Create issue ticket

考えれる11県の原因 気管支の遺物

  • 無気肺

    無気肺(むきはい、英: atelectasis)は、気管支異物、腫瘍による閉塞、肺や主気管支などの呼吸器外科手術に伴う合併症として発症する呼吸器疾患。 気管支の内部に外科的処置による出血により進入した血液や、気管・気管支内にある線毛が機能しないことにより貯留した痰、誤嚥した異物、気道を閉塞する腫瘍などが原因となり、それよりも末梢の肺に空気が入っていないため、肺の一部が虚脱した状態にある。 放置しておくと肺炎なども引き起こすため、早期の治療が必要となってくる。痰による場合、強い咳嗽によって排痰などを促していくようにするが、排出できない場合には吸引を行い強制的に排出する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎 (さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性 炎症 ( 肺炎 )であり、そのほとんどは 肺胞性肺炎 である。 肺炎の死亡率はとくに高齢者で高く、75歳を過ぎると急激に増加する。加齢に伴う 唾液 分泌量の低下は口腔内の病原性細菌の増殖をまねき、病原細菌を含んだ口腔‐咽頭分泌物のくり返される誤嚥は肺の細菌処理能力をこえ、肺炎を引き起こす。よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。また、人工呼吸器や経管栄養チューブをつけている高齢の入院患者などでは 胃液 の誤嚥による肺炎も問題となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 気管支拡張症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動[ja.wikipedia.org]

  • 低酸素症

    低酸素症(ていさんそしょう、Hypoxia)とは、生体の組織に十分酸素が行きわたらず、組織の酸化による代謝が不十分である状態のこと。呼吸機能の障害がもたらす低酸素血症(hypoxemia)については、血液ガス分析の項目を参照のこと。 肺胞換気不全などによる呼吸の障害、一酸化炭素中毒などによる血液の酸素運搬量の減少、シアン化合物中毒などによる組織自体が代謝できない場合などによるさまざまな原因が挙げられる。 軽度の低酸素症ならば、血液中の赤血球が増加し、心拍出量と心拍数が増加し、すぐに回復するが、 脳に低酸素が生じた場合、呼吸機能が減退、神経の働きが鈍くなるなどの症状があらわれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 非吸収性肺炎

    抄録 過去10年間に4回の肺炎を反復した81歳, 男子の症例の, 臨床的特徴と剖検所見を報告した. 4回の肺炎において, 肺炎病巣中に連輪状陰影が認められたが, 剖検所見では病巣中に拡張した気管支, 細気管支, 肺胞ならびに嚢胞を認めた. 連輪状陰影の発現機序は, 硬化巣中にこれらの含気空間が存在することと, 炎症反応が弱く滲出液が乏しいためであると考えられた. 4回のうち3回の肺炎で陰影の吸収は遅く, 不完全であった. 非吸収性肺炎の機序を本剖検例から明らかにすることはできなかったが, 幾つかの機序について考察した. 更に本症例の場合, 肺炎を繰返し, 肺炎陰影が残存する毎に, 漸次肺活量の低下をきたした.[…][jstage.jst.go.jp]

  • 喀血

    喀血(かっけつ)とは、気管や呼吸器系統から出血し、口から血を出す事。 喀血とは、気道出血のことである。すなわち、肺または気管支からの出血である。喀血関連血管は下行大動脈の分枝であることが多いが、鎖骨下動脈や腋下動脈の分枝であることもしばしばである。気管支動脈などが形成する気管支動脈-肺動脈シャントに起因する出血であることが大半(95%程度)を占める。通常咳を伴い、血は真っ赤で泡を含むことが多い。呼吸困難を伴うこともある。 混同されがちの言葉に吐血、血痰がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺膿瘍
  • 咳嗽

    咳嗽(がいそう、cough)とは、医療分野における症状の一種であり、肺や気道から空気を強制的に排出させるための生体防御運動であり、通常繰り返して起こる気管・喉頭・呼吸筋の反射的な収縮運動である。一般的には咳(せき)という。 1回の咳嗽で2kcal( 8.4kJ)のエネルギーを消費するといわれ、咳嗽が続くとエネルギーを著しく消耗する。風邪などで咳嗽が続く場合は栄養状態に注意する必要がある。また、老人は咳の衝撃に耐えられず肋骨を骨折してしまうケースも少なくない。横になると楽になる。 日本呼吸器学会咳嗽ガイドラインの定義では、[…][ja.wikipedia.org]

  • 中葉症候群

    【 中葉症候群はどんな病気? 】 肺は、肺に入った気管が枝分かれするのにしたがって、その先の肺の実質組織も左の肺は上・下葉に、右の肺は上・中・下葉に分かれています。中葉症候群とは、右の中葉や左の舌状区という部分に起こる無気肺(肺の中の空気が著しく減少したり、灰の中に空気が入っていない領域が出来ること)や慢性の炎症を言います。気管支拡張症などによる中葉気管支の慢性的な炎症が主な原因とされています。 【 中葉症候群の症状 】[…][hospita.jp]

  • チアノーゼ

    チアノーゼ (ドイツ語: Zyanose、英語: cyanosis) とは、皮膚や粘膜が青紫色である状態をいう。一般に、血液中の酸素濃度が低下した際に、爪床や口唇周囲に表れやすい。医学的には毛細血管血液中の脱酸素化ヘモグロビン(デオキシヘモグロビン)が5g/dL以上で出現する状態を指す。貧血患者には発生しにくい(ヘモグロビンの絶対量が少ないために還元ヘモグロビンの量が5g/dL以上になり難いため)。 主な原因としては、 呼吸器または循環器の疾患。 静脈血の動脈血への流入。 異常なヘモグロビン。が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状