Create issue ticket

考えれる80県の原因 気管偏位

  • 無気肺

    また、無気肺によって生じる位置のや濃度の変化を来す無気肺周辺の変化を間接徴候とよび、①横隔膜挙上、②縦隔(気管や心臓など)の無気肺側への、③代償性肺過膨張、④肺門の異常、⑤肋間腔の狭小化などを認めることもある。 特に高度の肺葉性無気肺の場合、虚脱肺が縦隔や心陰影に重なり、直接徴候を読み取れないことがあるので、間接徴候に注目する。[clinicalsup.jp]

  • 血胸

    頚部の診察で、 呼吸補助筋の使用、頸静脈の怒張、触診上の患側への気管、皮下気腫。 胸部の診察で、 視診上の胸郭膨隆、聴診上の呼吸音減弱、打診上の鼓音、触診上の皮下気腫。 そしてショックバイタルであること。[katsura.com] ,打診上過気音,無呼吸 音が聴かれる.血胸があれば単なる気胸とは異なり,打診上濁音とたぶ ん低容量性の徴候がみられるであろう.[plaza.umin.ac.jp] ヒント ・上縦隔の拡大(8cm以上) ・第1,2肋骨骨折 ・大動脈弓の消失 ・左肺尖部apical cap ・大動脈と左肺動脈の間の空間の消失 ・気管支の圧排所見(主気管支の右方圧排・右気管支の右方圧排・左気管支の下方圧排) ・食道の右方圧排(経鼻胃管が右に偏位) ・右傍頚椎線(paraspinous interface)の ・左血胸[nakamoto-plan.co.jp]

  • 小細胞肺癌

    はじめに Ⅲ期非小細胞肺癌に対する標準的治療は,化学放射線療法である。これまでの臨床試験は化学療法と放射線療法の併用時期の検討から始まり,放射線治療と同時に併用する薬剤レジメンの検討が主になされてきた。しかしながら,約20年の間,どのレジメンでも治療成績に大差はなく,治療成績の向上は見られなかった。一方,胸部照射については,通常分割照射法を用いた1回線量2Gy,総線量60Gyが長く用いられてきた。そこで,肺がん局所に対する治療強度を高めるべく,胸部照射に高線量を用いる第Ⅲ相試験が施行された。残念ながら,74Gyの高線量照射は60Gyの標準照射線量に比して予後が劣っていたという結果であった[…][innervision.co.jp]

  • 気管支原性癌
  • 気管支腺癌
  • 再発小細胞肺癌

    UMIN試験ID UMIN000000828 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2007年9月20日 登録・組み入れ開始日:2007年9月1日 基本情報 試験簡略名 再発小細胞肺癌に対する塩酸ノギテカン療法(NGT療法)と、シスプラチン エトポシド イリノテカン療法(PEI療法)を比較する第III相試験 (JCOG0605) 試験進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 試験実施地域 日本 実施都道府県 北海道、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、愛媛県、福岡県、熊本県 対象疾患 再発小細胞肺癌[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 胸膜炎

    胸膜炎(きょうまくえん)とは、肺の外部を覆う胸膜(壁側胸膜 肋膜・肺胸膜)に炎症が起こる疾患である。かつては肋膜炎(ろくまくえん)とも呼ばれていた。胸膜炎はそれ自体で発症することは少なく、ほとんどは癌・結核・肺炎などの後に発症することが多い。 胸の痛み(胸水が溜まることによる) 呼吸困難(胸水が溜まることによる) 発熱 咳・痰 など 癌による胸膜炎(がん性胸膜炎) 肺癌をはじめとするほかの部位にできたがんの転移などによるもの 結核菌による胸膜炎 肺結核をはじめとして結核菌によるもの その他の疾患による胸膜炎 肺炎や肺の化膿など肺に細菌が感染したことに伴うもの 慢性関節リウマチなどに伴うもの[…][ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺濾胞癌

    Summary 甲状腺濾胞癌 は、 濾胞性腫瘍 でかつ、被膜浸潤・脈管侵襲・甲状腺外転移の一つでのみ診断され、超音波(エコー)検査/穿刺細胞診で診断難しく、手術後の病理標本による治療的診断が主。 良性濾胞腺腫 と比べ、内部が低エコー・不均質・Tumor in Tumor・境界が粗雑・内部血流が非常に多い・血清 サイログロブリン 値1000ng/mL以上・被膜外の衛星結節(娘結節)が存在。JTEC エラストグラフィー パターン1; 良性濾胞腺腫 ・ 微小浸潤型濾胞癌 、パターン2; 広範浸潤型濾胞癌 。 微小浸潤型濾胞癌 は遠隔転移が少なく予後良く、 広汎浸潤型濾胞癌[…][nagasaki-clinic.com]

  • 甲状腺乳頭癌
  • 胸水

    胸水(きょうすい、英: pleural effusion)は、医学における症状、病態で、胸膜腔内に異常に多量の液体が貯留した状態ないしはその液体をいう。 液体の内容によっていくつかの分類がある。外見からの分類として 漿液:狭義の胸水。水胸ということもある。 血液:血胸 乳糜:乳糜胸 膿:膿胸また胸水の性状によって2種類に分類される。 漏出液(漏出性胸水):比重1.015以下、タンパク量3g/dl以下、LDH200u/L以下、糖60mg/dl以下、白血球1000/mm3以下 滲出液(滲出性胸水):比重1.018以上、タンパク量3g/dl以上、LDH200u/L以上ライト(Light)の診断基準として、[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状