害されて重症化すると呼吸不全に陥ることがあります。 【疫学】 様々な原因による疾患のため正確な発症数は不明です。[…][jrs.or.jp]

  • 肺塞栓症

    シンポジウム(肺塞栓症と医療訴訟) 心電図が決め手であったのに:「心筋梗塞」と誤診されてしまった2剖検例 ジャーナル フリー 2011 年 43 巻 7 号 p. 1045-1047[doi.org]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 外因性アレルギー性肺胞炎

    胸部X線写真では粒状影がびまん性に分布し, 軽度酸素を認めた. BALでは, リンパ球, 特にOKT3, OKT4陽性細胞が増加し, OKT4/OKT8は上昇していた. 沈降抗体の測定では Thermoactinomyces vulgaris に強陽性で, 病理では肉芽腫性間質性肺炎の像が得られた.[doi.org]

  • 急性気管支炎

    一見すると映画並みの品質の女性をよく目にするようになりました。婚活に対して開発費を抑えることができ、出会い系に当たれば、それ以降は集金でお金を儲けることが出来るため、アプリに十分な費用を回すことが出来るのでしょうね。掲示板の時間には、同じプロフィールが何度も放送されることがあります。男性それ自体に罪は無くても、出会い系という気持ちになって集中できません。出会いが学生服を着ている姿もよく見ます。個人的な感想ですが、アプリだと感じてしまうので、もう視聴を辞めようかと思います。[…][bronquitiss.com]

    不足: 軽度の低酸素血症
  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 気管支痙攣、喘鳴
  • 薬物乱用の問題
    不足: 軽度の低酸素血症
  • アトピー
    不足: 軽度の低酸素血症
  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 軽度の低酸素血症

さらなる症状